市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2011/03/29 7:18

 今日の花はスモモ,すもも(李・酢桃)、花言葉は「忠実」「貞節」「独立」「疑惑」「甘い生活」だそうです。

 忍野のすももはまだまだでしょう。連休前には地震の後始末も兼ねて覗いてみるつもりです。

By Morikawa on 2011/03/28 6:42


「誰が福島の責任をとることができるのか」と書いたプラカードを持ってデモ行進する参加者=ベルリン 

   

ドイツで反原発25万人デモ 福島事故受け「停止を」((朝日新聞)

 ドイツ、福島事故で反原発党倍増 州議選、与党敗北へ

ここのところ「日本人の我慢強さ」は国際的にも驚きの声で「賞賛」されていますが、もしかしてこれって「日本人は何があっても怒らない」ということでしょうか。「心を一つにして」のキャンペーンも盛んです。

 

 そのことと「誰が福島の責任をとるか」ということは一応切り離して考える必要があります。「未曾有」「想定外」という言葉を無原則的に使うのは辞めて欲しい思いませんか。とくに原発開発の当事者や東電が口にすると言うのは「国民の安全」を軽視していたというより、まったく無視していたことになりませんか。言葉の使い方をしっかりと吟味してみる必要がありそうです。

...
By Morikawa on 2011/03/27 8:07

 うれしいです!早速に支援の声をあげてくれた方がいます。感謝!!

By Morikawa on 2011/03/26 8:23
 昨日の政府の「自主避難」指示に怒りがわいてきました。それも原子力委員会に「自主避難の促進望ましい」という「見解」をだせておいての「正式指示」です。この期におよんでも小細工をする菅直人にはこれほど卑怯・卑劣な人物とは思いませんでした。

 要するに政府は責任はとらないけれで一応は「避難勧告」を出しました。もしこれで何かが起きても避難しなかったあなたたちが悪いんですよ、と言っているのと同じでしょう。言われた方は避難先はもちろんそのための交通手段、残った者は「危険区域」に食料はじめ生活必需品をだれが保障してくれうのか、「去るも地獄、残るも地獄」とはこのこと、政府はいっさい責任は取りませんと宣言しているのと同じではないでしょうか。

 南相馬市長が怒るのも当然です。自治体の長として市民の安全・安心のためになにをすべきか、このぎりぎりのところで仕事をしている被災地の人たちを思えば「自主避難」というのはまったく無責任極まる言い草でしょう。だんだんと腹が立ってきます。

...
By Morikawa on 2011/03/25 7:48
 「セ・リーグも4月12日開幕 4月は東京ドーム使わず」のニュースが流れました。なるべくしてなったとは言え後味の悪い「結果」でした。最初から多くの被災者や国民の声、とりわけそれを汲んだ「日本プロ野球選手会」の要求を受け入れていればよかったのにと言わざるを得ませんね。どれもこれも先日書いたようにナベツネこと巨人軍渡辺恒雄会長の「横やり」です。

 それをはねのけたのは「選手会=労働組合」に結集しているプロ野球選手たちの力だと思います。新井選手会長も「ファンの声届いた」と語っているようです。その言やよし。これらのさまざまな思いをリンクを貼っている五十嵐仁さんの「転声仁語」(25日付)で代行してもらいましょう。

  見逃してならないのは、選手会は単なる親睦団体ではないということです。選手会は労働組合なのです。...
By Morikawa on 2011/03/24 3:29

 今日の花は、カタクリ,かたくり(片栗)花言葉は「初恋」「嫉妬」「寂しさに耐える」だそうです。

 海外ツーリングを夢見てトレーニングしていた頃に北多摩のどこかで群生していたカタクリを思い出しました。

By Morikawa on 2011/03/23 0:49

 今日の花は、ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪の下)、花言葉は「順応」「忍耐」だそうです。

 被災地・避難所にまるで梅雨のようにしかも冷たい「無情の雨」が降り続いています。早く救済・支援の手が差し伸べられることを祈るのみです。

By Morikawa on 2011/03/22 2:03

 今日の花は、レンギョウ,れんぎょう(連翹)、花言葉は「希望」「かなえられた希望」「集中力」だそうです。これを被災の支援・復興に取り組んでおられるすべての人に捧げたいと思います。

By Morikawa on 2011/03/21 1:25

 今日の花はあまり聞いたことがないかもしれませんが、「カランコエ」と言います。花言葉は「幸福を告げる」「あなたを守る」「おおらかな心」「たくさんの小さな思い出」だそうです。

By Morikawa on 2011/03/20 2:49

 今日の花は、ミツマタ,みつまた(三椏)、花言葉は「強靱」「意外な思い」「壮健」「永遠の愛」「肉親の絆」だそうです。

 なんとなく今の大地震の惨状のさなかで多くの人が求めていることのように思えてなりません。

By Morikawa on 2011/03/19 0:43
 プロ野球セ・パ両リーグが開幕日がちがうのはいたし方ないとしても今なぜセ・リーグが開幕を急ぐのかその理由がよくわかりません。それはいつものジャイナンツの渡辺恒雄会長が「25日開幕」に意欲を示しているからだという「説」はかなり強いと思います。かれは16日の「燦燦会」(財界人によるジャイアンツ応援団)で次のように語ったと報じられています。

「開幕を延期するとか、プロ野球をしばらくやめるとか俗説があったが、戦争に負けた後、3カ月で選手や監督から試合をやりたいという声があがって、プロ野球を始めた歴史がある」と過去の例を挙げ、予定通り25日に開幕することに強い意欲を示した。  また、「明るい活力を大衆に示すことができるのはプロ野球選手。選手が命がけでいいプレーをすれば元気が出るし、生産性も上がる」と持論を展開した。毎日新聞3月17日付

 かなり我田引水的な「強行」論だと思いませんか。現に日本プロ野球選手会(新井貴浩会長)は「声明文」で「延期」を要望しています。その理由を次のように述べています。

...
By Morikawa on 2011/03/18 8:06
 海外メディアと国内メディアの「情報」が食い違うことはよくあることです。しかし事がすべての人々の生命に関わることですからとても放置・容認しておくことはできません。

 昨日、私の友人からメールでかつて京大時代に一緒に組合活動をしていた間柄の京大の原子炉実験所の小出裕章助教に注目するように以下の連絡がありました。「実は昔々、彼とは組合運動で一緒になり、二人とも大学から干されていたのですが、私は途中で立命に逃げましたが、彼は60歳の今まで「助手」として京大で頑張ってきた人です。彼の発言をフォローしてもらうと幸いです。」

 それにしてもこういう人の「生の声」がマスコミに取り上げられませんね。そういう中でさくじつのCATV朝日ニュスター「ニュースの断層」では広瀬隆さんが出演していました。話の内容はおそるべきことです。幸い youtube、アップされていました。 http://www.youtube.com/watch?v=AjOMiQL6bQw...
By Morikawa on 2011/03/17 0:37
 午前中は乾電池やいくつかの生活用品を探しに「くろがねや」という大型スーパー(?)などを回ってみたのですがやはり品不足でお一人様1パック限りで物によってはすでに品切れ、近所の大型生協でもカウンターまで凄い人の列、ほんのわずかな買い物だったので数分で済むと思って寄ったのですが、とんでもない状態でした。

 一昨日からの「買い溜め」ラッシュが続いているのですね。私たちの世代はオイルショック時の「トイレット騒ぎ」を経験しているので付和雷同的な行動はしないものと思っていたのが間違いの元だったというわけです。

 こういうときはのんびり世間話のできるところが一番ですね。というわけでご近所の「援農」をしていた所に寄ってみました。案の定、ご夫婦と長男の3人で野菜を農協に出荷するための作業をしていました。なんでも品薄なので農協はもっと野菜を持ってこいというので午前中2回も運んだという。

 ついでに少し野菜を分けてもらいましたが、いつも新鮮かつ安全な野菜なので助かります。ここの長男さんは都内で20年近くサラリーマンをしていたのですが、両親がかなり歳をとってきたために昨年春に仕事を辞めて手伝いはじめたそうです。都市農業の跡継ぎ不足が言われていますが、ここでも同じです。市内の環境団体が2班別れて月2回ずつ「援農」ボランティアをやっています。私自身はまだ治療が続いているために休業(?)中ですが。

...
By Morikawa on 2011/03/15 19:49

  高知・馬路村の上治堂司村長から地元特産の杉材でつくった「団扇」に書かれた「葉書(?)」が届きました。

 この「マメさ加減」が馬路ブランドを日本いや世界に広めたのだと実感しました。

 「小さい村ですが若者の意見を取り入れながら小さくても輝く村づくりに取り組んでまいりますので応援よろしくお願いします」

 およばずながら私も応援しています。

By Morikawa on 2011/03/14 21:24
 まるで夢を見ているような、そんな現実のこととも思えないような、悲惨な状況にたじろいでいる自分に驚いています。人間はもっともっと強いものだと思っていましたが、あまりにも惨い「現実」に相対するとどかでそれを避けるか、あるいは否定しようとするのでしょうか。

 ようやく全体の被害状況とそれに対応するはずの救援状況が見え始めてきました。結論は被災現場と避難現場が求めていることにはほとんど応じ切れていないということのようです。テレビやラジオも「現地」レポートを伝えては居ますが、何をどうしたらいいか、避難場に居る人たちに応えるには見ている人たちがしっかりとわかるようなメッセージを伝えていないのではないかと、思わざるを得ません。傍観者もしくはドキュメンタリーを見ている観客に仕立てているだけのような気がします。

 確かに「原発」は恐いですし、より多くの人の関心事であること(とりわけ東京に住んでいる圧倒的数の「国民」)はわかりますが、今、もっとも大事なことは救援の手をさしのべれば助かるかもしれない多くの被災者・避難場に居る人たちに役に立つ情報ではないでしょうか。そうだとすると、繰り返し繰り返し津波の映像や被災の状況を映し出すこと、あるいは避難場にいる人に同じことを言わせるだけではだめではないかと思うわけです。その点では下記の「世に倦む日日」の意見に賛成です。

...
By Morikawa on 2011/03/13 10:50

 「今日の花」は、アーモンド、花言葉は「希望」「真心の愛」「無分別」「愚かさ」「永久の優しさ」だそうです。

 アーモンドの花と言えばシチリアで遠くにピンク色の、まるで桜が咲いているように見えました。それは1981年3月初め、イタリア滞在1年を終えて帰国直前のシチリア一周の旅の途中のできごとでしたが、望郷の念に襲われたのを覚えています。30年前のことでした。

By Morikawa on 2011/03/12 5:34

 この「非常事態」に今こそ一人がひとりが被災者の救済と被災地の復興のために政府に働きかけませんか。国務省日本部長の「メア暴言」に「謝罪」したアメリカ政府は少なくとも「(アメリカ軍への)思いやり予算」を日本国民の被災者救済と被災地復興のために使用するというのは断れないはずでしょう。

By Morikawa on 2011/03/11 9:20
 昨日書きましたが、あらためて日本プロサッカー選手会(JPFA・藤田俊哉会長)が9日に発表した「声明文」を紹介します。これは2011年2月28日の「臨時総会」で「決議」され、一般社団法人から労働組合へ移行することを賛成多数で承認されたものです。

 大きくは4項目に要約されますが、とくに「①労働組合化について」の中でこれまで「労使協調路線」とってきたが、この段階でなぜ「労働組合化」したのか、また「日本サッカー界の未来のために、合法的にJFA、Jリーグとしっかり協議をしていくことが望ましい」という意見が多数を占めたことを述べています。

 おそらくこの「声明文」は日本のサッカー界のみならず日本のスポーツ界にとっても歴史的な「文書」となる意義深いもんではないかと思いますので以下にコピーを貼り付けて保存したいと思います。

当会の労働組合化及び当会からの要望について...
By Morikawa on 2011/03/10 10:41

 「今日の花」はアネモネ、「花言葉」は、「はかない恋」「恋の苦しみ」「薄れゆく希望」「清純無垢」「無邪気」「辛抱」待望」「期待」「可能性」、また
(赤)「君を愛す」
(白)「真実」「真心」
(紫)「あなたを信じて待つ」

だそうです。

 結構、晴れやかというか、そういえば今日は元勤めたいたところの「卒業式」ですね。社会体育学科の卒業生にお祝いの「電報」を打ちましたが、無事にかれらのところに届くといいのですがーーーーーー。

By Morikawa on 2011/03/08 23:51

 昨日は市ヶ谷・アルカディアで佐藤一子さんの労作『イタリア学習社会の歴史像 社会連帯にねざす生涯学習の協働』(東京大学出版会、2010年12月刊)の出版記念パーティに出席しました。

 前々から「骨太」の研究者像を感じていましたが、この著作で一段とその感を深めました。あの藤岡貞彦さん(一橋大学名誉教授)をして「大河」のような作品と評価せしめたんですから(これはいずれ『UP』誌に書評として掲載されるますので発行された時に中身は紹介します)。

By Morikawa on 2011/03/06 0:20

 昨日から分科会が始まりました。今年からスポーツ・文化、青年大会の分科会は無くなり、新たに「地域活動の意義」という分科会の助言者へ転向ということになりました。北は北海道から南は沖縄まで参加者は8名+司会2名、それに私とたいへん賑やかです。

By Morikawa on 2011/03/04 21:10

 今日から始まった第56回全国青年問題研究集会(青研集会)基調講演は高知県馬路村の上治堂司村長による「青年集団が地域を活性化する」でした。

 人口1000人ちょっとの村が「ゆず香る杉と温泉のふるさと」として国内はおろか世界にまで知れ渡るようになったの「秘密」に少しふれた感じがします。

By Morikawa on 2011/03/02 10:54

 今日の花はアルメリア(はまかんざし・浜簪)、花言葉は「思いやり」「同情」「歓待」「可憐」「共感」「滞在」だそうです。

 今頃が見頃だそうですが、花屋さんに行かないと無いでしょうね。

 それにしても今朝の毎日新聞一面トップにまたも大相撲八百長問題、これじゃとてもじゃないが協会も底が見えないでしょう。事態はいっそう深刻さを増していきますね。

By Morikawa on 2011/03/01 17:00

 いよいよ今年度の最後、「弥生 三月」となりましたが、この言葉の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力で、これに対する異論は特にないそうです。他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあるそうです。

 昨晩は代官山のフランス料理のお店でO先生を囲みながらの「退職を祝う会」でした。最後にフランス人のシェフが顔を出してくれましたが、なんと「大阪万博」の時に来日してからずっと日本滞在だそうですから足かけ41年、料理はもちろんでしたが、日本語も十分に堪能です。

 O先生、18年間お疲れ様でした。今後は「主婦業」に専念されるそうですが、また美味しい珈琲を楽しませていただきたいですね。

By Morikawa on 2011/03/01 0:11

 昨晩は代官山にある「パッション」というフランス料理店、O先生の「退職祝い」ということでしたが、ご本人が照れ屋さんですので先ずはお料理を楽しむことに専心しました。

By Morikawa on 2011/02/27 8:25

 昨日の夕食は受験が終わったT父娘を中村屋に招いてディナーと洒落込みました。碌山の「女」がると思ったのですが、展覧会に貸出し中とかで昨日は「坑夫」でした。テーブルのすぐ横には碌山を慕っていた中村彝(つね)の作品が飾ってありました。

By Morikawa on 2011/02/24 22:43

 地元のユネスコ倶楽部つながりで「ピラティス」のインストラクターをしているという、E.Hさんに会いました。話している内に知り合いの名前が飛び出してきたりと、意外なつながりがおもしろいですね。写真は府中・MUGIにて

By Morikawa on 2011/02/24 5:35

 すでに一昨日の話になりましたが、北京体育大の李暁恵さん、甥の李華さん、それに友人たちが新宿・大小原に「見舞い」を兼ねて来てくれました。左の写真二人が持っている「品物」は「元気になるように」という漢方薬のお土産です。謝々。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004