市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2010/07/31 7:33

 

 今朝の富士はまだ頭に雲をかぶっていました。右の花は散歩の途中で見つけたのですが、名前はちょっとわかりませんが、一重の、素朴な感じのはなです。

By Morikawa on 2010/07/30 21:02

 朝方に雨は上がったようで夕方近くに吉田まで買い物に出かけた時に頭だけが見えた富士山です。その後、忍野でもと思ったのですが、もう雲が覆ってだめでした。

By Morikawa on 2010/07/29 11:05

忍野は昨夜以来、今日もあいにく雨ですが、部屋を閉め切っているせいか雨音は聞こえません。おかげでイタリア語の翻訳も進んでいます。

 早く原稿を書き上げて解放されたいです!

By Morikawa on 2010/07/28 13:09

 今朝の忍野から見た富士山です。午後には雲が出て姿が見えなくなりますので朝の散歩を兼ねた新聞買いの帰りにすかさず1枚撮っておきました。お昼過ぎるとこちらも気温が26度くらいになりますね。

By Morikawa on 2010/07/27 23:28
 今日は締め切りまじかとなった「イタリアのスポーツ事情」(『みんなのスポーツ』10月号)のためにイタリアスポーツ史年表を作成しはじめました。

 イタリアの例の「トトカルチョ」もこれまでイタリア・オリンピック委員会(CONI)の独占支配だったのですが、2002年の法改正によりCONIの手から離れることになり、その代償にCONIは政府から4億5000万ユーロ(約600億円)の補償金を受け取ることで長い間続いたトトによるスポーツ振興策が終わりを告げたのでした。

 今は公的資金によるスポーツ振興策をイタリアも取っていることとなったのですが、日本ではまだ多くのスポーツ関係者はイタリアではトトの「上がり金」でスポーツ振興が行われていると信じているようです

 そのイタリアでは目下「CONI改革」が急速に展開されており、同時にマチュアおよびボランタリーのスポーツ・クラブに対する支援法(2002年12月法第289号)も成立し、翌2003年財政から実施されるたように、大きな変貌をとげつつあります。これをどのように実証的に叙述するか頭を悩ましているわけです。

...
By Morikawa on 2010/07/26 10:28

 「今日の花」は、ヒャクニチソウ,ひゃくにちそう(百日草)、「花言葉」は「不在の友を思う」「友への思い」「絆」「幸福」だそうです。

 今年2月に突然逝った畏友・Mを思い浮かべます。

By Morikawa on 2010/07/25 15:55

 昨晩のホテルは定宿であるガーデンパレスが取れなかったのでネッで予約したのですが、地下鉄の南森駅傍にあるビジネスホテル、チェックインが9時過ぎていたのですが、地下鉄改札口を出た途端にはっぴ姿や浴衣を着たお祭りムード、なんと天神祭の最中だったのです。

 荷物を部屋に入れてすぐに屋台見物と洒落込んだつもりでしたが、けばけばしいお化粧の、薄汚い若者たちでどうしようもない雰囲気、天神さんの境内で神楽をかなにかお囃子にのって踊っているところを撮ったつもりがシャッターがぶれたのか(デジカメを忘れたので携帯)、肝心の踊っているのが見えませんね。お祭りの雰囲気はわかるのかなと、アリバイ写真みたいですが、取り込んでみました。

By Morikawa on 2010/07/24 22:51
 昨日の午後は東京でスポーツ社会学会の若手研究者養成をねらった「基礎体力養成講座」を東京駅傍の関西大学東京センターで、その後同じ場所で「W杯南ア大会をふりかえって」(後藤健生・山本浩・山口素弘)に出席、

 今日は場所を大阪・関西大学社会学部に移して正午からスポーツ法学会理事会、午後1時から日本スポーツ法学会・大阪弁護士会スポーツ・エンターテイメント法実務研究会・関西大学共催で「スポーツ法シンポジウム~地域スポーツとスポーツ基本法~、

 プログラムは対談(W杯南ア大会を振り返って)後藤健生・森島寛晃、司会は上泉雄一アナウンサー、試験期間中ではありますが、講堂には学生が大挙出席していました。

 その後は二宮清純氏の基調講演「スポーツと地域振興」、40分という限られた時間の中でこれまでの日本スポーツ史の反省から「チーム」から「クラブ」へ、フランチャイズ(営業圏・権)からホームタウン(地域圏・権?)へ、ファンからサポーターへ、と変わっていく必然性・必要性を巧みな話術で引きつけていましたね。

...
By Morikawa on 2010/07/23 7:16

 

 忍野・庭先から見た今朝の富士山、今夏最後の「夏椿(沙羅双樹)」の一輪

By Morikawa on 2010/07/22 0:03
 今朝の朝日新聞6面政策のところに「スポーツ政策 転換点 文科省が戦略案 生涯スポーツ重視へ 自民時代は『競技力強化』」という見出しが出ています。

 昨日、文科省が「スポーツ立国戦略(案)」を発表したのでした。今回は担当の文科省鈴木寛副大臣がこの22日から「熟議」でもって議論をするそうです(公開討議ということなんでしょうか?)。

 公表された(案)を読む限りは朝日新聞の「見出し」は誤解を生むか、あるいは先般来、ネット上で問題になっている「朝日の民主党肩入れ」ではないかと思わせるに十分な見出しですね。

 問題はこの「スポーツ立国戦略(案)」に掲げている5つの「柱」(重点戦略)

 ライフステージに応じたスポーツ機会の創造

...
By Morikawa on 2010/07/20 9:35

 「今日の花」はナス,なす(茄子)花言葉は「よい語らい」「優美」「希望」だそうです。

 素朴な感じの花ですが、この紫の色合いが落ち着いていていいですね。「よい語らい」というのも気に入りました。

By Morikawa on 2010/07/19 19:51

 今日は「海の日」、「ハッッピーマンデー」のために第3月曜日と制定されたのだそうですが、実感はありませんね。

 今朝も忍野は晴天、朝の散歩の途中、東海自然歩道脇にある杉並区の林間施設「富士園」入り口付近にホタルブクロ(蛍袋)を見つけました。

 我が家の周囲にも自生しているはずですが、まだ家の周りをよく観察していないので咲いているかどうかわかりません。ようやく昨日、一昨日と居間から外に出るところに松浦さんがつくってくれた「ベランダ」(?)に畳を敷いて上にフロアマットを敷き、居心地をかなり改善したところです。これでお客が来ても大丈夫(!?)、後は周辺の下草刈りでしょうか。

 今朝

By Morikawa on 2010/07/18 10:30

 昨晩遅くに東京を脱出、今朝の富士山です。

風が実にさわやかです。

By Morikawa on 2010/07/17 7:31

 「今日の花」はハマユウ,はまゆう(浜木綿)、花言葉は「どこか遠くへ」「汚れがない」だそうです。

 いつ、どこで見たか忘れましたが、たしかに見たことがあります。それよりも女優の浜木綿子の名前の方が先に思い浮かびますね。しばらく彼女の姿を見ていない気がしますが、彼女の息子・香川照之の方がテレビによく出ていますよね。

By Morikawa on 2010/07/16 16:00

 久しぶりに忍野を覗いてみました。夏椿(沙羅双樹の木)はすでに花が墜ちていましたが、山法師と東国姫しゃら(小さい、愛らしい花をつけます)がやや盛りを過ぎていましたが、まだ花を残しています。。

 大阪時代の教え子たちが来るというので大急ぎで掃除して待ちました。関西組の数名を山中湖に残して12名が訪ねてくれました。

By Morikawa on 2010/07/13 9:52

 アフリカで初めて開催された「サッカーW杯南アフリカ大会」は11日無事閉幕、この日、閉会式にマンデラ元大統領が元気な姿をみせました。反アパルトヘイト運動の象徴でもある彼への観客の反応は記事では評価が微妙にわかれていたのが気になります。

 

By Morikawa on 2010/07/12 18:18
 昨日の午後は雨風が強く、朝方まで外の音がうるさく、しかも蒸し暑さも加わって選挙開票を聞きながら寝込んでしまいました。朝方にW杯サッカー決勝、ブラジル対オランダ戦も延長に入る頃にまたくたびれて肝心の得点シーンを見損なう始末です。

 選挙結果は予想を越える民主党の「負けっぷり」でしたが、議席数ではなく得票総数を見ると自民党より多いのですね。なぜそうなるかは二大政党制を前提に政権交代を可能にするという名目で導入された「小選挙区制」という選挙制度に原因があります。全国一律比例制が政党別の勢力図を表すのに比べて小選挙区制は1票でも勝てば後は死票となるという、本家イギリスでも二大政党制が崩れてきて問題となってきている制度です。

 「護憲勢力(憲法9条を守る)」「反消費勢力」が国会議員数ではますます減っていくという「怪」、気になりますね。

 しかし「総括」は立場によってちがいますが、HPにリンクを貼っているいくつかをていねいに読んでみてください。その中で天木直人さんの今日の配信ブログ「奇想天外の『超新党計画』を書いた週刊大衆」が面白かったですね。五十嵐さんの今日の「参院選の結果をどう見るか」は正統派の「総括」といえますか。

...
By Morikawa on 2010/07/11 9:31
 今日の投票の「争点」は本来なら沖縄・普天間問題で躓き、表舞台から引っ込んだ鳩山・小沢体制の後の、政権交代して10カ月の「民主党政権」への評価をふくむ「新しい政権」への期待を込めたものになるはずだったのに、何か肩すかしを食ったような、盛り上がりにかける「選挙」ですね。

 こうなると選挙後に予想される財政問題での「消費税101%」に賛成か反対かで決めるしかないように思うのですが、いかがでしょうか。少なくとも選挙後の政権維持のための民主・自民の大連立だけは避けなくては困ります。それでなくとも国民生活は冷え切っているのですからこれ以上の消費税アップや財政窮迫で生活が苦しくなるような政策だけは止めなくてはなりませんから。

 スポーツはまったく「争点」にもなりそうもありませんが、いわゆるタレント候補をふくむスポーツ出身議員が今回数多く出ています。今さら国民は人気に引かれて一票を投じるような愚はないものと信じています。それよりも次の国会に提案される「スポーツ基本法」の扱いです。超党派によるスポーツ振興議員連盟も民主党もこの「スポーツ基本法」を提案するようです。とくに民主党は選挙後の7月23日頃には「スポーツ立国戦略」を発表する手配になっています。

...
By Morikawa on 2010/07/10 8:14

 「今日の花」はグロキシニア、
花言葉は「華やかな日々」「媚態」「欲望」だそうです。

 セントポーリアと同じ「イワタバコ科」だそうですが、今まで見たことがあるような無いような花ですね。「華やかな日々」とはすっかり縁遠くなりましたが、たまにはこうありたいですね。、

By Morikawa on 2010/07/09 16:18
 昨日送った『マスコミ市民』8月号の「見出し」です。あらためて今回の「野球賭博」騒動の、結局の「行き着く先」を書いておきました。 Normal 0 0 2 false false false MicrosoftInternetExplorer4 /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan;...
By Morikawa on 2010/07/08 21:09
 疲れないようにと気を遣っていると言うよりもここ数日は原稿書きに追われて更新する時間がなかなかとれませんでした。しかも昨日は珍しく八王子で2006年からはじまった「ガスパール・カサド国際チェロ・コンクールin 八王子」の昨年の優勝者マシュー・アーレンの記念コンサートに招待を受けましたので市議をしているUさんとサントリーホール・ブルーローズに出かけたりしたので余計に時間がとれませんでした。

 なぜ、私が招待されるのかというと、私がフィレンツェに居た関係でカサド夫人である原千恵子さんの遺志を取り持つ形でアレッツオの石田さんを介して10回を重ねた国際コンクールを日本の八王子が引き継ぐことになったからです。したがって第1回から予選会・最終発表会までつきあってきたんですね。

 昨日の演奏は冒頭のフランソワ・フランクールのソナタが秀逸だった気がします。アンコールの2曲(タイトルは不明)も良かったのですが、とくにピアノ伴奏の柳谷良輔も好感のもてる抑制の効いた演奏で印象深いですね。

 その後の「野球賭博」問題は警察庁の捜索(前もって予告というのは不思議ですが)が今日行われましたので新たな展開になるかもしれません。しかし日本相撲協会の特別調査委員会には元東京高検検事長、元警視総監なども入っていますのでどこまで徹底して捜査するか、私はかなり疑問をもっています。暴力団との関わりもふくめて何かが出てきたとしても相撲協会を致命的に追いやるような発表の仕方はないものと予想していますが、予断は許しません。

...
By Morikawa on 2010/07/06 22:00

 先週はどういうわけか下痢が続き、食べたものを全部吐いてしまうという最悪の状況が続き、不安な日々を送っていたのですが、ようやくそれから脱皮、食欲も出てきましたのでもう大丈夫かと気を取り直しているところです。

 その間に「野球賭博」から端を発した「日本相撲協会」問題は一応の収拾へ向かっているように見えますが、どうでしょうか。

By Morikawa on 2010/07/04 6:12

 昨日は久しぶりに東京体育学会第79回研究会、テーマは「今日のスポーツ政策の焦点ーースポーツ基本法(案)・『スポーツ立国』論を斬るーー」でしたが、東京支部の若手研究者(院生?)に混じって先輩たちの顔も見えて思っていたよりは盛会(?!)のようでした。

 いつもは20名程度の参加(会員は1500人くらい「居るはず!?)なのに今回は54名の参加とか、お世辞だとは思いつつ、気をよくしたのは事実です。加えて国士舘大学梅ヶ丘キャンパス(34号館)という新しい建物でしたの気分も良かったですね。

By Morikawa on 2010/07/02 20:39
 W杯サッカー南ア大会での日本チームのベスト16入り後、決勝トーナメント初戦で南米パラグアイに0対0でそのまま延長戦、その後、Pk戦敗退という結果を受けてしばらくスポーツ欄やネットでどんな「技術評」が出るか期待して待っていたのですが、なかなか私の気に入ったのに出くわしません(後でネット検索したところセルジオ越後氏の日刊スポーツのコラム他を見つけました。以下にコピーを貼り付けます)

 日本は世界を相手に辛抱し、我慢してよく守った。守備がある程度通用することも分かった。ただ、攻撃はダメだった。FW不在のままセットプレーに 頼ったけれど、限界があった。全体的に考えれば、まだ日本は世界に通用するレベルではない。パラグアイ戦も、明らかに相手の方が上だった。今の日本が勝ち 抜くには、守って守ってというこの戦い方しかないよ。

 大会前の連敗で、岡田監督はチームのやり方を変えた。それまでの3年間を捨てて、新しいチームをつくった。中村俊や岡崎を外して、阿部を使い、本...
By Morikawa on 2010/07/01 19:41

 今日から7月、富士山も「山開き」。時の流れの早さは想像以上です。もはや今年も後半入り。ここ数日、体調を崩して(食あたり?)、ほとんど運動をしていないせいか、体の動きが年寄り臭くて仕方がありませんでした。気分転換を兼ねて床屋さんへ、そこでもずいぶん痩せましたね!のご挨拶。珍しく顔にひんやりした、女性がよくやるなんていうのか、美顔用の貼るもの、おかげですっきりです。

By Morikawa on 2010/06/30 8:24
 結果はご存知のように延長戦を終わっても0対0、PK戦でGK川島選手の好守を期待したが、それもかないませんでした。PKをバーに当ててはずした駒野選手には気の毒でしたが、結果は結果です。

 試合終了後の岡田監督の談話も「次はもうないでしょう」ということで長かった代表監督を退くようです。世界に通じるサッカーになりつつあったのはやはりオシム監督からの力ではなかったかと今にして思いますが、どうでしょうか。

 選手たちはまもなく帰国ですが、暖かく迎えて欲しいものです。そしてゆっくりと休養して何が足らなかったのか、冷静に「総括」し、後に続く者たちに残していくものを語って欲しいものです。

 そこで第一に手を打って欲しいのはヨーロッパ・南米勢のフィジカル面での当り負けしない強さを日本国内で養成するには審判の国際化ではないかと思います。対パラグアイ戦でも日本選手がチャージされて倒れ込むシーンがしばしば見られました。おそらくJリーグの試合では反則をとってもらってフリ-キックとしてチャンスになったことでしょう。ところがW杯では審判が前に手を伸ばしてスルーのジェスチャーです。倒れた選手がいくら不服そうにしても無視です。むしろ倒れた分だけ次の動作に遅れて不利になりますよね。

...
By Morikawa on 2010/06/29 9:05

テレビ、新聞は「W杯サッカー」にハイジャックされた感がしますが、今朝の朝日・読売・毎日の「社説」では各社のニュアンスのちがいを見せています。もっとも厳しい論調が朝日・「角界賭博問題―開催優先では出直せない」、甘いというかゆるやかなのは読売・「名古屋場所開催 勧告踏まえて抜本的改革を」、その中間というかやや厳しいのが、毎日・「名古屋場所開催 まだ土俵際の危機続く」でしょうか。

 

By Morikawa on 2010/06/28 0:43

 「ビジョビジョ(美女美女?)」に囲まれて

 M先輩の「お祝い」はフランス料理店「パザパ Psa A' Pas, 一歩一歩」でした。

By Morikawa on 2010/06/27 6:55

 昨日は天王寺高校でのヒヤリングを終えた後、代表団一行と天王寺駅でお別れ、大和西大寺に向かいました。Y先輩のお誘いでM夫妻と合流、若草山の頂上から奈良を見渡しました。「民のかまどは?」の心境でしょうか。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004