市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2010/02/27 7:43

 「今日の花」はオーニソガラム、初めて聞く名前ですね。花言葉は「潔白」「純粋」「無垢」「才能」 だそうです。

 なんとなくエーデルワイスに似ていますが、ユリ科だというからやはりちがいますかね。

By Morikawa on 2010/02/26 7:36

 いよいよバンクーバー・冬季オリンピック大会も閉幕へ、「女の戦い」を煽るマスコミのステレオタイプ化の典型例、今朝の新聞の「見出し」に思わず笑っちゃいました。とくに朝日の見出しです。「真央かヨナか、さあライバル決戦 美姫も明子もがんばれ」

 

By Morikawa on 2010/02/25 11:53

 新妻聖子の1stオリジナル・アルバム「アンダンテ」が大阪時代の教え子でもあるKプロデューサーが送ってくれました。

By Morikawa on 2010/02/24 6:34

 メールマガジン「JMM」今日の発信で「どこに医学部を作るべきか? 戊辰戦争と医師偏在の関係を考える」というのがありました。何げなく読んでいると、次の文章に出くわしました。

【教育の東西格差】

 学校教育や西洋医学などの近代の社会システムの根幹が形成されたのは明治期です。
そして、そのグランドデザインを描いたのは薩長を中心とした維新の志士たちです。
彼らは出身地へ重点的に資源を投資したと考えるのが妥当でしょう。

 一方、関東の多くは幕府直轄領、あるいは親藩・譜代大名の領地です。戊辰戦争後の戦後処理で、冷遇されたのも無理ありません。

 実は、これは医学に限った事ではありません。例えば、旧制高校のナンバースクールは、九州では鹿児島、熊本に設けられましたが、東京以外の関東圏に旧制高校が出来るのは、1920年の旧制水戸高校の創設まで待たねばなりません。

 教育は人材養成の根幹です。高等教育機関が出来れば、そこへの入学を目指し、中学・高校が切磋琢磨して裾野が広がります。例えば、九州には、北は修猷館高校から、南は鶴丸高校まで全国レベルの公立進学校が、多数存在します。修猷館、鶴丸高校は
何れも藩校に由来します。一方、東京以外の関東圏の進学校は、千葉高や浦和高校など少数です。これらは、明治期に創設された旧制中学が前身です。九州の雄藩が、如何に教育に力を入れていたかお分かりでしょう。

 現在、千葉・埼玉県の人口の合計が、九州全体とほぼ同じである事を考えれば、両地域の教育格差が実感できるのではないでしょうか。余談ですが、2009年の東大合格者数のトップ50に九州からは5校、合計153人が合格していますが、千葉・
埼玉からは3校で、91人しか合格していません。千葉・埼玉の高校生が東京の進学校に通っている側面はあるにせよ、九州地区の学校がアウェーの東大受験で、千葉・埼玉県を圧倒しているのは、笑えない話です。ちなみに、東北地方からトップ50に入っている高校はありません。

 この後に高校野球のことがあるのですが、続きは本文で。


 
PermaLink Read More »
By Morikawa on 2010/02/23 10:04

 

 ご存知「大小原」でN親子を交えて「お祝い」(!?)東京五輪の聖火トーチ(本物!)

昨日は大学に「辞職願」(3月31日付)、法人(日本体育会)には退職に伴う共済等の手続き書類を5枚も提出、法人事務所で「長い間お世話になりました」と挨拶すると、一斉にみなさん立ち上がってくださりねぎらいの言葉をかけてもらいました。

 いよいよ「定年なんだなあ」と、ちょっぴりの寂しさというか、肩の力が抜けるような錯覚に陥りました。卒業していった社会体育学科のOGからもメールが届いたりで実感めいたものが込み上げてきますね。

By Morikawa on 2010/02/22 10:19

 城丸先生に会えなかったことを一昨日書いていたら、気の毒に思ったのでしょう、千葉大のN先生が「挨拶」している城丸先生の写真を添付で送ってくれました。

 飄々としたところは変わっていませんね。

By Morikawa on 2010/02/21 9:26

 

 福尾武彦先生の偲ぶ会、懐かしい先生方の顔も見えます。

By Morikawa on 2010/02/20 9:43

 「今日の花」はカルミア、花言葉」は「大きな希望」「大志を抱く」「野心」「さわやかな笑顔」だそうです。

 この花は育てるのが難しいという思いがあります。5月の連休中、府中・大国魂神社でくらやみ祭がありますが、その後に植木市が並びます。そこで何回かカルミアの薄いピンクと白の花に惹かれて買って帰り、庭に植えるのですがいつも枯らしてしまいます。最近はあきらめて買わないことにしています。でもこの花は好きですね。

By Morikawa on 2010/02/19 8:30
 昨日の続きですが、昨日の日経スポーツ欄に「韓国強さの源泉『少数精鋭主義』」というのがありました。昨日の報道では韓国はドイツ、スイスと並んで金メダル獲得3で「トップタイ」であることを挙げてその理由を「国の支援」「兵役免除」「年金制度」などを指摘し、最後に「韓国で娯楽でスポーツをやるというムードはない。小学生でも、スポーツを始めるということはプロになるか五輪選手になるか、生業として選択することを意味する」(韓国野球委員会趙国際部長の発言)を受けて記者は「大衆スポーツという土壌を欠きながら、競技スポーツの頂きに花を咲かす韓国の強さの一端がうかがえる」と結んでいました。

 先日森田浩之さんの『メディアスポーツ解体』(NHKブックス)を紹介しましたが、その中で著者はリップマンの「民主主義とジャーナリズム」の関係にふれて「理想的には、まず事実を集め、それらを分析してから結論に達するべきなのだが、往々にして人は事実と向き合う前に結論を決めてしまう」「観察してから定義するのではなく、定義してから観察する」から「ステレオタイプ」化がしばしば記事に表れると指摘していました(同書、131頁)。

...
By Morikawa on 2010/02/18 9:28
 今朝の日経スポーツ欄のコラム「チェンジアップ」の担当はかつて西鉄ライオンズ時代に鳴らした豊田泰光さんです。表記のタイトルで豊田さんらしい暖かさで例の、スノーボードの選手を取り上げていますが、自分の新人時代のエピソードを語りながら「(いつか先輩を見返してやるという)どす黒い気持ちがわきあがってきた。こういう感情すらもバネにして伸びていくのが若者の特権だ。あの選手にも、ただ強くあれ、と言いたい。心に傷も残っただろうが、痛みを忘れず、いずれ周りを見返そうじゃないか。」と締めくくっています。

 こういう「やさしさ」というか「暖かさ」が、近年スポーツ学会を通じて知り合いになった豊田さんの魅力だと確信しました。

 今朝の日経スポーツ欄には気になる記事もありましたが、夜にでも取り上げようと思います。これから新宿でかつての留学生であり現在韓国で活躍しているS君が是非会いたいと言うことですので出かけます。

 

...
By Morikawa on 2010/02/17 8:57
 前回のトリノ五輪が荒川静香さんの金メダル1個だったせいか、昨日のスケート男子500mの銀・銅メダル獲得には全国紙朝日、読売、毎日、日経各紙の1面コラム欄も同じテーマの「競演」となっています。

 

 朝日・「天声人語」が高村光太郎の「氷上戯技」という詩を引用しながら、最後は「朝日歌壇」の短歌でしめれば、読売・「編集手帳」は部首の「にすい」にひっかけて辻井喬の「詩」の引用、毎日・「余録」は中世の守護神リドビナを登場させ、さらに日経・「春秋」は経済紙らしく永守電産社長を紹介しながらの論評、これらの評価はまさに読者の好みによると思いますが、こうして同じテーマで各紙がトップ頁に各社自慢の筆者を立てて「コラム」を競うとなると当然読み比べて点数をつけたくなるのも仕方がないでしょう。

...
By Morikawa on 2010/02/16 9:16

 今朝は第2ゴンドラを8時10分過ぎに乗って終点からパノラマ・コースをのんびり、ゆっくりと滑り降りようと思ったのですが、あまりにも調子がよくあっという間に2本目も行っちゃいました。

 珍しくT先生と「最終スキー指導実習」の記念にリフト降りたところで1枚撮ってもらいました。私の着ている者はSAJマーク入りです。このまま立っているだけが「華」、指導員マークですからね。O先生に記念にもらったのです。

By Morikawa on 2010/02/15 10:19

 今日は朝起きたら雪でした。ちょっと滑りにくいなあと思いつつ、8時半のゴンドラ一番乗りで行ったのはいいのですが、終点で降りた後、東館傍の第一ゴンドラ目指してスタートしたのです。しかし、視界が悪くしかもアイスバーンがあるらしく板の後ろの方がひっかかる感じ、何か調子悪いと思っていた矢先に新雪に突っ込んで転倒(私のスキーは絶対に転ばないというのが特徴だったにもかかわらず)、ゴーグルの中にも雪が入ってしましました。

 大怪我せぬうちに今日は止めておこうと第一ゴンドラ終点から第二ゴンドラのある方向へ抜けて、どうやら傾斜の緩やかなパノラマコースを選んでゆっくりゆっくりと安全第一で南館前に無事到着、今日は天気のよくなるまでスキーは中止にしました。

By Morikawa on 2010/02/14 9:44

 朝一番にゲレンデに出たつもりですが、すでい先客が居たようでシュピールがついていました。しかしゴンドラも独り占め、とりあえず4本乗って午前の部はお休み、安全第一ですから。

By Morikawa on 2010/02/13 8:51

 今朝は快晴、風も無くスキー日和でしょうか。午前中、リフト2本、ゴンドラ2回、もう腿がパンパンに張っています。山頂付近は海抜2000メートル、でも寒さを感じないのが不思議です。

By Morikawa on 2010/02/12 10:46

 上越道を抜けて一般道から志賀高原へ、途中の信号機が縦になっていました。積雪のせいでしょうか。

 大学から5時間半、海抜1000メートル、焼額スキー場・プリンスホテル南館窓の外はごらんのとおりです。

By Morikawa on 2010/02/12 10:46

 途中中里SAで休憩、跡で雪景色をアップします。

By Morikawa on 2010/02/11 9:12
 時事通信の配信記事によれば「国連の潘基文事務総長は9日、バンクーバー冬季五輪が12日に開幕するのを前にメッセージを出し、世界各地で続く武力紛争や暴力行為を大会期間中は停止するよう当事者に呼び掛けた」。また潘事務総長は「人間が真の潜在力を発揮するには平和と安定が欠かせず、『五輪休戦』はこの願いを礎としている」と強調。国連総会のトゥリキ議長も「五輪は平和と相互理解、親善を促進する手段だ」とし、平和実現に向け具体的行動を取るよう加盟国に求めた。」

 これを受けて今朝の毎日新聞でも「余録」で取り上げ、「オリンピック休戦今昔」を載せています。そのコラムの最後は「今日もアフガニスタンはじめ多くの紛争地で続く戦闘やテロの中で迎える平和の祭典だ。昔のエケケイリアは5日間の大会のために3カ月間戦闘を止めた。人の意志でやめられぬ戦いがないことの証しは古代に求めるしかないのか」と結んでいます。

...
By Morikawa on 2010/02/10 10:51

 今日の花はエンドウ、花言葉は「いつまでも続く楽しみ」「永遠の悲しみ」「約束」だそうです。

 どうも言っていることがまったく違う「花言葉」ですが、先週初めにMを亡くした私には二番目の言葉が心に残ります。先週の今頃の混乱した頭から少しだけ「平静心」を取り戻しつつあります。

 

By Morikawa on 2010/02/09 0:14

 日比谷シャンテ、昨日行ってきました。午前中仕事を片づけてどうやら午後からの上映時間に間に合いました。観客は年配者の、どういうわけかカップルが目立ちました。この映画はもうかなり年配者どうしの「恋愛」物語なのにどういうわけでしょうか。結末はハッピーエンド、まあ映画の中の「お話し」でしょうかね。でも最後のシーンでエマ・トンプソン演じるケイトが靴を脱いでダフティン・ホフマン(背が低い)演じるハーベイと散歩するところは演出としては秀逸でした。

 

By Morikawa on 2010/02/07 11:00

 大阪時代の教え子から映画「新しい人生のはじめかた」を紹介してもらいました。府中でもやっているようですので気分転換に行ってこようと思います。いつまでもMのことを思い出していても彼は喜ばないでしょうから。

By Morikawa on 2010/02/06 7:01

「今日の花」は菜の花です。花言葉は
「快活な愛」「競争」「小さな幸せ」だそうです。

 「節分」「立春」と続いて春の訪れなのですが、昨日辺りの寒さは冬のぶり返しの感じでした。昨夜は今まで着たことなかったオーバーを着ました。

By Morikawa on 2010/02/05 1:10
 昨日は朝早くに起きて久しぶりのツーリング仲間とのトレーニングをしようと思っていたのですが、床に着いてからも眞鍋のことが頭にこびりついて寝付けず、朝方に目を覚ましたら集合時間ぎりぎり、多摩川のいつもの集合場所にはすでに「師匠」のTさんが待っていてくれました。

 一旦調布方面に下って対岸に渡り、それからが大変でした。多摩美大傍を抜けて遣り水からさらに通称「戦車道路」から尾根緑道、この辺は一昨日の雪がところどころまだ溶けずに残っていて自転車を降りて押して通り抜ける状態、さらに永山から尾根幹道を横切って坂また坂、ひさしぶりなので大腿四頭筋が釣りそうになるほど、約4時間近くの難行苦行でした。

 風呂に入って冷え切った足下(足の指がかじかんでしまうほどの寒さでした)を暖め、股にサロンパスを貼り、と散々な状況でした。

 広島の同級生からその後の様子などをメールでもらったり、教え子さんたちにも「同情」されたのでしょうか、「励まし」や「大丈夫ですか?」という、メール、いい歳してと思いつつ、ふっと頭がどこかへ行ってしまっています。

 テレビでは「朝青龍・引退」「小沢不起訴」のニュースが飛び交っています。どこでどう「手打ち」が行われたのか、いずれ「あの時はこうだった」式の「話」が語れるのでしょう。

...
By Morikawa on 2010/02/03 9:18
 広島に来ると必ず「中国新聞」を広げます。それは地方ならではの記事に出くわすからです。昨日の中国新聞に「平和五輪の行方」(随意掲載ということですからこれからもあるのでしょう)で市原JOC専務理事へのインタビューが載っていました。大要は元々共催は認められていないから単独として計画書を作成、大都市ではない広島らしい計画、さまざまな会議やシンポジウム、スポーツと平和のイベントなどを企画し、「競技実施だけにこだわるのではなく、五輪に協力し、平和をアピールする手段」「県民、市民の理解と支持」は欠かせないという。

 市原氏は広島・修道の出身だったと思います。より具体的な企画を作成するのに協力してもらえる有力な人材だと思いますが、専務理事という立場では他の立候補予定都市とのからみで公平さを疑われると困りますよね。ちょっとその辺が微妙です。

 

 貴乃花の理事当選を巡って早くも「波紋」が広がっていますが、中国新聞には谷口源太郎さんの「今後も圧力あるはず」というコメントが出ていました。おそらく共同配信だと思いますが、全国紙には載らない記事でしょうね。「現段階で理事選に出た意図が明確ではなく”改革”の具体的な中身も見えない。今後、相撲界の構造的な改革が進むかどうか疑問だ」という辛口コメントでした。

...
By Morikawa on 2010/02/02 8:50
 先日も書いたばかりですが、「いい奴ばかりが先に逝く」、私の高校時代からの「無二の友」Mが今朝亡くなりました。急性肺炎だそうです。ヨット仲間の瀬戸田に住み着いている「Oさんからのメールで「容体がおかしい」ので三原に住んでいる同期生のUの電話を教えて欲しいという。あわててUに電話をすると今朝亡くなったという電話を奥さんからもらったという。嗚呼!

 先週の日曜日に広島からの帰りの新幹線の中で電話をやりとりしたばかりで今回は会えなかったので3月には会おうと約束したばかりだったのに。涙が止まりません。

 とるもとりあえず新幹線に乗り、後は携帯でやりとりしながら三原まで来ました。通夜に間に合い、すぐに奥さん、子どもたちに会いましたが、みんな信じられない様子、知り合いにも何人か会いましたが、昨日、病院で話を交わし、冗談も言っていたそうです。

 未だ私も夢を見ているみたいです。静かな、ほんとうに彼らしいやさしい目をしたままの死に顔です。急性肺炎だそうですが、顔は真っ白でした。

 昨日の岩波ホールでのポーランド映画「カティンの森」について書こうと用意していましたが、戻ってからアップします。

...
By Morikawa on 2010/02/01 0:26

 今朝のテレビノニュースにちょこっとひかかかったのが見出しの「スポーツ庁設置」です。ネットで検索すると馳浩議員の質問主意書に文科省が答弁書での答える内容を閣議了解したもの。

文科省でスポーツ庁設置の是非を検討  

政府は29日の閣議で、複数省庁にまたがるスポーツ行政を一元化する「スポーツ庁」設置の是非について「文部科学省が今年からスポーツ基本法の検討を進めることにしており、その際に併せて検討する」との答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に答えた。

 文科省は、国や地方自治体が実施すべきスポーツ振興施策などを定めたスポーツ基本法案を2011年の通常国会に提出したい考えで、法案の検討会を省内に設置することを決めている。(共同)

 [2010年1月29日12時43分

By Morikawa on 2010/01/31 0:22
 昨日は「採点」に集中するはずだったのですが、「紀要」原稿の締め切りが近いのを思い出し、研究員や助手さんたちの「研究報告」提出もありますので「研究ノート」として一緒に名前を出しておく必要があります。

 それで以前に書き留めておいたいわく因縁の「スポーツと平和」についての「研究ノート」を60枚(400字詰め)近くにまとめてついさっきメールで送ったところです。書いているうちに1986年2月6日の沖縄・中部地区労主催「スポーツと平和を考えるつどい」のことを思い出しました。

 なにしろ初めての沖縄訪問でしたが、那覇空港に出迎えてくれたのが全自交の腕章をつけた運転手のタクシー、ドアががたがたで乗るのが怖いような車でした。嘉手納基地が眼下に見えるシェラトン・ホテルの一室に案内され、少し休憩して午後5時頃だったかに空港から乗った同じタクシーで会場に向かったのですが、道すがら電信柱に「歓迎 森川貞夫先生!」とあるのを運転手さんに教えられてびっくり、会場の沖縄体育館に到着、人がどんどん体育館に吸い込まれていくのを見ていました。

 いったい何が始まるのかと思っていたら(「スポーツと平和」のテーマではせいぜい100人程度かと高を括っていたので)時間内に体育館のフロアーに座り込んでいる人人人人、さらに2階席にもだんだんと人が埋まりはじめてやっとこれは大変なことになったと気がついたのです。型どおり主催者の挨拶やら関係団体の代表の挨拶が終わっていよいよ私の出番になりました。

...
By Morikawa on 2010/01/29 23:18
 いやあ、驚きました。実に真っ当なご意見に思わず拍手!ところがこの発言の主が元総理大臣・現体協会長森喜朗氏ですから、「天に唾するもの」でしょう。「サッカーくじ助成頼みは本末転倒 スポーツ予算で森体協会長」 (共同通信、2010..1.29.17.25)の見出しです。

 昨日の自民党文教部会でのその発言や良し、しかしこのことを与党時代に徹底していれば「サッカーくじ」に頼ることもなかったはずです。

記事をコピーしておきます。

「日本体協の森喜朗会長は29日、自民党の文部科学部会に出席し、国のスポーツ関連予算が縮減された部分を、売り上げが好調なサッカーくじの助成で補完する対応について「本末転倒の議論だ」と異論を唱えた。

  くじの創設時からかかわった森会長は「もともとスポーツの国費が少ないからくじを考えてスタートした」と、くじ助成は“上乗せ”する意味合いがあったと主 張。国費を削って変動要素の多いくじの助成で補う流れに「スポーツ政策が間違った方向に進んでしまう」と指摘した。1等6億円の「ビッグ」で好調な売り上...
By Morikawa on 2010/01/29 2:37

 カンオケの穴

 友よ/君が雑木でつくる/俺のカンオケには/先端から少し 下がったところに/小さな穴を開けておくれ

 あんなに暗く/狭い空間に/閉じこめられて/緑の空気も せせらぎの音も/入ってこないなんて/俺には死ぬより/恐ろしいのさ

---------------------------

音楽センターのコピーに「人間ってこんなにかわいかったんだ… くすっと笑えるお別れのうた」とありました。確かにそうです。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004