市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2011/05/31 5:58

By Morikawa on 2011/05/31 5:52


Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE ...
By Morikawa on 2011/05/30 17:25

 今朝は雨の降るエヴォラのじょぷへきの中を市場見学のつもりがお休み、というわけで城壁の中の通りを散歩、子どもの公園を見つけました。

By Morikawa on 2011/05/29 23:37

 無事にリスボン到着(27日真夜中)、ホテルに着いたのはすでに日付が変わっていました(時差は8時間)。翌28日は市内を歩いて(1万8000歩)、どうにか地図が頭に入った感じ。

 公園のそばにハンドボールとテニスのコート、公園内にはあちこちにフイットネス用の器具などが配置されていました。70年代オア割ころの旧西ドイツで見たトリム運動(みんなのスポーツ?)用のコースと似ていました。

By Morikawa on 2011/05/27 9:40

 今成田空港、9時45分ですが、11時10分発のオーストリア航空でウイーン経由、リスボンへ向かいます。昨晩遅くにNECのノートPCをセットアップしてもらい、どうにか使えるようになりましたが、まだデータが新しいのでメールアドレスなども入力されていませんので是非送信してください。

 ウイーンで3時間待ち、時差が8時間でリスボンには夜11時近くになるはずです。向こうで更新しますが、日付は変わっていますね。

 ポルトガルはリスボンからスペイン国境まで内陸に入ります。ポルトガル便りをご期待ください。

By Morikawa on 2011/05/26 10:05
 昨日の記事でしたが、「5月技量審査場所」を終えて来場所向けて新番付が発表され、その中に幕下負け越しの二人が十両に昇進という(「負け越しても関取昇進…戦後初の珍番付」)のです。その中の一人にかつての教え子の垣添が居るので私の心境は微妙です。

 一度は小結までいった力士ですが、学生時代から体重は120キロ前後、小兵ではありますが、頭をおっつけての押しが「命」の土俵ぶりです。しかし相撲界では体が物を言うだけにどんどん番付は下がり、いつしか幕下まで落ちていたのですね。実は新聞に名前が載らなくなっていたのでてっきり引退したと思っていたのですが、先日の「72年組」の一人が武道学科の相撲出身でしたので幕下でやっていると教えてくれたというわけです。

 垣添も32歳となり引退してもおかしくはない歳ですが、まだ続けるつもりなんですね。おそらく年寄株を持っていないから辞めたくとも辞められないというのが本音かもしれません。でも元横綱貴乃花審判部長の「負け越し力士昇進「運つかんだ」貴乃花審判部長」という言葉に救われた思いです。

...
By Morikawa on 2011/05/25 16:29

 昨日は名古屋から戻ってきたKさんの「就職祝い」(?)に「72年組」の同期生の歓迎会、新宿・美禄亭で、二次会はいつものマリセリーノでした。

By Morikawa on 2011/05/23 9:08
 「5月技量審査場所」は横綱白鵬の7連覇となる優勝で千秋楽を終えた。これで7月の名古屋場所開催へと進めたい日本相撲協会の気持ちはわかりますが、果たしてすんなりと決まるかどうか。今日の毎日新聞は社説で「技量審査場所 力士の「心」の鍛錬を」と説いています。「原発安全神話」にひっかけて「社説」では以下のように書いています。

協会は「過去には八百長はなかった」との建前を即刻返上すべきだ。「八百長は起こりうる」という前提に立ち、危機感を持って対策を講じる必要がある。たと えが大げさすぎるかもしれないが、「安全神話」に寄りかかって最悪の事態への備えを怠った福島第1原発の教訓を共有すべきだ。

 なにをもって「みそぎ」とするか、そう単純ではありませんが、いずれにしても八百長の「犯人探し」よりも「八百長」をいかに根絶するか、それは八百長を生み出す現在の日本相撲協会の「構造的体質」の抜本的改革しかないと思われますが、そこに至らないのはなぜでしょうか?

...
By Morikawa on 2011/05/22 6:26

 世の中には不思議なことがあるものですね。電話をかけて連絡取ろうとした瞬間に本人が目の前に現れるなんて!驚きました。新宿・ともしびにてヤギさんこと、青柳常夫さんです。かつて「歌声喫茶」全盛期にアコーディオン伴奏で鳴らした人です。

By Morikawa on 2011/05/20 7:08

 18日の夜、千葉・市原(?)のすし善で大阪・池田高校時代の教え子たちとミニ「快気祝い」を兼ねて恒例の「無二の会」コンペ前夜祭を楽しみました。翌19日は「悪ガキ」のイタズラ(!?)で4時半に起こされて「オークヴィレッジ」周辺の早朝の散歩、関東平野は広いですね。

By Morikawa on 2011/05/18 9:20
 昨日は午前中は明治大学神田校舎で「スポーツ政策研究会」、現役記者・フリーライターなどに加えて若手とベテランジャーナリストの参加でした。話題は一昨日に民主党の「スポーツ基本法案」発表とその内容(自公案とのちがい?)をめぐって、さらに福島のJヴィレッジ問題、とくに東電が「地元説得」に動いた辺りのいきさつを、当時、福島支局勤務だったT記者にくわしく説明してもらいました。

 神保町にある旅行会社に寄ってパリのホテルの予約をしてもらい、一安心(パリの知人が今、日本に帰国中のため)。

 夕方は元同僚のM先生のお通夜に参列、大学に勤めた時から研究室がお隣でしたし、その後も個人的なつながりも深くいい酒飲み友達だったのでまことに残念至極、酔うと「満州里小唄」をうなってくれるまさに好漢、あまりにも早いお別れに哀悼の声も出ず、奥様にはただ頭を下げるのみでした。

 夜は神楽坂の社全協事務所で「社会教育基礎理論研究会」、こちらも若手諸君の小川利夫『教育福祉論の基本問題』(勁草書房)への取り組みにおつきあいしてもっぱら毎回出席しています。

 今朝は5時半起きで群馬大病院の「再診」を受けに来ています。夜にでも更新できればいいのですが。

By Morikawa on 2011/05/16 2:39

 今日の花は、イキシア、花言葉は「誇り高い」「秘めた恋」「団結してあたろう」だそうです。

 今の時期にぴったりですね。でもこのイキシアという花、初めて聞く名前です。検索してみるといろいろな色があるようです。

By Morikawa on 2011/05/14 0:11
 昨日の東日本大地震救済・復興支援をめざす「あしながスポーツ基金プロジェクト」(仮称)の立ち上げ準備会の「ニュース」はクラブネッツその他のMLで拡散されましたが、あっという間に全国各地のスポーツ」クラブから反応がありました。

 フットワークの軽さというか、この「連帯の絆」の強さというのか、スポーツ独特ですね。このいきおいを借りてどんどん「連帯の輪」が広がることを願っています。「取り組み」の骨子などはクラブネッツのHPにまもなくアップされると思いますので少々お待ちください。

 ひとつだけ気になるのは東北3県を中心にしてスポーツ・クラブの被害状況(とくに、会員と子どもたち、スポーツ施設等々)が集約されているのかどうか、昨日の資料では宮城・青森県内の「調査結果」(暫定)が提示されていましたが、やはり実態把握とまではいきません。各県の広域スポーツセンターあるいはスポーツ・アドバイザーなどを通して調査が実施されるのを待つのではなく個々のクラブ関係者で気づかれたところから情報をクラブネッツなり全国地域スポーツクラブ協議会(?)なりに情報を集中させる必要があるように思いますが、いかがでしょうか。

...
By Morikawa on 2011/05/13 0:57

 昨夕、早稲田大学26号館701教室で行われた「東日本大地震復旧支援プロジェクト」(仮称)のための会議に出ました。そこにはなんと南相馬市のEさんがちゃんとにらみをきかして出席されていました(現場の声もろくに聞かないで勝手に決められてても地元では受け入れられないから!)。

 

By Morikawa on 2011/05/11 12:43
 雨の中を忍野から降りてきました。午後から地元府中近辺の友人たちが「慰労会」を兼ねて「つどい」を設定してくれているからです。

 さて、久しぶりに「しんぶん赤旗」を開いたらすでに「日記」でどこかが調査して書いて欲しいと期待していた記事が出ていました。題して「原発事故とJヴィレッジーー戻れぬ”聖地”」(上・下、5月10、11日付、スポーツ面)です。とくに今日の(下)には「原子炉増設の見返りに」という見出しで1994年8月22日からの東電による「環境影響調査の県への申し入れ」に始まる「抱き込み策」が紹介されています。

 「赤旗」以外の全国紙をふくめた一般紙がいつ書くか注目していましたが、やはり出ませんね。夜に時間ができれば書き込みたいと思います。

 



...
By Morikawa on 2011/05/10 10:01

 今朝の富士は天気予報の午後から雨というのに姿を見せています。実は昨日の夜に忍野に入り、午前中にTさんと会って沼津へ向かいます。M大のK先生の肝いりですが、沼津駅近くで会食です。

By Morikawa on 2011/05/08 7:35
 昨日は午後からスポーツ社会学会研究委員会主催の研究会(上智大学渡辺久哲教授の「テレビが伝えた人気競技ーー『面白さ』をどうみせるか」)でTBS系のJNNデータバンクによる「テレビ視聴によるスポーツ調査結果」が収穫でした。読売新聞の「見るスポーツ」調査(毎年3月初旬に発表)とちがって13歳から69歳までの「調査結果」というのがミソですか。

 夕方に渋谷に出て井上ひさしの「たいこどんどん」(蜷川幸雄演出)を目一杯楽しみました。ストーリーの展開と言葉の回転(おまけに東北弁?)の速さに着いていくのがたいへんなくらいでしたが、役者さんの芸達者はさすがです。ひとりだけずいぶん背の高い女優さんが居ると思ったらなんとバレーボールの金メダリスト・大林素子さんでした。

 彼女のブログ「モトコレ」で確認、これは蜷川さんの「遊び」なんでしょうか。

...
By Morikawa on 2011/05/06 10:39

 今日の花は、ニオイアラセイトウ,においあらせいとう(初めてです!)、花言葉は「愛情の絆」「逆境にも変わらない愛」だそうです。

 忍野の「遅い春」を演出しているレンゲツツジも山吹も今が盛りですが、まもなく散り始めると思いますので1枚添えておきます。先日の黄色の花をつけていたのはレンギョウでした。

By Morikawa on 2011/05/05 8:51

 今朝の散歩で「鱒の家」の石垣が取り除かれて庭からの眺めが見やすくなっているのに驚きました。水車も回っていました。

By Morikawa on 2011/05/03 22:22

 今朝の富士山は夜来の雨に洗われたようにすっきりとした姿をみせていました。朝の散歩を兼ねた新聞買いの帰りに桂川沿いの道で。

 忍野の「遅い春」のせいでしょうか、レンゲツツジもラッパ水仙も今が盛りと咲いています。

By Morikawa on 2011/05/03 11:11

 3月の富士宮周辺の地震の影響を心配して忍野に来たのですが、やはり本棚から本が崩れ落ちて私の「書斎部屋」は散乱状態、しばし呆然でしたが、気を取り直して一応自分の寝るところは確保しました。

 今朝は早起きして散歩、中国からの黄砂のせいか、富士山もまだら模様、珍しいのでアップします。忍野は「遅い春」、富士桜も満開ですね。下の写真がグラウンド前からのものです。

By Morikawa on 2011/05/01 18:47

 今日から五月ですね。メーデーといえば高校教員時代にはいわゆる「動員」で出かけていたのを思い出します。あの頃は「労働者の祭典」にふさわしい雰囲気と、一方で服部緑地などでのレクリエーションを兼ねた楽しさとがうまく同居していたような気がしますが、もしかして古き良き時代の「回想」かもしれません。

 今日の花は、プリムラ(西洋サクラソウ)です。花言葉は、(オブコニカ)「富貴」、(野生の西洋桜草)「少年時代」「青春」、(ポリアンサ)「可憐」「神秘な心」「うぬぼれ」、(マラコイデス)「素朴」「勝者の寛容」「初恋」、(シネンシス)「永遠の愛」、(ジュリアン)「青春の喜びと悲しみ」、(オーリキュラ)「貪欲」だそうです。

By Morikawa on 2011/04/30 10:49
 昨日のテレビで「小佐古・内閣官房参与 辞任」のニュースが流れていたのですが、NHK「かぶん」ブログで小佐古氏の「声明」が全文出ていましたので少し長くなりますがしばらくすると消えて行くかも知れないので全文引用しておきます。

---------------------------------------------------------------------

平成23年4月29日

内閣官房参与の辞任にあたって (辞意表明)

                                         内閣官房参与

小佐古敏荘

  平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災 害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月...
By Morikawa on 2011/04/28 0:18

 今日の花は、ニホンサクラソウ,にほんさくらそう(日本桜草)、花言葉は「初恋」「純潔」だそうです。

 西洋サクラソウ(プリムラ)とは一応区別しています。こちらの花言葉は、(オブコニカ)「富貴」(野生の西洋桜草)「少年時代」「青春」(ポリアンサ)「可憐」「神秘な心」「うぬぼれ」(マラコイデス)「素朴」「勝者の寛容」「初恋」(シネンシス)「永遠の愛」(ジュリアン)「青春の喜びと悲しみ」(オーリキュラ)「貪欲」といったように「ニホンサクラソウ」とはかなりちがっています。

By Morikawa on 2011/04/27 9:01

田中好子さんの「別れの言葉」(テープの声はこちら)を聴いて涙が出てきてました。今朝の朝日新聞コラム「天声人語」、読売新聞の「編集手帳」いずれも田中好子さんの死にふれて「天国で、被災された方のお役に立ちたい」という言葉を引用しています。

 最後の最後にこのような言葉を語ることのできる人ってやはり凄い!と思います。確かに「感動した」ではすまない、「打ちのめされた」という「編集手帳」子の「心境」です。

By Morikawa on 2011/04/26 9:52
 まもなくゴールデンウイーク、とくれば「こどもの日」が来ますね。今朝の東京新聞社説「学校と放射能 神経を研ぎ澄ませよ」に「子どもが学校に通っても大丈夫か。運動場を走り回っても心配ないか。原発事故が起きてから親や先生はずっと気をもんでいる」「基準値以上の学校では校庭での活動を一日一時間くらいにとどめ、手や顔を洗い、うがいをするよう求めている。小さな子は砂場で遊ばないよう注意を促している。放課後も外出を控えたい」とありました。

 胸が痛みます。遊び盛りの子に「遊びや運動の制限」ってこれなに?という感じですが、「子どもの権利条約」(1989年国連採択、日本は1994年に批准)を持ち出すまでもなく発育・発達期にある子どもたちには遊び・運動をふくめて「最善の利益」を提供することが大人の義務であり責任だと思います。

...
By Morikawa on 2011/04/24 23:03
 今日の「河北新報」ニュースは以下の記事を載せています。

2016年の岩手国体見送りへ 県、震災復興に集中 岩手県が、2016年に予定していた岩手国体の開催を見送る方針を固めたことが24日分かった。東日本大震災の復興に、人員と予算を集中させるため。 今後、県体育協会や市町村と詳細を協議するが、県体協には6月末が期限となる日本体協への開催申請の見送りを求める。 県は、11年度一般会計予算に計上した開催準備費7400万円や、選手強化費1億8400万円を復興費用に充てる方針。開催準備を進めてきた県国体推進課の職員18人も半減し、復興関連の部署に配置する。 岩手国体は07年9月に内々定。08年以降、準備委員会が基本構想の策定や会場地選定などを進めていた。

2011年04月24日日曜日(河北新報)

 これは「共同通信」の「配信」(4月24日19時5分)記事と同じだし、その他「産経ニュース」「さきがけ」などもまったく同一記事ですのでやはり出所は「共同通信」ということでしょうか。確かにスポーツは「衣食住」などのスポーツの土台があってはじめて存在しうるわけですから、残念ながら「緊急事態」の状況ではやむを得ないと言えます。

...
By Morikawa on 2011/04/22 11:11

 今日の花は、ツツジ,つつじ(躑躅)、花言葉は「自制心」「節制」(赤)「恋の喜び」(白)「初恋」(ヤマツツジ)「燃える思い」だそうです。

 もうずいぶん前ですが、北海道の北見に講演に行った時です。5月の連休明けであったか、すでに散り始めていたのですが、北見市留辺蘂町温根湯温泉にあるエゾムラサキツツジの群落(北海道天然記念物に指定)はみごとでした。

By Morikawa on 2011/04/21 7:19

 今日の花は、ミヤコワスレ,みやこわすれ(都忘れ)、花言葉は「しばしの憩い」「別れ」「短い恋」だそうです。

By Morikawa on 2011/04/19 23:08

 今日は好漢・N氏の学長再任祝いにY先輩と私は特別に参加させてもらいました。新宿・美禄亭には彼の同期生仲間が集合、多士済々のメンバーですが、Nテレビに居たサッカーのSK氏はじめ世話役をやったM氏、体育系出版社で活躍したST氏他の男性群、加えて3人の女性軍も学生時代の面影が残っており、幡ヶ谷時代にタイムスリップした錯覚に陥りました。仲の良い同期生たちで毎年旅行に出かけているようですが、昨年は「風の盆」の越中おわらに出かけたとか、羨ましい限りです。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004