市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2012/05/29 17:05

 本州の端・下関から彦島方面を見下ろす公園にて。

 海が見える風景は気持ちが落ち着きますね。

By Morikawa on 2012/05/26 6:45
 昨日の朝刊各紙スポーツ面はおそらく「2020年オリンピック招致」の第一次選考結果の記事で飾られていたはずです。しかし「イスラム圏初」「東西文明の交差点」などの「キャッチフレーズ」を持つイスタンブール、3回連続のマドリードよりも「実質最上位」の評価を受けた東京に「オリンピック開催の大義」がどれほどあるのか、そこが重要な問題ではないかと思います。「世論調査」で東京がもっとも低い47%という数字も「震災復興オリンピック」という「理念」に多くの国民が疑問を抱いているからではないでしょうか。

 こうした記事の陰で「大相撲八百長訴訟敗訴」のニュースも隠れてしまいそうです。また毎日新聞スポーツ面連載中の「インサイド デジタル・オリンピック 変化するスポーツメディア」も今日で4回目ですが、活字メディアの生き残りも「電子媒体」や「フリーペーパー」火などのアイデアも出てきています。

 いずれにしてもゆっくりと考えてみたい問題です。昨夜のクラブネッツ「ヒューチュアズミーティング」での中島信博さんの「報告」もしっかりとフォローしたいと思いましたが、これからNPOあすねっとの総会、公益社団法人社会教育協会の理事会と、東京に居る間に対応しなければならない仕事ですので出かけます。夜に更新できればと思います。

By Morikawa on 2012/05/24 14:39
 上京以来、過密スケジュールで動いたせいか、少々ばて気味です。21日(月)は午前中にスポーツ政策研究会で「オリンピック問題」(谷口源太郎さん)でエキサイト、午後は新霞が関ビルの法律事務所を訪ねて30数年前の「杉二スポーツ権訴訟」の資料をもらってきました。驚いたことに1982年のニッサン・グリーンカップ(軟式野球)参加をめぐって「1年間区民大会出場禁止処分」を受けた「杉二」クラブが杉並区などを相手に訴訟を3件、しかも東京地裁で「請求棄却」後も控訴までして戦った経由が判明しました。

 当時の新聞や週刊誌などの切り抜きもふくめて裁判記録などをスベテコピーしていただいきました。じっくりと読み取ってできれば暮れのスポーツ法学会大会かどこかで「発表」したいと思っています。驚きでした。どうして今まで誰も気が付かないで放置していたのか不思議です。 歴史に学ばないことは学問の進歩だけではなく世の中の進歩にも貢献できないでしょう。

 火曜日は朝6時前に前橋の群馬大病院で定期検査と診察、どうやらホルモン注射もしないくて済みそうです。一気に気が抜けてしまいました。夜は元の職場の同僚たちと久しぶりの歓談、中堅どころが元気だったので一安心しましたが、いろいろと大学も変わっていきますね。

...
By Morikawa on 2012/05/19 8:08

 無二の会メンバー                          1962年4月池高入学50周年記念植樹の後に

By Morikawa on 2012/05/16 12:41

 今日の夕方、50年前に私が初めて教えた「ガキども」が観音寺に来ます。そこで50周年記念の植樹ということで桜の木を裏の山に植えようというわけです。左の写真に見えるように瀬戸の海が眺望できるところに少し広場のようなところがありますのでそこを「ミニ88ヶ所巡りの休憩所」にしたいと考えています。

 10年20年後を楽しみにしたいと思いますが、それまで元気で居るでしょうか、そfれが問題です。

By Morikawa on 2012/05/14 22:20

 右の写真は小豆島・草壁港

By Morikawa on 2012/05/13 6:00

 今朝方、たまたまトイレに行くので起きたときに枕元のラジオに「深夜便」、陶芸家梅田純一さんの「旅は学び舎 人生は不思議な出会い」をやっていました。途中からつい聞き惚れてしまい、彼の「独立独歩」の生き方、「女運」のさいたたるものは「母」だというのに触発されました。(彼の生き方については次のブログ(青空エキスプレス)が参考になります。

 「こぼれうめ」という話もよかったですね。

By Morikawa on 2012/05/11 22:18

 今日は観音寺港から船に乗って伊吹島へ行きました。というのは旧暦3月21日に当たる今日、「島四国めぐり」(四国霊場88ヶ寺を島内にまつり、お参りする)があったからです。かなりのところで接待所が設けられ、お賽銭を入れて拝むと「おもらい」があるのです。

 遍路さん姿の巡礼とそれを見に来る観光客でいつもは少ないはずの乗船客でフエリーはいっぱいでした。

 左の写真は「琴弾回廊」の休憩所から雲に隠れた夕陽の下に黒く写っている伊吹島です。バックに見える遠くの島影は広島県側の島々です。

By Morikawa on 2012/05/08 21:25
 毎日が日曜日みたいな生活をしながら、一方で「大型連休」などと言ってみてもどこへ行くという当てもない暮らしをしていると時間だけがどんどん過ぎていきます。新聞も隅から隅までとまではいかないけれど人並みに目を通していますが、取り上げたい「材料」がスポーツ面には見つかりません。それでつい更新が滞りますね。

 一昨昨日だったかに庭の手入れをしていて尻餅をついたつもりが尾てい骨を嫌と言うほど打ってしまい、情けない歩き方をしています。それでも今日辺りはいくぶん良くなり、朝から裏山に置きっぱなしの苗木を植えに行ってきました。花木以外に桃、柿、杏などの苗木も10数本植えておきました。

 後は来週にこちらに来てくれる大阪時代の教え子たち(総勢13名)と高校入学50年の記念植樹のために桜の苗木を用意しています。偶然ですが、私が学部を出て最初に勤めたのが50年前の大阪府立池田高校でしたが、彼らも高校1年生(17期)入学、それで私の「教師始め」と彼らの「入学」の、まあ「50周年」の記念にしようと思ったわけです。

 10年先か20年先かに裏山の「ミニ88カ所めぐり」の休憩所となり、花見ができればいいと思ったのですが、それまでお互いに元気にやっていることを願うのみですね。

...
By Morikawa on 2012/05/05 15:56

 昨日は義弟の友人の家族と豊浜の海岸にマテガイ取りを楽しみました。砂浜の砂をすこし削って先ず穴を見つけ、そこに塩を少々入れます。やがてマテガイが飛び出してきたところを素早くつかまえるのです。

 誰がこんな「方法」を最初に考えたのでしょうか。とにかくおもいしろくて夢中になります。バケツ2杯ほどとりましtので夕食はマテガイのバター焼きを堪能しました。

By Morikawa on 2012/05/03 8:41
 今日は「憲法記念日」です。1947年5月3日に日本国憲法が施行されたのを記念したものであることは周知のとおりですが、長い間「改憲論議」が繰り返され、なんとなくこの「憲法」が古くなったのではないかと錯覚を起こしそうです。

 今朝の各紙の「社説」を読み比べてみて比較的わかりやすく的を射ているのは東京新聞の社説と社会面の記事でした。社説は「憲法記念日に考える 人間らしく生きるには」で最後に「二十一世紀の日本人は”奴隷”であってはいけない。人間らしく生きたい。その当然の権利を主張し、実現させて『幸福の基礎』を築き直そう。」とありました。また社会面は「被災地 幸福追求・生存権どこへ 今こそ憲法の出番」も時期を得ていると思いませんか。

...
By Morikawa on 2012/05/01 6:02

 この頃になると自然に口に出るのは

  夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
「あれに見えるは茶摘みぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠」
(文部省唱歌」茶摘み)

 今の子どもたちは歌わないのでしょうか?

 「ラジオ深夜便」からの続きで聞いていたらこの歌が何回か流れていました。

 忘れない「メモ」ですが、「沈黙の春」(レイチェル・カーソン)出版から50年(記念のイベントも5月26日に予定されています)、以下は最終章の一節です。

「私たちは、いまや分れ道にいる。――長いあいだ旅をしてきた道は、すばらしい高速道路で、すごいスピードに酔うこともできるが、私たちはだまされている のだ。その行きつく先は、禍いであり破滅だ。もう一つの道は、あまり<人も行かない>が、この分れ道を行くときにこそ、私たちの住んでいるこの地球を守れ る、最後の、唯一のチャンスがあるといえよう。」(沈黙の春)

 この文章が50年前に書かれていたことを今こそ思い起こす必要があるように強く感じますが、いかがでしょうか。

By Morikawa on 2012/04/28 20:37

 今日の花は、ニホンサクラソウ,にほんさくらそう(日本桜草)、花言葉は「初恋」「純潔」だそうです。

 

By Morikawa on 2012/04/26 9:44

 一昨日、夜行バスで四国に戻ったのですが、この2日間、疲れを取り戻すのと溜まった雑用を処理するのに追われて更新するゆとりもありませんでした。

 体調維持のために昨日から海岸沿いのウオーキングコースを3ヶ月ぶり(!?)に歩いてみました。裏山(九十九山)もすでに桜は終わり遠くからはピンクに見えたのですが、なんと桐の花が盛りでした。

 今朝も6時過ぎからウオーキング、徐々にペースを取り戻しつつあります。

By Morikawa on 2012/04/21 8:40
 昨日はあさ6時前に府中を発ち、前橋へ。前立腺ガンのホルモン治療も後2回、来月で毎月の診察・治療が終わると思うとなんとなく気分も軽くなります。

 さて、更新がままならないのですが、それでも毎日新聞のスポーツ面のチェックだけは忘れずにやっています。今日は連載「インサイド 揺らぐ自立 補助金問題の底流⑤」「成果主義」の陰で、

が5回連載の最終回でした。3回目はリンクできましたので貼り付けておきます。

 ◇「国の直轄」流れ進む  昨年6月のスポーツ基本法成立を契機に、国のスポーツ関係予算は拡大傾向にある。ただし、日本オリンピック委員会(JOC)への補助金が増えたわけではない。国が五輪のメダル有望種目を直接的に支援する「マルチサポート事業」の予算が増額されているのだ。

 昨秋に公表された12年度予算の概算要求で、マルチサポート事業の予算が初めてJOCへの補助金を上回 ることが明らかになった。その後に開かれた国の中央教育審議会のスポーツの推進に関する特別委員会。危機感を募らせたJOCの平真事務局長は、懸命に理解...
By Morikawa on 2012/04/19 7:44
 NHK鹿児島局が伝えるニュースに「スポーツ虐待を考える催し」がありました。それでもなくても「しごき」に似せて「体罰」を加えるのに「有形力の行使」などと発言してはばからないスポーツ指導者が多いことをしっかりと若い学生諸君も認識して欲しいものです。

 ニュースの中でエッセンスだけ下にコピーしておきます。

 ブルーネル大学のダニエル・ラインド博士が「8割近くの人がスポーツ指導者から心理的な虐待を受けたことがある」というイギリスでの調査結果を説明しました。 そのうえで「指導者自身は虐待とは思わず、子どもたちへの熱心な指導だと認識しがちだ」と指摘しました。 また、イギリス柔道連盟のマイク・カラン博士は、イギリスでは、柔道の指導者は免許制で、安全に指導するための講習を受ける必要があり、問題行動があった場合は、すぐに免許をはく奪されるなど虐待防止対策が講じられていると説明しました。

 20数年前の日本体育学会第40回大会特別シンポジウム「スポーツ・体育における攻撃性と暴力行為」で「なぜ体育教師は暴力/体罰教師になるのか」という、「被告席」に座らされた立場で提案者になったのを思い出しました。くわしくは『体育の科学』(1989年9月号)をご覧ください。

...
By Morikawa on 2012/04/14 21:09

 今朝5時起きで昨日植木市や廃業した造園業で分けてもらった樹木の苗木を雨の降らないうちにと、裏の山へ仮植えしておきました(しばらく留守しますので)。

 桜や梅、椿、夏椿、山法師、萩、山吹、その他いろいろです。24日に帰って来て本格的に植え込みます。「ミニ八十八カ所巡りのある九十九山の上がり口に休憩できるコーナーを設置しようと思っているわけです。

By Morikawa on 2012/04/12 19:59

 昨日は朝7時前に府中を出て新幹線で岡山経由琴平へ、4月は恒例の「こんぴら歌舞伎」ですが、今年は時間が取れなくて11日が午後の部、16日が午前の部をTさんにお願いしてチケットを取ってもらったのですが、あいにく11日だけなんとか都合をつけてあわててかえつけた次第です。

 今回は又五郎と歌昇の襲名披露公演を兼ねていますので「口上」が入りました。

 お目当ての吉右衛門は「義経千本桜」でした。

By Morikawa on 2012/04/08 6:13

 今日の花は、レンゲソウ,れんげそう(蓮華草)、花言葉は「心が和らぐ」「私の苦しみを和らげる」「感化」だそうです。

 昨日、原発被災地南相馬を訪ねました。

By Morikawa on 2012/04/06 12:17

 昨日は「忙中閑あり」というか、上京しているときでないとコンサートやお芝居、美術展を見ることが難しいので時間を見つけて国立新美術館の「セザンヌ展ーパリ、プロヴァンス」に行ってきました。

 私の美術館あるいは美術展巡りは「絵画の中の子どもの遊びとスポーツ」の素材を集めるのが目的ですから、最初に館内を大雑把に見てから後はプログラム・カタログと見比べながらお目当ての絵をじっくりと自分の目に焼き付けるというものです。今回は有名な「水浴」図の数々の他に左の「かくれんぼ遊び」が収穫でした。しかもこの絵は尾道の「なかた美術館」蔵というのですから灯台もと暗しです。次回、帰三した折にゆっくりと鑑賞するつもりです。

 

By Morikawa on 2012/04/05 7:26

 昨日は虎ノ門にある日本財団で笹川スポーツ財団(SSF)の2012年度笹川スポーツ研究助成研究奨励の会と2011年度の研究成果発表会がありました。

 昨年度からSSFの新しい運営方針で「民間」のスポーツシンクタンクに変身した最初の「研究成果」発表でした。

 学会とはちがういろいろな顔ぶれの人に出会いました。

By Morikawa on 2012/04/04 7:54
 今朝の朝日新聞「社説・五輪コーチ費―競技団体はルール守れ」には驚きました。ちょっときれいごと過ぎないか、と思ったからです。

 念のために朝日の「社説」も最後に

 「問題を指摘された多くがマイナー競技団体だ。背景には、スポーツ界特有の上下関係も透けてみえる。第三者調査委は経済的基盤の弱さや海外と比べて低い待遇に触れたうえで、経済的な自立への努力を怠ってきた事情も指摘している。

 そもそも、専任コーチ制度は五輪などで活躍できる選手の指導が前提だ。JOCは厳しく審査しなくてはならない。本当に必要と判断すれば、団体の実情に応じて、3分の1の負担金をJOC自身が支払えばいい。  「支援は少ないのに、メダル獲得は求められる」と嘆くだけでは前に進めない。

 スポーツの意義を説明し、収益確保の道を探りながら窮状を訴え、社会の理解を求める。そんな当たり前の努力を続けて、力をつけてゆくべきだ。」

と結んでいます。体協記者クラブの幹事役も朝日新聞スポーツ部記者が勤めたことがあるはずです。JOC・体協がどういう「組織体質」で脆弱な財政基盤の組織・集団であるかも十分に見てきたはずです。だとすれば、最後の2行、をこれまでどのようにやってきたか、やってこなかったのか、なぜやれないのかをもっと剔って欲しいと思いませんか?

...
By Morikawa on 2012/04/02 6:31

 今朝、8時半に家を出てまっすぐに山中湖へ向かいました。野暮用を済ませて忍野村役場へ諸手続き済ませて我が家におそるおそる寄ってみました。 

 昨秋の地震で本棚の資料・雑誌その他が散らばっているのではないかと思っていたからです。

 2階の書斎部屋はほぼ昨年秋に水抜きしたときと同じ状態、拍子抜けしました。震度5弱と言われていたのですが、これは一体全体どうしたことか、まか不思議ですね。

 というわけで今年初めて見る忍野の我が家からの富士山です。5合目より少し下までまだ雪が残っています。

 今年のゴールデンウイークにはまだ富士桜が残っていそうなのですが、四国に遠来からのお客をよびますのでさあ、どうなりますか、出たとこ勝負ですかね。

 まあとりあえず今年も夏場は十分使えそうで安心しました。ここの夏は別世界ですから。

 

By Morikawa on 2012/03/30 7:17
 一昨日、研究室仲間でもある佐伯年詩雄さんの「受賞」と「お祝い」パーティがありました。

 これまで圧倒的にスポーツ医・科学系に偏っていたのですが、人文社会科学系では珍しい受賞です。昨年の「JOC・体協創立100周年」事業の特別シンポジウムと「スポーツ宣言日本」の起草が評価されたのでしょう。

 記念講演(20分間)では「スポーツ文化論の思想と実践~楽しい体育論からスポーツ宣言日本まで~」と題してお歴々を前にみごとなスピーチでした。

 「スポーツは、自発的な運動の楽しみを基調とする人類共通文化である。スポーツのこの文化的特性が十分に尊重されるとき、個人的にも社会的にもその豊かな意義と価値を望むことができる」

「自己満足・自己実現と言うスポーツの内在的価値享受を文化的に洗練することによって、社会貢献につなげ、人類社会のミッションを担う文化に成熟化する」

最後に、「スポーツによる自己実現と社会貢献」を通して単なる「気晴らしの気分転嫁から勇気の覚醒、鎮魂及び希望の儀礼へ」(東日本大震災・原発問題以後の日本スポーツ思想的課題)、このことの「自覚」を通してさらに「自信から自覚へ、使命と誇りへのスポーツの思想的文化的深化」、ここでスポーツ社会科学の「批判理論」としての「社会的意義と貢献」を正面から唱えた佐伯さんの「決意表明」でもありました。

...
By Morikawa on 2012/03/29 21:42

 今日の花は、スモモ,すもも(李・酢桃)、花言葉は「忠実」「貞節」「独立」「疑惑」「甘い生活」 だそうです。

 忍野の裏の林に1本、すももがありますが、こちらは海抜980Mありますので花が咲くのは4月もかなり遅くにだと思います。近々水空けに行きますので様子を見てきましょうか。

 

By Morikawa on 2012/03/28 1:00

 今日の花は、サクラ,さくら(桜)、花言葉は「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」(シダレザクラ)「優美」(ヤマザクラ)「あなたにほほえむ」だそうです。

 桜は日本人の心の中にいつも春の予感と郷愁を呼び戻すものとして存在していますね。

 梅とちがって散り際の潔さと淡い桜色の花びらが好みにあうのでしょうか。開花は例年より遅めと言われていますが、ここ数日の陽気で早まるかも知れませんね。

 

By Morikawa on 2012/03/25 21:02

 今日の花は、ケシ,けし(芥子・ポピー)、花言葉は「恋の予感」「いたわり」「陽気で優しい」「思いやり」(赤)「慰め」「感謝」(白)「忘却」「眠り」だそうです。

 確か堀文子さんの絵でイタリア・アレッツオ郊外の「ケシ」(ポピー)を描いたのが箱根の成川美術館に飾ってあった気がしましたが、どうだったでしょうか?(検索で見つかりましたのでリンクを貼りました)

 イタリアの5月は一気に花が咲いて一番良い季節です。ローマからフィレンツェに向かう列車から見たトスカーナのゆるやかな丘にケシが一面に咲いていたのを思い出しました。



 

By Morikawa on 2012/03/24 14:49

 今朝、四国を出て東京に向かう途中ですが、先日の「柔道事故死シンポジウム」の続きです。

 下の詩(あいだみつお)をMさんがY先輩に託して送ってくれました。

 

By Morikawa on 2012/03/23 8:33

 

 今朝は冷たい雨が降っていますが、一昨日に裏の畑で撮ったものです。左は昨年植えたレタスがやっと少し野菜らしくなってきているところ、右は初物の「タラの芽」、早速天ぷらにして食しました。

By Morikawa on 2012/03/22 6:10

 今日の花は、レンギョウ,れんぎょう(連翹)、花言葉は「希望」「かなえられた希望」「集中力」です。

 昨日のセンバツ高校野球開会式での「選手宣誓」はまさに「希望」でした。映像(クリックしてください)とその「全文」を本文に記録しておきます。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004