市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2011/09/29 1:35
 「2020年東京オリンピック招致」運動に早々と「全面的に賛成」した人が居る。それは「スポーツライター」の玉木正之氏である(毎日新聞スポーツ欄、9月24日付、「時評点描」)。

 しかし賛成なる「理由」が滅茶苦茶である。一つは「都民から広範な支持を得るため、ジャイアンツやスワローズやFC東京のプロチームも招致活動に巻き込み、それをきっかけにスポーツクラブのあり方を考え直したいから」だという。しかもその「理由」がふるっている。「単なる興業だけのプロチームから市民も参加できるヨーロッパ型のスポーツクラブへ、五輪招致を契機に変身できないまでも、考えるきっかけにしたい」のだという。「もうひとつの理由は福島第1原発の情報の完全開示だ」というのだが、それは「東京五輪招致となれば、福島原発が『平和に収まった』ことを証拠やデータとともに世界に向かって開示し、スポーツができる状態だと世界から認められねばならない」。

 これは本末転倒、「理由」ではなく、その「結果」が明らかになる時に「招致活動」が可能になるのであって順序があべこべである。だから最後に「だから東京で五輪ができる状況にないなら仕方がないが、できる状況なら招致運動に頑張ってみませんか?」と、トーンダウンというか、「今回も賛否両論あるだろうが、私は招致に全面的に賛成だ」と名乗れば東京都あるいはJOC筋からお声がかかってくるにちがいないという「読み」が彼にはきっとあるのではないかと想像させてくれる。

...
By Morikawa on 2011/09/28 12:26

今日の花は、ダンギク,だんぎく(段菊)、花言葉は「忘れ得ぬ思い」「悩み」だそうです。

今日が私の72歳の誕生日です。いろいろな方から思いがけずメールで「お祝い」をいただきました。ネット社会の「つながり」の証ではないかと思いますが、72歳となると「後○○年」と宣告されているようで若干侘びしくて辛いものを感じたりして気持ちに揺れるものがあります。ですからお一人おひとりにお礼は出しません。お許しください。

By Morikawa on 2011/09/27 9:10

 東京より暑いと思っていた鹿屋ですが、少し肌寒く上着が必要な感じでしたが、今日は雨も上がり青空も見え始めています。

 

By Morikawa on 2011/09/26 9:08

 昨日は朝5時過ぎに家を出て羽田へ、鹿児島からはバスでなんと100分、さらにタクシーで鹿屋体育大学に到着したのは11時過ぎ、第62回日本体育学会大会への参加です。

 午前中は体育史、午後は体育経営管理専門分科会の会場に出ました。その場に居るとつい質問をしたくなるという「癖」が出ますね。余計なことをするなと言われそうですが、時に聞いていて腹が立つ発表があったりするからですかね。物言わざるはなんとかという奴でしょうか、でもこれで議論が深まればという願いはいつも持っています。

 最後は産学提携のシンポジウムでしたが、ミズノ、アダィダス、ゴールドウインの3社にイギリスからHill教授、ここでも「きれいごと」のような気がして38年間体育系大学でのスポーツビジネス向け人材の難しさの「実感」をぶつけてみました。反応はイマイチですか?

 経営管理のところでは演者3人ともが「新しい公共」への疑問、新自由主義的改革について批判的(?)にとらえていたのに驚きました。問題はそれを地域レベルでのクラブ間の「連携・協働」で何を対抗軸にして実践するか、その具体的なイメージです。さしずめ8月末に出版された『文部科学白書2010』に出ているスポーツ施設の「2万件の減少」に対して地域レベルで「公共スポーツ施設を増やせ」という要求で「連携・協働」ができるかどうか、その方向でやる気があるかどうかがリトマス試験紙みたいなものでしょう。

 今日の午後に学会本部企画のシンポジウム「日本体育学会の中・長期戦略ーー政策提言に向けた学会の構造改革ーー

By Morikawa on 2011/09/24 7:15
 言い訳がましいのですが、台風25号の後始末と締め切り間際の原稿書き、途中に大先輩の訃報などが入り、大幅に予定が狂ってしまいました。

 N先輩の訃報はまさに締め切り直前の、最後の「仕上げ」最中に入ったために、しかもお通夜が内房線の某液からさらにバスでというのでラッシュ覚悟で車で行ってきました。

 1961年と言えば大学4年でしたが、当時はM先輩にK先輩(共に研究室OB)が勤めていた文部省体育課で私達(ゼミ)はアルバイトをしていました。というのはスポーツ振興法の国会審議に事前に議員の質問内容が告知されるようでその回答用の資料づくりにわれわれが「動員」されたというわけです。あれから50年、そしてスポーツ基本法がこの6月に制定されました。

 したがってM先輩とは以来50年にわたるおつきあいをさせていただいたことになります。これも何かの縁でしょうか。思い出すこてゃいろいろありますが、M先輩は文部省の後は私の郷里の大学に転勤、ですから帰省のたびに会いに行ったことを覚えています。

 5年前の弘前大学での体育学会大会の時は台風が来るという荒れ天候の中を珍しく酸ケ湯温泉にご一緒しました。しかも教え子(?)だか同僚だか、某大学のダンス専門のMさん、それに体育社会学の仲間も一緒でしたのでその日の宴会(?)は盛り上がり、M先輩もたいそうご機嫌でした。帰りは東京まで戻って神田の蕎麦屋(高田屋?)でも飲んだのを覚えています。

...
By Morikawa on 2011/09/21 14:49
 今朝は6時過ぎに家を出て前橋へ、月1の「定期検診」とホルモ注射を打ってもらうためです。血液検査も泌尿器科も皮膚科もそして外来化学検査室でホルモン注射を接種、10時過ぎに終わりました。台風接近のニュースをラジオで聴きながら関越・圏央道・中央道を通って無事、調布IC出口、ここまで戻るとさすがに雨風強く、早くに出発してよかったという思いです。とりあえず今は「順調。来月もう一度検査、注射、そして11月に二日がかりで「総検査」となります。無事を祈るしかないでしょう。

 ところでネットを通じて次々に19日の「さようなら原発集会」と「1000万人署名」運動が広がっているのがわかります。大手マスコミが「無視」しようとしてもそれはもう不可能ですね。こうしたネット情報の中で山本太郎さんの後だったかに発言した福島の女性(「ハイロアクション福島」・武藤類 子さん)のスピーチが静かに感動を伝えています。以下にコピーをします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 みなさんこんにちは。福島から参りました。 今日は、福島県内から、また、避難先から何台ものバスを連ねて、たくさんの仲間と一緒に参りました。初めて集会やデモに参加する人もたくさんいます。...
By Morikawa on 2011/09/20 2:18
 昨日はお昼前に六本木にある新国立美術館に彫刻家のNさんの作品を見に行きましたが、ちょうど佐藤忠良さんの作品がありましたので1枚撮らせてもらいました。「少女」シリーズの一つでしょうか。

 その後すぐに神宮の明治公園に駆けつけましたが、もう会場は人人人人・・・・・・・・。ちょうど集会の開会直前だったようでうまく真ん中辺りに新聞紙をひいて座り込み、じっくりと「スピーチ」を聴くことができました。鎌田慧さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、ドイツからのゲスト、それに福島からも。山本太郎さんはトップ頁書いたとおりです。

 2時半頃にスタートして新宿駅南口先の公園で流れ解散まで1時間半以上はかかったでしょうか、あまりにもゆっくりだったせいか、もう足が重たくてどこかに座り込みたくなるくらに疲れましたね。途中、知り合いからも携帯に電話、あまりにも人が多くて会うこともままならない状態でした。

 帰ってからNHKの7時のニュースにどう映されるのかと待っていましたが完全に肩透かし、細野大臣の「冷温停止 年内達成め ざす」という発言を報道しただけです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110919/t10015696801000.html

...
By Morikawa on 2011/09/19 9:05
  ある新聞の「声」によれば次の11文字が「流行語」になっているそうな。

 「ホアンインゼンインアホ」(保安員全員阿呆)。

「上から読んでも下から読んでも同じ。11文字の流行語。子どもは真理をつかまえます。こわ~いこわい真理です」(鹿児島県薩摩川内市Kさん)

 いやあ恐れ入りました。子どもってやはりすごいですね!

 今日はこれから新国立美術館に行ってNさんの作品とご対面、その帰りに明治公園の「さようなら原発1000万人アクション さようなら原発 5万人集会」に参加してパレードにも加わるつもりです。流れ解散後、一杯飲りましょう。

 ご賛同の方、携帯に電話をください。

 

 それにしても今日の毎日新聞コラム「余録」は泣かせますね(例によって全文コピーしておきます)。

余録:日本人力士の優勝額  1枚の「額」に会いたくなり、大相撲秋場所が行われている東京・両国国技館に足を運んだ。館内の天井近くの四方には直近32場所の幕内優勝力士の...
By Morikawa on 2011/09/18 10:20

 今日の花は、アザミ,あざみ(薊)、花言葉は「独立」「厳格」「復讐」「満足」「触れないで」「安心」だそうです。

 しかし私には「アザミ」と言えば「あ ざ み の 歌」(作詩 横井 弘  作曲 八洲秀章 、昭和24年)ですね。

1 山には山の 愁いあり
海には海の 悲しみや
ましてこころの 花ぞのに
咲しあざみの 花ならば
2 高嶺の百合の それよりも
秘めたる夢を ひとすじに
くれない燃ゆる その姿
あざみに深き わが想い
3 いとしき花よ 汝はあざみ
こころの花よ 汝はあざみ
さだめの径は はてなくも
香れよせめて わが胸に

 倍賞千恵子さんのならこれです。http://www.youtube.com/watch?v=DW4upkF_aBY

By Morikawa on 2011/09/16 9:29

 律儀な聖子さんらしい「礼状」です。先日の「スポーツ基本法打ち上げ会」でご挨拶し、名刺交換をしたのですが、恐れ入ります。本文参照。

By Morikawa on 2011/09/14 8:35

 昨日は後で更新すると書きながら、原稿書きに追われて忘れていました。

By Morikawa on 2011/09/13 7:24

 今朝6時半の富士山です。

 昨日は都立多摩図書館(雑誌の収納がすごい!)で資料をコピーするなど、原稿(『まなぶ』)も送ったところで急な暑さのぶり返しにたまらず夕方、意を決して忍野へ脱出しました。

 まだ新聞を見ていないので後で本文は更新します。とりあえずは涼しさのお裾分け(?)です。蝉も鳴いています。

By Morikawa on 2011/09/11 12:50

 今日の花は、ブドウ,ぶどう(葡萄)、花言葉は「陶酔」「好意」「信頼」「思いやり」「親切」「慈善」「酔いと狂気」「人間愛」だそうです。

 ブドウの実はわかりますが、その花はほとんど見たことがありませんね。素敵な「花言葉」には恐れ入ります。

By Morikawa on 2011/09/10 23:50
 今朝は早くに浜町にある総合スポーツセンター地下の卓球室でさわいの会の「お母さん」ことMさんの米寿を祝う卓球大会に参加、ラリー競争では負けましたが、ダブルス戦で2勝、気持ちよく早稲田大学へ。

 こちらではスポーツ法学会の「詳解・スポーツ基本法」の編集委員会、昼を挟んで理事会と、それが3時過ぎまで続きました。

 昨日は鎌仲ひとみ監督作品「ミツバチの羽音と地球の回転」(祝島ースエーデンーエネルギーの未来を切り開く人々)の上映と鎌仲ひとみ監督の「トーク」(調布・たづくり)、その後の「祝島賛歌と平和のうたを!」(笠木透ライブコンサート)に出かけました。



...
By Morikawa on 2011/09/08 14:02
 今日の毎日新聞28頁1面を使って表記の「大相撲八百長報道」の一部始終がアップされています。まさに「大相撲の歴史を変える」大スクープ(「生々しいメール 動かぬ証拠」)と一連の関連報道が今年度の新聞協会賞に輝いたのです。

 協会賞の発表は昨日(7日)にあったようですが、その詳細は今朝の朝刊に出ています。今回はニュース部門」と「写真・映像部門」(3.11大津波襲来の瞬間)と、毎日新聞がダブル受賞だったことも驚きです。授賞理由について「大相撲のあり方についての国民的な議論につながり、国技の浄化にも貢献した」と、評価したそうです。

 この名誉ある賞をとった警視庁キャップの千代崎聖史記者の「手記」が出ていますが、その冒頭部分に先輩記者の「口癖」が紹介されています。

...
By Morikawa on 2011/09/07 8:45

 今日の花は、ススキ,すすき(薄,芒)、花言葉は「活力」「精力」「心が通じる」「隠退」だそうですが、漢字から受ける印象とはかなちがっていますね。

By Morikawa on 2011/09/06 17:35
 連日、「なでしこジャパン」関連で恐縮ですが、昨日の対オーストラリア戦で1対0で勝ち、勝点9でトップに立った訳ですから、残り2試合どれかで勝てばロンドン・オリンピック大会出場は決定します。あっさり次の試合で決めて欲しいものです。

 ますますマスコミの「報道」は「ジェンダー・バイアス」がかかってきますね。そのことを今日の「しんぶん赤旗」 の「学問・文化」欄で九州大学の山本教人さんが「サッカー日本女子代表とスポーツ報道」「伝統的な女性像に収まりきれない 人間としての結城・美しさ」と書いています。

 やたら「女性らしさ」を強調する報道が目立ちますが、「何よりも、チームに付与された『なでしこ』の名称そのものが、彼女たちの卓越したパフォーマンスを伝統的な女性イメージと矛盾なく結びつけるための試みとして理解できる」。佐々木監督の存在も「年長の男性によって支配される伝統的な家族制度の典型としてチームを捉えようとしている」と、山本さんは指摘しています。そして最後に「なでしこ」チームの活躍は「性別に関係なく、素直に『すばらしい』、『すごい』と感じることができる」と述べてマスコミ報道の枠に収まりきれない「人間としての勇気・美しさ」を賞賛しています。

...
By Morikawa on 2011/09/05 22:40

 今日の花は、レンゲショウマ,れんげしょうま(蓮華升麻)、花言葉は「伝統美」だそうです。

 今、東京・多摩の御岳山(みたけさん)に5万本の群生地があり、毎年夏には「レンゲショウマまつり」が開催されているようです。動画(ユーチューブあり。

 

By Morikawa on 2011/09/04 7:34

 朝6時頃に目が覚めてテレビでニュースを見ていたが台風12号の被害状況ばかりだったのでBSに替えるといきなりラロの「スペイン交響曲」、しかも指揮者が女性、検索すると、特選オーケストラ・ライブN響「夏」2011

 

【曲目】序 曲「ローマの謝肉祭」作品9(ベルリオーズ)、スペイン交響曲ニ短調作品21(ラロ)、交響曲第5番ハ短調作品67(ベートーベン)【出演】管弦 楽:NHK交響楽団、 バイオリン:樫本大進、指揮:スザンナ・マルッキ(2011年7月15日、東京・NHKホールにて収録)

 でした。ラロは2楽章からだったのですが、「運命」は全曲聴けました。得した気分です。アンコールはシベリウスの小品、

 

By Morikawa on 2011/09/03 8:12

 今日の花は、カラジウム(カラジューム)、花言葉は「喜び」「歓喜」だそうです。

 「サトイモ科の観葉植物。中南米原産で、18世紀にブラジルで発見された。別名「ニシキイモ(錦芋)」「葉錦(ハニシキ)」。花は初夏に開花するが、あまり目立たない」ということですが、この花は見たことがないですね。。

 

By Morikawa on 2011/09/01 23:12

 今日の花は、ミョウガ,みょうが(茗荷)、花言葉は「忍耐」だそうです。

 ミョウガはよく知っていましたが、花があるとは想像もしていませんでした。それにしても「花言葉」が「忍耐」とは。

 

By Morikawa on 2011/09/01 0:49

 今日の花は、スパティフィルム(スパティフィラム)、花言葉は「清純な心」「爽快」だそうです。

 この花は、ふだん、スパッティとよんでいませんか?清楚な花ですね。

 さて、今日から「秋・長月」。

By Morikawa on 2011/08/30 14:39

 右の写真は昨日の午後のものですが、まさに残暑という雰囲気でした。夏も今日でお終い、明日からの行く秋を楽しみたいものです。

 すじ雲は秋の象徴でしょうか、忍野にはすでにススキが穂をつけ萩も花が開いています。

By Morikawa on 2011/08/30 0:25

 今日の花は、カヤツリグサ,かやつりぐさ(蚊帳釣り草)、花言葉は「伝統」「歴史」だそうです。

 しかし私にとっての「かやつりぐさ」はなんといっても笠木透の「わが大地の歌」3番の歌詞です。  

 かるかや かやつり草 積乱雲 からすうり 月見草 風渡る草原
 この土に 私の すべてがある
 この国に 私の 今がある 

 いくたびか春をむかえ いくたびか夏をすごし

 いくたびか秋をむかえ いくたびか冬をすごし

 

 どんな草かと思ったらいつもどこかで見たことのありそうな草ですね。

By Morikawa on 2011/08/27 7:27

今日の花は、ホウセンカ,ほうせんか(鳳仙花)、花言葉は「快活」「私に触れないで」「せっかち」だそうです。 

「せっかち」なんて言われるとなんだか自分のことを指しているようです。

By Morikawa on 2011/08/26 1:16

 今日の花は、ムクゲ,むくげ(木槿)、花言葉は「尊敬」「柔和」「信念」「デリケートな美」 だそうです。しかし私は韓国の「国花」としての方が実感が湧きます。朝鮮語では무궁화無窮花; ムグンファ、永久の花)というそうですが、その由来は花が次々に咲き、花期が長いためと思われます。

 個人的にはピンクかかったのよりも白い方が好きですね。しかしなぜか検索をかけると韓国料理店が次々に出てきて閉口しました。日本だけでなく韓国内でも同様のようです。可憐な感じがするからでしょうか。

By Morikawa on 2011/08/24 0:40

 昨日の帰り際、河口湖畔にある「ブリキのおもちゃ館」(北原ミュージアム?)ではChiもご機嫌でした。

By Morikawa on 2011/08/23 3:02

   今日の花は、ボダイジュ,ぼだいじゅ(菩提樹)、花言葉は
「熱愛」「夫婦の愛」(花)「結婚」「情熱の恋」だそうです。

 昨日は雨の中を朝早くに忍野からいったん府中へ戻り、車の点検その他で半日費やし、日本青年団協議会の取材を受けるために神宮・日本青年館へ、その後、すぐに霞ヶ関ビル35階で「スポーツ基本法」成立の「打ち上げ会」に出席しました。

By Morikawa on 2011/08/21 8:32

 今日の花は、サギソウ,さぎそう(鷺草)、花言葉は「繊細」「清純」「無垢」「しんの強さ」「神秘」「夢でもあなたを想う」「発展」だそうです。

 

By Morikawa on 2011/08/20 17:23

 今日の花は、センニチコウ,せんにちこう(千日紅)、ストロベリーフィールド、花言葉は「変わらぬ愛」「不朽」「変わらない愛情を永遠に」(ストロベリーフィールド)「永遠の恋」だそうです。

 


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004