市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2011/08/30 14:39

 右の写真は昨日の午後のものですが、まさに残暑という雰囲気でした。夏も今日でお終い、明日からの行く秋を楽しみたいものです。

 すじ雲は秋の象徴でしょうか、忍野にはすでにススキが穂をつけ萩も花が開いています。

By Morikawa on 2011/08/30 0:25

 今日の花は、カヤツリグサ,かやつりぐさ(蚊帳釣り草)、花言葉は「伝統」「歴史」だそうです。

 しかし私にとっての「かやつりぐさ」はなんといっても笠木透の「わが大地の歌」3番の歌詞です。  

 かるかや かやつり草 積乱雲 からすうり 月見草 風渡る草原
 この土に 私の すべてがある
 この国に 私の 今がある 

 いくたびか春をむかえ いくたびか夏をすごし

 いくたびか秋をむかえ いくたびか冬をすごし

 

 どんな草かと思ったらいつもどこかで見たことのありそうな草ですね。

By Morikawa on 2011/08/27 7:27

今日の花は、ホウセンカ,ほうせんか(鳳仙花)、花言葉は「快活」「私に触れないで」「せっかち」だそうです。 

「せっかち」なんて言われるとなんだか自分のことを指しているようです。

By Morikawa on 2011/08/26 1:16

 今日の花は、ムクゲ,むくげ(木槿)、花言葉は「尊敬」「柔和」「信念」「デリケートな美」 だそうです。しかし私は韓国の「国花」としての方が実感が湧きます。朝鮮語では무궁화無窮花; ムグンファ、永久の花)というそうですが、その由来は花が次々に咲き、花期が長いためと思われます。

 個人的にはピンクかかったのよりも白い方が好きですね。しかしなぜか検索をかけると韓国料理店が次々に出てきて閉口しました。日本だけでなく韓国内でも同様のようです。可憐な感じがするからでしょうか。

By Morikawa on 2011/08/24 0:40

 昨日の帰り際、河口湖畔にある「ブリキのおもちゃ館」(北原ミュージアム?)ではChiもご機嫌でした。

By Morikawa on 2011/08/23 3:02

   今日の花は、ボダイジュ,ぼだいじゅ(菩提樹)、花言葉は
「熱愛」「夫婦の愛」(花)「結婚」「情熱の恋」だそうです。

 昨日は雨の中を朝早くに忍野からいったん府中へ戻り、車の点検その他で半日費やし、日本青年団協議会の取材を受けるために神宮・日本青年館へ、その後、すぐに霞ヶ関ビル35階で「スポーツ基本法」成立の「打ち上げ会」に出席しました。

By Morikawa on 2011/08/21 8:32

 今日の花は、サギソウ,さぎそう(鷺草)、花言葉は「繊細」「清純」「無垢」「しんの強さ」「神秘」「夢でもあなたを想う」「発展」だそうです。

 

By Morikawa on 2011/08/20 17:23

 今日の花は、センニチコウ,せんにちこう(千日紅)、ストロベリーフィールド、花言葉は「変わらぬ愛」「不朽」「変わらない愛情を永遠に」(ストロベリーフィールド)「永遠の恋」だそうです。

 

By Morikawa on 2011/08/18 9:42

 写真は昨夕の富士、どうやら「明日は晴れそうだ」と一安心したのは、今日は筋ジストロフィの「しんちゃん」が家族とボランティアさんでこちらに見えるからです。

 しんちゃんは「富士に行く」とここ数週間、施設の中で会う人ごとに言っていたというのです。かれの喜びようが手に取るようです。それでどうしても今日こそはしんちゃんのために晴れて欲しいと願っていたのです。

 今朝も晴れていました。良かった!まもなくしんちゃんの到着時間です。更新は夜になります。

By Morikawa on 2011/08/16 13:30

今日のトップニュースに双葉あき子さん(96歳)の訃報、彼女が広島出身だとはついうっかり記憶から消えていました。

 「フランチェスカの鐘」は彼女にとっての「ヒロシマ」への鎮魂歌であったことはまちがいないでしょう。早速ウキペディアには彼女のことがくわしくアップされていました。

By Morikawa on 2011/08/15 8:26

 一昨日、昨日と頭を隠したり、霞んでいた富士山が今朝はくっきりと見えます。今日もきっと27度を越すのでしょうが、贅沢は言えません。

 今日は66年目の「敗戦」(終戦ではありません)記念日です。アジアの国よっては「解放記念日」ですね。被害者意識と同時に「加害者意識」(日本はアジアの国々を侵略していたという「事実」に目を背けてはいては真の友好・親善は不可能ですし、アジアの国々からの信頼を得ることはできないでしょう。そのことをあらためて心に深く留めて今日の「更新」を考えたいと思いますのでしばらく猶予を。

By Morikawa on 2011/08/14 11:18

 赤城山を登っていく道の途中にある「忠治館」(という温泉旅館です。全体が黒を基調として落着いた雰囲気があり、食事も地元産の食材を使ったものですが、美味しくいただきました。露天風呂もあります。

By Morikawa on 2011/08/14 11:18
 12日は群馬大病院で診察(重粒子線外来)、血液検査と尿検査を終えて主治医と面接、11月に満1年の総合検査を2日間かけて(転移していないかどうかもふくめて)するとのこと、正午に病院会議室で「友の会(患者会)」立ち上げの有志打ち合わせ会、総勢12名出席、それぞれに経過と現在の病状などの情報交換、これだけでもかなり質問などが出て2時間近くかかりました。

 秋には「設立総会」を開催しようということで衆議一決、その後、「天壇」で昼食、その内6名で「忠治館」での懇親会に参加、もっぱら重粒子線治療中は6階病棟ではしょっちゅう出歩いていたのが重粒子線組だそうでその「評判」で今はみなさん近くのホテルからの通院治療だそうです。

 患者らしからぬ患者ということでほとんどの人が「重粒子線治療を受けてよかった」ということで。とくに若い世代の人たちに伝えていこうということで「会」の方針にもそれを盛り込むことになりました。自分のことだけでなく若い人が高額治療費捻出にこまらないように「先進治療」を受け入れる保険や、その前払い制度などを保険会社にも交渉を進めていこうなどという積極的な意見も出ました。

...
By Morikawa on 2011/08/12 9:32

被災地救援のために「たまりばユネスコ倶楽部」も大槌町へ入ります。先発隊は28日から、すでに会員で夫が大槌町出身のMさんはすでに毎月のように現地へ入り、次回は「菜の花プロジェクト」に8名送ります。

By Morikawa on 2011/08/09 9:46

 昨日は雷鳴の中を忍野に戻りました。今朝は打って変わって富士山も顔を出しています。夜はソウルからのお客さんを迎えてバーベキュウを予定していますが、どうか晴れていますように。

By Morikawa on 2011/08/08 7:22

 母の「初盆」法要が行われた広島・三原・双照院、暑いヒロシマを象徴する空でした。

By Morikawa on 2011/08/06 21:55

 今日の花は、当然のことながら「広島市の花」=(キョウチクトウ)です。「75年間草木も生えないといわれた焦土にいち早く咲いた花で、当時復興に懸命の努力をしていた市民に希望と力を与えてくれました。
開花は夏で特に8月6日の平和記念日のころに花の盛りを迎え、咲き競う美しさはひとしお感慨を新たにさせます。 」

 歌に「夾竹桃のうた」というのがありましたね。

たしか「夏に咲く花 夾竹桃」で始まりました。

 

「今日の花」のHPに「生命力も強いことから、 戦後、復興に向けて立ち上がった広島の各地に植えられたそうな。 見事期待に応え、 キョウチクトウは花開きました。 その後、昭和48年に市民投票によって「市の花」に制定、 変わらぬ「たくましい美しさ」で、 平和への祈りと核廃絶の願いのシンボルとなっています。 ヒロシマ・ナガサキ、 そして「フクシマ」と、 核の脅威が市民生活を破壊した地が、またひとつ増えてしまった今夏、 この国、さらには人類の進む方向性をも、 真摯に思いを馳せる時がやってきたのかも、しれません。 照り映えるキョウチクトウの鮮やかさに、 一時、目を留めるだけでも何かが変わる気がします。 」 Read More »

By Morikawa on 2011/08/04 7:15
 昨夕遅くに学会誌『スポーツ社会学研究』用「報告原稿」をどうにか書き上げましたが、疲れているはずなのに眠れずすっきりしない頭で更新しています。お許しください。

 リンクを貼っている加藤哲郎さんの「ネチズン・カレッジ」最新(8月1日付)で表題のように「警告」しています。いままさに私たちの「日常」には「非日常」がどんどん入り込んでいながら、私たちはそれに慣れきって抗議することも怒ることも忘れさせられていませんか。

 加藤さんは次のように書いています。

 県や福島県の豪雨で、また大きな被害が出ています。大きな地震も続きます。台風も近づいています。もう震度5くらいでは驚かなくなった、「非日常の日常化」に、 唖然とします。福島や北関東の放射能、野菜から牛肉に広がった汚染食品にこそ、「非日常の日常化」の広がりがあります。つぎに卵や魚から放射性物質が検出 されても、政府の「直接健康には心配がない」との説明には半信半疑でも、私たちは「非日常の日常化」を甘受し、今までの生活を続けることになるのでしょう...
By Morikawa on 2011/08/02 20:57
 こういうときにはどうしたらいいのでしょうか?不意打ちを食らった感じです。もしかしてと思っていた矢先だったのにいざそうだったという「報せ」にあわてふためいている自分に驚いています。

 私の在職中、最初の政府留学生として受け入れたS君だったのですが、もう長いつきあいになりました。最初は奥さんとお嬢さんも一緒に来日して日本での生活をはじめて以来、すっかり日本語も上手になり、奥さんも日本語を使った仕事をされて彼の勉学をしっかりと支えておられたのです。

 やっとこれから彼の仕事も軌道に乗るという、そういう幸せな時をようやく持てる希望が出はじめた矢先なのに神様は惨いことをするするものですね。彼には今はどんな慰みの言葉も通じないでしょう。

 日本と韓国の架け橋になってこれまでいろいろなことをしてくれているS君です。学会レベルだけではなく「ニュースポーツ」の普及や生活体育・生涯スポーツの分野でもしっかりと両国の橋渡しと絆をつくって活躍していたのでしばらく彼が落着くまではじっと我慢して待っているしかないのでしょうね、きっと。

 今朝早くに忍野に戻ってこの「ニュース」ですから仕事が手に付きません。我ながら情けない状態です。教え子のことでこんなになるとは夢にも思いませんでした。今はただただ冥福を祈るのみです。合掌。

...
By Morikawa on 2011/08/01 8:40
 被災地南相馬市の「はらまちクラブ」の応援団紙「めぐりあい」最新号です。バレーボールのヨーコ・ゼッターランドさんんもメッセージを寄せています。

 発行人のEさん自身は被災4カ月にしてある種の「迷い」に入っている感じです。以下はメール本文にあった「本音」部分です(ごめんなさい!)。    残るも不安、避難しても不安な4か月も経過し、

 もう五カ月にもなろうとしています。

 藁の摂取で“南相馬の牛”が発端となり、牛肉の問題になっておりますが、

 その牛は我が家の行政区内にあります。

 ホットスポットも小学校学区内にあり、ますます惑っております。

 途轍もない津波に泣き、今度は超豪雨。

 自然は非情なまでに目を剝き、本当に怖いですね。



そうは居いつもこうして「元気になる」応援紙を発行し続けるのですから、やはりすごい人です!

...
By Morikawa on 2011/07/30 6:45

今日の花は、ニチニチソウ,にちにちそう(日日草)、花言葉は
「楽しい思い出」「友情」「楽しい追憶」だそうです。

By Morikawa on 2011/07/29 14:00

 今日の花は、サボテン,さぼてん(仙人掌)、花言葉は「熱情」「偉大」「内気」「暖かい心」「風刺」「枯れない愛」だそうです。

 

By Morikawa on 2011/07/28 14:28

 安比高原グランドホテル全景。

天気が悪くて残念でしたが、高原のさわやかさと涼しさは満喫できました。

 被災地との落差に戸惑います。

 昨日、一昨日と考えることは、震災地の復旧・復興はとても住民や地域、市町村レベルで手に負えるような状況ではないように思えます。

 もっと強力な力が加わらないと10年という単位では追いつかない気がします。ですから支援活動も息長く継続できるスタイルに変えて対応して必要があるような気がしますが、現地を訪れた方、どのように感じておられるでしょうか?ご意見をお寄せください。

By Morikawa on 2011/07/27 20:57

 岩手・釜石港付近の様子です。

 

By Morikawa on 2011/07/26 6:27

 今日の花は、ヒャクニチソウ,ひゃくにちそう(百日草)、花言葉は「不在の友を思う」「友への思い」「絆」「幸福」だそうです。

 

By Morikawa on 2011/07/25 7:06

 仙台を10:02に出て船岡で下車、無事仙台大学に到着、玄関前で管理棟から垂れ下がっている垂れ幕の「がんばろう東日本」が目を引きました。

By Morikawa on 2011/07/24 8:33

「今日の花」はエンレイソウ,えんれいそう(延齢草)、花言葉は「奥ゆかしい美しさ」「落ち着いた美しさ」だそうです。

 実は富士山の麓・忍野には唐松林の中にこのエンレイソウが5月頃花開くのですが、内緒にしています。せっかくの群生地ですから。わが家の花は白です。

By Morikawa on 2011/07/23 6:56

 昨日の「日記」の末尾に「宣言」を貼り付けたはずでしたが、画面に出ませんので再度本文の所にコピーしておきました。

By Morikawa on 2011/07/22 7:26
 お約束の「JOC/日体協創立100周年記念シンポジウム」の最後に会場で満場一致採択された「スポーツ宣言日本」をリンクで紹介します.。

 今朝の毎日新聞10面オピニオン・論点で「20年夏季五輪東京立候補」で猪谷千春(IOC委員)、笠原一也(JOA会長)、小笠原博毅(神戸大)の3氏がそれぞれ意見を開陳していますが、前の二人は賛成派、反対意見は小笠原氏だけのようです。

 同じく毎日の「発信箱」欄に福本容子さん(論説室)が「女子とサッカー」で書いています。

 

Normal 0 0 2 false false false MicrosoftInternetExplorer4...
By Morikawa on 2011/07/21 8:17

 全国紙にはない記事ですが、「年収300万円」生活の沢選手のある一面がスポーツ紙に出ていました。「なでしこ沢がほぼ毎日通う神戸の商店街」(日刊スポーツ、7月19日付)で「今の環境なら食費1ヶ月3万円で抑えられますよ」という沢選手の「声」は、「決して金銭的に恵まれているとは言えない女子サッカー界」の現状を示していませんか?

 


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004