市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2011/02/27 8:25

 昨日の夕食は受験が終わったT父娘を中村屋に招いてディナーと洒落込みました。碌山の「女」がると思ったのですが、展覧会に貸出し中とかで昨日は「坑夫」でした。テーブルのすぐ横には碌山を慕っていた中村彝(つね)の作品が飾ってありました。

By Morikawa on 2011/02/24 22:43

 地元のユネスコ倶楽部つながりで「ピラティス」のインストラクターをしているという、E.Hさんに会いました。話している内に知り合いの名前が飛び出してきたりと、意外なつながりがおもしろいですね。写真は府中・MUGIにて

By Morikawa on 2011/02/24 5:35

 すでに一昨日の話になりましたが、北京体育大の李暁恵さん、甥の李華さん、それに友人たちが新宿・大小原に「見舞い」を兼ねて来てくれました。左の写真二人が持っている「品物」は「元気になるように」という漢方薬のお土産です。謝々。

By Morikawa on 2011/02/21 13:40

 今年は梅の開花が遅れているのでしょうか?我が家の庭の梅もかなりふくらんではきていますが、まだのようです。

 今頃は湯島天神も「合格祈願」の受験生で賑わっていることでしょう。

By Morikawa on 2011/02/20 3:31

 一昨日、昨日と野暮用をふくめて多忙を極め更新できませんでした。罪滅ぼしの長文の「日記」を更新します。興味のあるところだけでもつまみ読みしてくだされば幸いです。

By Morikawa on 2011/02/16 23:28

 昨日は珍しく息子のご招待でルテアトルで「2月花形歌舞伎」の第2部「女殺油地獄」を堪能しました。今回は「河内屋与兵衛」役の染五郎の「目の演技」を間近(席は前から3列目、一等席!)で見ることができたせいか、あらためて役者の演技力というか、いかにして見る者を惹きつけるかを確かめることができたような気がします。

 染五郎は松本幸四郎の息子ですが、彼はまだ38歳と若いですからもしかして父を超えることができるかもしれませんね。

By Morikawa on 2011/02/15 0:43

 村野英高君をご存じの方、情報の提供をお願いします。

sada.mori@nifty.com

By Morikawa on 2011/02/14 3:09

 左の写真に写っている男性について何か情報をご存知の方、メールでご連絡ください。私のかなり前の教え子ですが、退職した今、もっとも気になっている教え子の一人なんです(消息不明のまま)。

sada.mori@nifty.com

偶然、ネット検索で写真だけ見つけました。

By Morikawa on 2011/02/12 23:52
 かなり前から「バレンタインデー」はうさんくさいと思っていましたが、どうやら今年はそうとうに様変わりする気配です。「義理チョコ」とわかっていても贈られてる数を知らず知らず数えていたり、同僚たちの様子もそっと気にしていたりというのも(「何気に?」と訝しがるのも)癪でしたからね。

 「義理チョコ」よりも「友チョコ」とか、「女子同士」、それに「マイチョコ」っていうのもいいですね。これまで男どもは「ホワイトデー」になにをお返ししようかと、半ば強迫観念で戦々恐々としていたのです(?)からそれから解放されるだけでも気分は爽快になります。とにかく製菓会社やその他イベント会社の「商戦」に乗せられるのが癪だった分だけでも個人的には結構毛だらけ灰だらけでしょう。

 一昨日の「日記」に『マスコミ市民』(3月号)用原稿の紹介をしましたが、早くも反応がありうれしい限りです。「大相撲八百長騒動」の陰に教育基本法改正による「日本の伝統と文化の尊重」や「愛国心」など、もろもろの意図が中学校体育における「武道必修化」へつながったのでした。しかしそれは同時に「柔道宇事故」に象徴されるように「指導者・施設」問題などによって「学校事故」の増大につながる危険性があることをどれだけ教育関係者や武道関係者は認識しているのか、具体的な事故対策はどの程度なせれているのか、現場の先生方、そして何よりも保護者がどう考えているのか、知りたいものです。

...
By Morikawa on 2011/02/11 8:14

  今朝の毎日新聞の「オピニオン」に田中達巳(危機コンサルタント)、玉木正之(スポーツライター)、須藤靖貴(作家)の3氏がいくつか「論点」を挙げて 意見を書いています。しかし正直言って私の感性にぴったりという「意見」はありませんでした。田中氏は「心を鍛え直して出直す」「国技に誇り抱くから国民 は言動許せず」と説き、玉木氏は「近代スポーツの基準では測れぬ奥行き」「宗教法人となり勧進相撲に返る選択も」と、元『相撲』編集部に居たという須藤氏 は「強靱なはずが土俵の怖さに耐えられず」「四股を反復し観戦待つ人たちに思いを」と説いてます。

By Morikawa on 2011/02/09 14:46
 来年、創立100周年を迎える日本体育協会・JOC(大日本体育協会は1911年・明治44年創立)にとって今頭痛の種は2020年オリンピック招致活動が頓挫しかねないことでしょう。

 秋葉広島市長がさっさと次期の市長選に出ないことを宣言してしまったために次の広島市長に立候補する候補者は「2020年夏季五輪広島招致」を選挙公約に掲げないことはほぼ確定に近いはずです。当のJOC幹部はさりとて石原東京都知事に再度「2020年夏季五輪東京招致」を選挙公約に掲げて立候補をお願いするということも難しいでしょう。何しろ石原知事はすでに3期を終えて78歳だからと思っていたら、なんと息子でもある石原伸晃自民党幹事長が「出馬要請」したというのですから驚きです。

 「みんなの党」は「ワタミ」の渡辺美樹氏に「打診」「模索」と、なんだか怪しい雰囲気、おまけに前宮崎県知事だった東国原氏も色気がありそうだし、一説には「25日に立候補声明」するとかしないとか、さらには民主党が蓮舫行政刷新担当相を担ぐのかどうか、早々と「出馬要請」を受けて立候補の準備をしているのは前共産党参議員小池晃氏であり、最後の小池氏以外はオリンピック招致に賛成の様子ですから、後のすべはおそらくオリンピック招致に賛成と思われます。

...
By Morikawa on 2011/02/08 10:04

昨日の「スポーツ政策研究会」の席上で著者の中条さんから左の「本」2冊(⑥と⑦)をいただきました。

 中条さんとは古いおつきあいで現役記者時代はとても「きびいしい人」という印象でしたが、リタイア後にしばしばおつきあいしている間にその印象はすっかり変ってしまいました。

 というのは「きびしい」というのはスポーツやその背後にある諸条件への「洞察」がきびしくていわゆる既成の「理論・分析」(借り物といってもいい)でいう「物言い」には果然と反論されるきびしさ(今もこの点は変っていません!)なのです。ですから若気の至りですが、私の公式的な「社会科学的」視点での「発言」や「書き物」に対しても必ず最初にシニカルな批判を受けることになります。

 

By Morikawa on 2011/02/05 23:12

 一般財団法人運動器の10年・日本協会設立総会、挨拶に立つ山本博司委員長(学士会館にて)

By Morikawa on 2011/02/04 10:10

 昨夕、結婚の挨拶を兼ねて来日したRさん夫妻を新宿・中村屋3階の「レガル」に招いてささやかな「お祝い」の会食をしました。いつまでもお幸せに!その折りに入り口に飾ってある荻原碌山作「女」を紹介しました。

By Morikawa on 2011/02/03 14:10
 今日は節分、予想したとおり昨日の夕刊、今日の朝刊と「大相撲八百長」騒動が大きく取り上げられています。確かに昨日の「記事」は毎日新聞のスクープだったようですね(牧太郎さんが今日の「ブログ」で書いていました)。

 昨日も書きましたが、この問題が一面トップを飾るほどの「ニュース」かどうか、もっと大事なことがあるでしょうに。

 そこで今日は日ごろ目立ちませんが、日経のスポーツ面・コラム「チェンジアップ」の豊田泰光さんの「いびつな野球の世界地図」を紹介します。

 サッカーとの対比で野球の「いびつさ」というか、国際化しない理由をあげながら、最後に「事は急を要する。プロ野球は時間とお金をむさぼっていては駄目だ。選手一人に何億円という年俸を払う余裕があるなら、その1割でも普及に向けてほしい。

...
By Morikawa on 2011/02/01 17:26

 いつの頃かに覚えた詩の一節ですが、この「冬来たりなば春遠からじ」を思い出すたびに何か春が来るのを待ち焦がれる気分になりますね。これはイギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の中にあるそうですが、確認できませんでした。

 元々は「今いくら苦しくてもやがて春のような暖かい時が来る」という意味だと思います。そのように期待したいものですね。

By Morikawa on 2011/01/29 23:48

 千葉大学教育学部・「城丸章夫先生を偲ぶ会」にて

By Morikawa on 2011/01/28 23:20

 ひの社会教育センターのみなさんに「お見舞い・激励」の「ひととき」を府中駅すぐの鶏肉料理店で開いもらいました。

 プレゼントにオレンジ色のセーターをいただきました。早速出たところで記念に1枚。

By Morikawa on 2011/01/27 20:29

 一昨日からウオーキングを再開しました。今朝はやや遅めでしたが多摩川越しに富士山の頭が見えました。

 ここのところ体力の衰えをますます実感していますが、治療前には懸垂も10回近くできていたのに今は4回がやっと、おまけに腹筋など「いきる」運動はしてはいけないという医者の厳命ですのでなんとなく腹回りがだぶついている気がしてなりませんね。

By Morikawa on 2011/01/26 9:42

 GK川島好セーブ!昨晩は終始どきどきハラハラ、日本代表の決勝進出が決まっても寝つかれず、ついに豪州対ウズベキスタン戦まで観てしまいました。6:0ですから決勝はこれまた手強い相手ですね。

 毎日の朝刊記事で江連記者が「積年のライバル相手に厳しい環境を乗り越え、その成長を確かなものにした。【江連能弘】」と結んでいましたここまで来れば最後の最後までその「成長」ぶりを見たいものです。

 

By Morikawa on 2011/01/25 9:17

 昨年のことですが、英国から来た気鋭のスポーツ社会学者Ian McDonaldから送ってきた記念の写真、珍しいのでアップしました。

 谷口源太郎さんに寺嶋教授も。明治大学アカデミーコモンにて。

By Morikawa on 2011/01/24 9:15

 昨年暮れに新日本スポーツ連盟顧問の伊藤高広さんが左の「本」を出版されました。一橋大学での修士論文をまとめられたものだと思います。

 戦前の国際勤労者スポーツ連盟(CSIT)から今日までの歩み、「労働者スポーツからみんなのスポーツ時代へ!」を非常にうまくまとめて居られます。ご希望の方は定価2000円ですが、著者割引の1600円でお分けできます。ご希望の方は返送切手を貼った封筒をお送りください。

By Morikawa on 2011/01/23 8:05

 昨夜はお酒も飲まないのに気持ちよく眠れました。朝、カーテンをひくと目の前が琵琶湖、ちょうど日の出でしたので1枚。

 

By Morikawa on 2011/01/22 23:40

 お昼前に原宿・代々木競技場の会議室で「スポーツ振興基本計画検討特別委員会」、途中で退席、地下鉄を乗り継いで東京駅へ、13時33分発の「ひかり」に間に合いました。

 京都から湖西線で蓬莱駅下車(京都より約40分)、Y先輩の教え子でもあるO君が車で出迎え、ちょうど雨が降り始めたところなので大助かりです。遅れて始まったようでしたが、研究会の終わり3番を聞くことができました。夕食は鍋物、久しぶりにS先輩やRさんなど6人で鍋を囲みました。

 

By Morikawa on 2011/01/20 10:29
 昨日は退院後初めての「検査と診察」があり、緊張しましたが、経過はいいようです。とりあえずは一ヶ月後の2月、そして4月、その後は3ヶ月毎に通院となり予定です。酒の解禁とはいきませんが、4月頃にはOKかと期待しながら今後の予定を立てていこうと思います。

 帰省中にたまった年賀状や郵便物をやっと整理しかけていますが、佐藤一子さんの『イタリア学習社会の歴史像』(東京大学出版会、2010、12)と高橋豪人さんの『スポーツ応援文化の社会学』(世界思想社、2011,1)の恵贈がありました。

 とくに佐藤さんはイタリア研究ではつねに私の前を重厚に、しかもエネルギッシュに走り抜ける高級車「ヴォルボ」みたいな方です。今回の「本」は博士論文を上梓されたのですから研究方法論をふくめてじっくりと読まないといけないものです。

 「アソチアチオニズモ」の伝統や、私の関心からいえばARCI(イタリア文化レクリェーション協会)とUISP(イタリア・みんなのスポーツ連合)など、加えて余暇組織・ドーポラボーロなどの今日的意義などをしっかりととらえ直す機会にしようと思います。ノートを取りながら読まないといけないぐらいですね。

...
By Morikawa on 2011/01/18 18:02

 昨日の東海道新幹線関ヶ原付近の雪原、静岡駅付近から見た富士山(フラッシュが機能してしまいました)


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004