市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2010/03/30 20:45

 

 多摩動物園行の電車の中の宙づり広告に「しまうまのしっぽの模様はしましまでしょうか?」というのがありました。

 知っていますか?

By Morikawa on 2010/03/29 10:08

 

 孫の「Chi」、昨日からくっついてばかりで仕事になりませんね。

By Morikawa on 2010/03/28 19:49

 

 今日は「たまりばユネスコ倶楽部」の「地域遺産(世界遺産に対抗して)」めぐりということで南武線矢川駅集合、そこから安養寺遺跡、国立郷土館、城山公園、谷保天神、最後は府中用水の府中市内・市川緑道から西府駅までざっと4kmぐらいを途中寄り道したりしながら3時間かけて歩きました。最高年齢89歳のYさん(全部自分の歯というのがご自慢!)を筆頭に総勢10名、「谷保天神」の梅林にある屋台で食した甘酒が美味しかったですね。屋台の女将さんが本場どこやらの麹だけで砂糖はいっさい使っていないというだけありました。

By Morikawa on 2010/03/27 0:01
 センバツ高校野球は雨のため2日延期となりましたが、昨日の新聞紙上を賑わしていたのは「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」と発言した島根県の開星高校野球部野々村直通監督の辞任騒動です。

 事の発端は3月22日の大会1回戦で「21世紀枠」の和歌山・向陽高校に1-2で敗れた後の「発言」です。毎日新聞の社会面によると23日に大会本部と相手校を訪ねて謝罪したそうです。問題は同じ「野球規則」についての野々村監督の解釈の仕方です。毎日新聞スポーツ面の記者の「解説」コラム「波」(堤浩一郎記者)には「野々村監督は常々、公認野球規則を例に出し、『負けるつもりでやるのはルール違反』と指導。春夏を通じて優勝経験がない野球後進地で『負けることは恥だ』と言い聞かせて、選手たちを奮い立たせてきた経緯がある」と書いてありました。

 ところで肝心の「公認野球規則」ですが、冒頭の「1-00 試合の目的、競技場、用具」の2番目に「1-02 各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする」と確かに書いてあります。おそらく「ルール」の中でそのスポーツの目的をはっきりと「勝つことを目的とする」と書いているのは野球ぐらいでしょう。ですからその延長線でとらえると「4-17」 で「競技場に9人のプレーヤーを位置させなかった」時は相手チームの勝ちとなると決めているのでしょう。

...
By Morikawa on 2010/03/25 23:51
 まだ雨模様ですが、おそらく今朝は上がっていることでしょう(真夜中の更新中)。できれば朝起きて多摩川土手近くの桜の開花ぶりを写真でアップしたいものです。

 さて、「イベント・研究会」のところに4月の情報を入れましたが、とくに4月16日(金)午後6時からの原宿・岸記念体育会館正面玄関突き当たりにあるスポーツマンクラブでの「英国スポーツ政策について」(イワン・マクドナルド教授)、18日のひの社会教育センターでの「デンマークの子育てと森のようちえんフォーラム」には長野・飯綱高原から内田幸一さん、デンマークから澤渡夏代さん(「デンマークの子育て・人育ち」大月書店)その他が参加します。

 文字どおり「生涯学習」の時代に私も仲間入りです。「毎日がサンデー」の気分を学習にあけくれたらきっと幸せでしょうね。4月からがほんとうに楽しみです。

 昨日は深沢の研究室の整理と明け渡しのために最後の出校となりました。これです私の大学生活のすべてが終わりました。特別の感慨は湧きませんでしたが、後々じわっと来るんでしょうか。その後は第三京浜を抜けて横浜西スポーツセンターでM君、Iちゃんたちの「自主研修会」に出かけました。

...
By Morikawa on 2010/03/25 9:41
 ここのところ我ながらこの書き込みが「私的」過ぎると自己批判しているのですが、それは「日記」とタイトルをつけているとは言え、できるだけスポーツ界の動きやスポーツ・マスコミにスポットを当てて「批判的」にコメントすることを通じて大手マスコミとはちがった「発信」を私なりにしたいからです。

 ですがやはり私も人の子、自分のこれまで経験したことのなかった最近の「健康不安・病気」に微妙に動揺している自分がそこに居るのです。ですからここのところ書き込みの内容が私の身辺に集中しているのですね。

 ところがアクセス数は上がっているのです。これはどうしたかことか、もしかして「読者」はかつての教え子たちかあるいは身内(?)が多いのでしょうか。昨日も「食事療法になれるまでがんばってください」という励ましのメールをいただいたばかりです。

 以前に「教師冥利につきる」と書いたことが一度ならずあったと思いますが、こうしていつまでも気遣いし、また心配してくれる人たちが居るということはありがたいことです。ですがいつまでもこういう気遣いをさせる自分が情けないし、自己嫌悪になります。ですのでもう少しはみんなが元気になる話を書きたいと、ほんとうは願っています。

...
By Morikawa on 2010/03/24 12:09
 午前中に無事退院。外は雨でしたが、狛江の多摩川沿いの桜もいくらか咲きかけている感じですが、どんよりとした、少し黒ずんだままで蕾がいっぱいにふくらんでいました。一部にはすでに咲き始めていましたが、この雨できっと長持ちしそうですね。

 次の日曜日に「地域遺産」巡りで国立から府中に向かっている崖線沿いの、府中用水傍を通って谷保天神(地元では「やぼてん」と呼んでいます)、さらに西府まで歩く頃にはおそらく桜も4分から5分咲きで見頃となっていることでしょう。

 甲子園は昨日テレビで見ていたら雨のゲームだったようですが、甲子園球児にはなんのこれしきというところでしょうか。応援席の高校生の姿にはるか50数年前、母校三原高校が一度だけ甲子園に出場(私たちはその翌年に入学)した後の頃、毎年、県大会・西中国大会と勝ち進んでいくので全校で応援練習をしていた頃を思い出します。

 午後2時に明大アカデミーコモン1階「カフェ・パンセ」で谷口源さんとT教授と「明治大学リバティアカデミー教養・文化講座」後期に「スポーツ・ビジネス・マスコミーースポーツを生かすもの、殺すものーー」毎水曜日全12回(9月末から12月末まで)、定員20名、会費はどのくらいに設定するか、開講時間帯(午後5時~6時30分、もしくは6時30分~9時)はどういう層をターゲットにするかによって変わります。

...
By Morikawa on 2010/03/23 18:45
 予定どおり今日の午後、生体検査をしました。「前立腺がんの疑い」と手術室に入る前の問診で宣言されてから手術室に向かうのですが、部屋がいくつも続いています。まるで魚かなにかをさばく流れ作業のようなしつらえです。こうなるとこちらはまるで「まな板の鯉」状態でのオペ、血圧、心臓などを測定しながら、手際よく(!?)前立腺の組織を10箇所以上(最初は数を数えていたのですが、痛さで途中からあきらめました)採取するのですが、「もうおしまいですよ」と言いながらさらに3箇所とっておしまい。

 医者も患者の心理を考えての「作戦」なんですね。力が入っていたせいか額はあせをかいていました。車椅子で病室までは看護士さんが付き添って運ばれるとなると、まるで大手術のあとのような気分になりますが、実際には30分足らずだったと思います。

 あいにく個室はいっぱいいで4人部屋、静かに夕食を待つ時間の長いこと、午前中、Hちゃんと狛江駅近くのコーヒー専門店で飲んだエチオピア産の珈琲を思い出しました。

 相撲は把瑠都白鵬とがあす全勝対決、教え子の垣添は負けて5勝5敗、嘉風は勝ちましたが4勝6敗、千秋楽までがんばれ!

...
By Morikawa on 2010/03/22 9:02

 

 「今日の花」はレンギョウ、花言葉は「希望」「かなえられた希望」「集中力」だそうです。そう言えば忍野にはたくさんのレンギョウがあります。まだ咲いていないはずですが、4月中頃にはレンゲツツジとともに遅めの春を告げる花です。

By Morikawa on 2010/03/21 9:03

 

 左上は府中・西府駅下の府中用水、右上は国立市側の府中用水

By Morikawa on 2010/03/20 0:33

 昨日の大崎企業スポーツ研究助成財団(OSF)公開フォーラムのテーマはなかなか魅力的でした。第1部はジャパンラグビートップリーグ事業委員会委員長(サントリー株式会社スポーツフェローシップ推進部長)稲垣純一氏、山梨クイーンビーズバスケットクラブ代表島立登志和氏、大阪ガス(株)人事部石井智氏の事例報告、第2部が質疑応答、最後に第3部は平成国際大学教授の佐伯年詩雄氏による「提言」(?)でした。

By Morikawa on 2010/03/19 11:27

 お昼前に宅急便の声であわてて玄関に出たら背の高い長方形の「荷物」、すぐに花だとわかったのですが、いったいどなた宛、どなたからと思い、急いで包みをあけると写真のシンピジウム、お手紙がついていました。

 昨年定年退職されたS先生からの暖かい「慰労と激励」の文章に目頭が熱くなりました。「先生はまだまだ望まれての仕事の日々と思いますが、楽しく充実されて下さることを祈っております」という文章にふれてこれまで少々体調等のこともあり落ち込み気分でいたのですが、そうもしておれないなあと、あらためて感謝した次第です。

 ちなみにシンピジウムの「花言葉」は「華やかな恋」「高貴な美人」「誠実な愛情」「深窓の麗人」「飾らない心」「素朴」です。

 ちょうどお昼に58000アクセス!読者に感謝、私にとっては二重の贈物です。今後ともよろしくお願いします。

 

By Morikawa on 2010/03/18 0:13

 昨日の京王プラザホテルでの第6回スポーツ仲裁シンポジウム「世界におけるスポーツ仲裁と日本」は、CAS(スポーツ仲裁裁判所)事務総長マシュー・リーブ氏の基調講演を受けて池田めぐみ(フェンシング・女子エペオリンピック選手)、河合純一(日本パラリンピアン協会会長)、河野一郎、(日本アンチドーピング機構理事長)、小寺彰(東京大学教授)、山崎卓也(弁護士)の5名のパネリスト、司会は早川吉尚氏(立教大学教授)でした。

By Morikawa on 2010/03/17 13:24

  

 映画「こつなぎ」の企画製作・菊地文代さんを紹介します。是非、小規模でもいいのですが、この映画を上映できるように応援してください。よろしくお願いします。

 連絡は私宛でも結構です。DVDなら少人数で安く借りられます。

By Morikawa on 2010/03/16 16:20
 すでに先週から「食事療法」に入っているのですが、これを契機に「いのち・からだ」について考えることがしばしばです。不思議なもので「紺屋の白袴」というか、自分が健康について慢心していたせいか、自分がこういう病気になるなどとはまったく考えていなかっただけに気になることが多く先週以来、少々、いろいろな本を読み始めています。

 その中で直接、病気とは関わらないのですが、ちょっと前に引用した五木寛之さんの『ここと・と・からだ』(集英社文庫、1998年)を読んでいる内にところどころ赤線を引きたくなるような文章に出くわします。

 週末から気になっているのは「業縁」という言葉です。これは親鸞の『歎異抄』に「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」と出ているそうです(真宗聖典 p.634)が、五木寛之さんは次のように書いています。

 この「業縁」という言葉は、一般に思われている意味とは少しちがいます。目に見えない大きな力、または生命の流れ、その力に自然に身をゆだねて生きることの大事さを彼は語っているのです。人は自分の思うとおりには生きることができない。また、人間が世界を思うままにできると考える傲慢さをいましめていると受けとってもいいでしょう。(同書、37頁)

...
By Morikawa on 2010/03/15 12:52
 この13日から冬季パラリンピック・バンクーバー大会が始まりましたが、相変わらずマスコミは「夢と感動」を期待しているようです。おまけに「メダル」とくれば何をかいわんやですね。13日付読売社説はそのものずばり、「パラリンピック 夢と感動とメダル」、内容は先に閉幕した冬季オリンピックで日本代表が金メダル0であったのでパラリンピックで是非、金をとって欲しいという「たわいなさ」です。以下のとおりです。

残念ながら冬季五輪では、金メダルを胸にかける日本選手はいなかった。パラリンピックでぜひ、表彰台の中央に 上がる日本選手を見たい。夢をかなえる選手の姿は障害者のみならず、多くの人を勇気づけることだろう。 近年、アジアの隣国はパラリンピックにも力を注いでいる。すでに夏季大会は中国、韓国に獲得メダル数で追い越された。 冬季でも、中韓の実力の伸長は著しい。メダル至上主義とは一線を画すべきだろうが、日本代表は競い合う中で好成績を上げてもらいたい。...
By Morikawa on 2010/03/13 23:56

  

 リンクを貼っている加藤哲郎教授の「最終講義」、いつもの大きな声で速射砲のようにご自分の研究歴と最近のアメリカ公文書館のCIA・MIS作成ファイルなどから見えてくる「史実」を時間ぎりぎりまで話されました。最後に挨拶されたのは元都立大学の柴田徳衛教授、確か1924年生まれですから86歳、お元気な姿にびっくりでした(一橋大学西校舎本館24教室)

 

By Morikawa on 2010/03/13 9:51

 昨日の夜は大田区の「スポーツクラブ指導者養成講座」の最終日、練馬区の元社会教育主事Sさんを招いての「まとめ」をやってもらいましたが、二次会・蒲田「すずめのお宿」では私は水ばかりを飲んでいました。

By Morikawa on 2010/03/12 15:01
 毎日ニュースによると文科省は早々と「スポーツ政策の指針策定」のために韓国に尾崎審議官を派遣したそうです。「韓国に学べ」の記事を読んで気になるのは競技スポーツ強化を重点にしているという、初めから韓国のスポーツ政策を型にはめて見ている点です。このことはすでに日経の記事を批判した時にも書きましたが、「生活体育」(日本で言えば生涯スポーツ)にも力を入れていることを忘れないで欲しいですね。以下に気になる記事を抜いておきます。

「視察に訪れたのは同省の尾崎春樹審議官ら3人。10~12日まで、メダリストを生んだソウル近郊の国立強化拠点・泰陵(テヌン)選手村や、体育団体などを訪ねた。 尾崎審議官は12日、ソウルで日本人記者団に「報奨金とは別の選手に対する年金や、行政が一体となりスポーツ産業の育成にも取り組んでいる点、大学と競技団体の連携の深さなどは参考にしたい」と述べた。」(毎日新聞配信、3.12,11.59)

すでに旧聞に属するかもしれませんが、10日に行われた文科省の「スポーツ立国」策定のためのヒヤリング結果です。議事録はまだ出ていませんが、各紙の報道によると朝原・平尾・古田さんたちの発言はきわめてまともですね。毎日(3.11)の記事を下に貼り付けておきます。

...
By Morikawa on 2010/03/11 17:08

 今頃はイタリアはミモザの花であふれていると思います。イタリアではミモザは3月8日の「女性の日」(La Festa della Donna)に男性は親しい女性たちにミモザの花束を贈ります。とくに働いている女性、そして何よりも恋人、母親等々、に感謝の意を込めて贈るのです。ですから街中ににわかの「ミモザ屋台」が出て黄色い可憐な花が春の訪れを告げるわけです。

 この3月8日は「国際女性デー」ですが、日本では4月10日を「女性の日」に定めています。これは戦後(1946年4月10日)、女性参政権が認められて初めて総選挙で行使されたのを記念して当時の労働省が決めたようです。

By Morikawa on 2010/03/10 21:53
 日経のスポーツ面連載「小さな巨人 オランダ・サッカー事情」は今日で終わりです。「クラブ再生 万策尽くす」という見出しでしたが、どんなに苦しい財政状況でも(年間予算1100万ユーロで100万ユーロ、スパルタの場合)1割近くを「育成に投資することを怠らない。大国のスーパーパワーにもまれながら生き残り戦略を図る。日本サッカーと置かれた立場は似ているだけに学ぶべき点も多い。(武智幸徳)」というのですが、自分の目で確認するためにも実際にオランダに取材に行きたいものです。

 トップ頁右に「チラシ」を載せている映画「こつなぎ」の企画・制作者菊地文代さんが昨日今日の新聞に写真入りで紹介されています。東京上映は13日です。よろしくお願いします。

 今日は永年勤めた私の本務校の、「恒例」になっている卒業式でしたが、私の方も気分は「卒業式」でした。しかし実際は朝から病院で検査、血液検査のために今回も前回に続いて右腕、左腕と2回採血、おまけに尿検査、その他いろいろあり、終わったのが午後3時、それから健志台キャンパスに直行しました。

 しかし参りました。前立腺の生体検査をする前に、糖尿病の検査、それがみごと(!?)に当たって医者からは「これはもう立派な糖尿病です」と宣告され、早速今日から「1日1600カロリー」の食事療法と血糖値を下げる薬を必ず食前に1錠、おまけは念のために眼科検診を受けるように指示されました。「紺屋の白袴」と言いますが、今更「運動不足」を言われてはお終いですね。

...
By Morikawa on 2010/03/09 8:33

 今日はまた寒いですね。ふだんお目にかかれない「情報」と、各紙の「社説」がフリーで読めるサイト(新聞社説アーカイブ)がありましたのでリンクを貼ります。

 昨日の日経から「オランダ・サッカー事情 小さな巨人」(上)大型企画3回連載が始まっています。

By Morikawa on 2010/03/08 22:27
 朝方やけに寒いと目を覚ましましたが、予報では雪になるかもしれないということでした。幸い雨も降らず夕方まで持ってくれました。2泊3日とはいえ若い人達との泊まり込みは結構後からこたえてきますね。

 昼間は雑誌原稿をなんとか仕上げたものの締め切りまで後2日あるので少し手元で温めておいておこうと思いました。実際には最後に「エイヤ」っと目をつぶって出してしまうのがオチなんですが、それでも今年度4月から隔月連載となる(コラム担当)ので少しは文章を練り直そうと思うわけです。

 「テーマ」は一貫して「スポーツとマスコミ」を中心とした「評論」を書き続けるつもりです。今日の「スポーツ・ジャーナリズム」の劣化がどこから来たのか、どのように克服していくのかを自分の書いたものを通して明らかにし、私なりに(答を実践的に)応えていきたいという思いはこの際ですから宣言しておきたいと思います。

 夕方から昔の「同僚」に加えてそのお弟子さん筋のメンバー2人らとささやかながら「感謝の宴」を稲城・梅月で行いました。奄美大島の縁のある方ですので薩摩の芋焼酎を1本取り寄せておきましたので歓んでもらえたと思います。

...
By Morikawa on 2010/03/07 8:51
 情報は早くからいただいていましたが、この10日に文科省で「スポーツ立国」の公開(!?)ヒアリングだそうです。リンクが切れると思いますので全文貼り付けておきます。

「スポーツ立国戦略」の策定に向けた検討の開始について 平成22年3月4日

 この度、文部科学省においては、「スポーツ立国戦略」の策定に 向けた検討を開始するに当たり、スポーツ関係者の方々から幅広く ご意見を伺う場を設けることといたしましたので、お知らせいたし ます。  第1回目については、下記のとおり開催いたします。  なお、第2回目以降につきましては、トップレベルの選手や指導 者の他、諸外国のスポーツ政策に詳しい有識者やスポーツ関係団体 のヒアリング調査を行うこととしております。

日時・場所 平成22年3月10日(水曜日) 18時00分~19時30分 文部科学省 東館16階 特別会議室



参加者 朝原 宣治 氏 (大阪ガス株式会社・北京オリンピック陸上競技メダリスト) 平尾 誠二  氏 (元ラグビー日本代表監督)...
By Morikawa on 2010/03/06 7:26

 今日の花は、つくし(土筆)、花言葉は「向上心」「意外」「驚き」「努力」だそうです。

昔と言ってもいつ頃だったっでしょうか、土手につくし取りに行ったものです。

 

By Morikawa on 2010/03/05 6:59

 

 昨日は目白・椿山荘の中庭にある木春堂中庵で「7人衆」が「退職祝い」を開いてくれました。雨にけぶる池端に河津桜が咲いていました。

By Morikawa on 2010/03/04 16:32
 昨日の検査結果は「要精密検査」ということで生体検査をやることになりました。仕方がないですね。歳を取れば誰でもあちこちがたが来ます。というわけで天気同様に気分は晴れず。

 昨日のサッカーアジアカップは2対0でバーレーンに勝ち、サポーターもとりあえずは気分は多少は回復したのではないかと思います。それにしても海外組の瞬間的な飛び出しや体を相手に入れる動作というか、体の使い方が国内組に比べてやはり違うと思わせるものがありましたね。

 最後の最後に本田が得点しましたが、あれは右横に森本選手が飛び込んで相手バックス・ゴールキーパー共に引き寄せたから本田の前が空いたのではないかと、素人目にもわかるプレイだったにもかかわらず今朝の朝刊スポーツ面でのコメントがそれについてふれていないのはなぜでしょうか?

 ジャーナリズムに必要な「報道(記録性)、娯楽性、批評性」の最後の批評性は技術的な点でも言えるものではないかと常々考えていましたが、今回、図らずもそれが抜けているのに気がつきました。

 しっかりせーよ!スポーツ・マスコミと、言いたいですね。

...
By Morikawa on 2010/03/03 8:00

 最近は「お雛さん」を座敷に飾る家庭はどれぐらいなんでしょうか。男所帯の我が家ではまったくやったことがないのですが、あの「うれしいひなまつり」という童謡は知っています。でもあのメロディはいつ聴いても物悲しい感じになるのですが、なぜなんでしょうね。歌詞自体は「今日は楽しいひなまつり」なんですがね。

By Morikawa on 2010/03/02 11:25

 イベント・研究会のところに紹介していますが、来る3月19日(金)日本青年館でフォーラム「企業とスポーツの新展開をさぐる~視界不良の日本経済、企業はスポーツとどう向き合うのか」があります。ご関心の向きは「イベント・研究会」にアクセスしてください。

By Morikawa on 2010/03/01 0:06

 なんとなく「弥生」というと春めく雰囲気が出てきますね。「草木が生い茂る月」だからそうですが、もうふきのとうの芽吹きが見れるかもしれません。

 しかし私は「弥生」というと「都ぞ弥生の雲紫に」に始まる北海道大学恵迪寮寮歌「都ぞ弥生」(加藤登紀子さんのもあります)を思い出します。その後に「花の香漂ふ宴遊(うたげ)の筵(むしろ)」 と続くのですが、高校時代に三高寮歌(紅燃ゆる)と並んでよく歌ったものです。

 夢こそ一時青き繁みに/燃えなん我胸想ひを載せて/星影冴かに光れる北を/人の世の 清き国ぞとあこがれぬ


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004