市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2012/06/29 11:11
 今朝の朝日新聞朝刊一面左に大きく「独裁者消え、スポーツにも春 リビア〈五輪が映す世界〉」の見だし、裏の2面にまで続いている「連載」です。

 カダフィ政権崩壊後のリビアのスポーツ事情を伝えてくれています。男子マラソンのアリ・ザイディ(34)の記者の「ザイディ、あなたはロンドンで何のために走る?」という問いに 「私は英雄にならなくていい。傷ついた人々のため最後まで全力で走る」と答えています。その言や良し。

 ところで昨日も一昨日もテレビでプロ野球・広島対巨人戦の中継をやっていたが、原監督の姿が大写しに画面に映し出される度にこれはいったいどういうことなんだと、思いました。

 「野球協約」第180条 (賭博行為の禁止及び暴力団員等との交際禁止)には以下のように規程されています。 1 選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の行 為をした場合、コミッショナーは、該当する者を1年間の失格処分、又は無期の失格処分と...
By Morikawa on 2012/06/26 13:43

 今日の衆議院は「増税法案」の可否を問う国会ですが、「三党合意」ですから通過はするでしょうが、その後の「政局」がらみの問題は今後の政治の動きをある意味では決定的な方向づけとなるかもしれません。しっかりと見守るつもりです。

By Morikawa on 2012/06/25 13:28
 公正も正義もあったものではない。今日の「牧太郎・二代目魁新聞社ブログ」を読んで納得しました。こういうこです。

 NHKはなぜ「原発反対デモ」を無視するの?

 

22日午後<麹町→首相官邸→赤坂界隈>を徘徊していて「原発再起動反対デモ」にぶつかった。 参加者4万5000人。大変な数だ。(警視庁の調べでは1万1000人。あまりに「数の差」があるが) ツイッターでの呼びかけに応えた人々。人の波が車道に溢れていた。 久しぶりの「大衆の政治運動」。これは間違いなくニュースだ。東京新聞、毎日新聞は翌日の朝刊一面で、社会面でも言及した。 ところが……NHKは全く、この「反対デモ」を無視している。 (僕は「安全を確認して、出来るだけ早く再稼働すべきだ」と考えているが、その立場とは関係なく)「再稼働反対運動」を報道しないのはおかしい。テレビ朝日はかなり詳しく、映像を流している。...
By Morikawa on 2012/06/24 19:03

 広島・総領「ふるさとセンター田総」での研修・視察旅行(一の谷SC)に同行しました。

By Morikawa on 2012/06/22 7:11

 今日の花は、スイカズラ,すいかずら(忍冬・吸葛)、花言葉は「愛のきずな」献身的な愛」「友愛」だそうです。

 

By Morikawa on 2012/06/20 14:12

 今日の花は、クリ,くり(栗)、花言葉は「満足」「豪奢」「私を公平にせよ」だそうです。

 忍野の栗はまだ咲いていないでしょうね。

By Morikawa on 2012/06/19 23:06

 今日の花は、ノアザミ,のあざみ(野薊)、花言葉は「権利」「私をもっと知って下さい」だそうdす。

By Morikawa on 2012/06/17 22:56

 朝、柞田幼稚園へ「命の応援団」・山本文子先生を迎えて挨拶、すぐに観音寺駅へ、高松からリムジンバスで空港へ、今回は急ぐ用事がありましたので飛行機で帰りました。

 相変わらず東京の人の足はせわしい!白石加代子の「百物語」の第29夜は宮部みゆきの2作品(第93話「お文の影」 第94話「ばんば憑き」)でした。

By Morikawa on 2012/06/15 20:26

 今日の花は、タチアオイ,たちあおい(立葵)、花言葉は
「大きな志」「大望」「野心」「気高く威厳に満ちた美」「高貴」
(黄)「率直」「開放的」だそうです。

 ところで今日は6月15日、62年前(1960年6月15日)について朝日と赤旗を見たが、どこにも出ていない。歴史の風化とはこういうことを言うのでしょうか?日米安保条約をめぐって国論を二分し、国会議事堂校内で当時東大生だった樺美智子さんが亡くなった日です。「安保闘争」についてふれた記事もまったく見当たらない。

 現在の日本とアメリカの関係の根底にはこの安保条約があるというのにーーーーーーーー。

By Morikawa on 2012/06/14 23:07

 羽田を15:30に出て高松空港、高松港から小豆島・池田港へ、島に着く直前に夕陽が落ちていきました

By Morikawa on 2012/06/12 10:03

 

 6月9日(土)は孫基禎生誕100周年記念シンポジウムが明治大学リバティタワーホールでありました。

 北は北海道、南は山陰地方からも参加者があり、300名を超えていたようです。

 

 

 

 何よりも驚いたのはソウルから教え子でもある孫煥さん(韓国・中央大学教授)が駆けつけてくれたことです。

 8月29日の孫基禎さんの誕生日にソウルでも同様のイベントをやるので私も「日本での孫基禎」ということで「報告」をするようにという依頼もあったから来たとのこと、でもうれしい限りです。

By Morikawa on 2012/06/09 8:35
 今日、午後からです。

孫基禎生誕100周年記念シンポジウムを開催

~芥川賞作家・柳美里さんや元プロ野球選手・広沢克実さん(明大OB)らが参加~ 6月9日、明治大学駿河台キャンパスにて 2012年は、ベルリン五輪で金メダルを獲得した孫基禎13 件さん生誕100年の年にあたります。明治大学卒業生でもある孫さんの生誕100周年を記念し、6月9日にシンポジウムを開催いたします。 孫基禎さんは韓国のマラソン選手で、朝鮮半島が日本の統治下にあった1936年のベルリン五輪に、日本選手として出場。2時間29分19秒2のタイムで金...
By Morikawa on 2012/06/07 12:31

  今、新幹線で上京の途中ですが、今夕、お会いできればと思います。

By Morikawa on 2012/06/05 22:00

 丸善出版の広報誌『学鐙』夏号に私の「書評」(本の紹介)が掲載されています。書き出しは「本書を手にした読者には先ず何よりも本文にこだわりなく全頁にわたる写真・図版をざっとでもいいから楽しみながら眺めて欲しい。そこには貴重な写真・図版が次々に現われてくるが、それらを見るだけでスポーツへの興味・関心が湧いてくること請け合いである。そして文章を読めばたちまち現代スポーツが抱えている商業主義・薬物汚染・メディアの問題など、ますます現代スポーツを深く追求したい衝動に駆られるであろう。ーーーーーー」

 思い切り本書をよいしょしていますが、それぐらい私がこの本に惚れているというということでしょうか。

 多くの、若い読者に読んで欲しい私の、近来にない一冊になりそうです。

By Morikawa on 2012/06/04 22:03

 5月30日は故綿井学長の命日でしたので愛媛県双海町のお墓に線香と花をささげました。瀬戸内を見下ろす絶景の墓地です。甥御さんは昨年の暮れに亡くなったそうですが、いとこ(真ん中)の一人が案内してくれました。

 この後、松山空港へ三宅義信さんを迎え、その足で観音寺へ。

 翌31日は釣り船をだしてもらってのんびりと瀬戸の海を楽しんでもらおうと思ったのですが、肝心の魚がまったくといっていいほどかあkりませんね。

 

By Morikawa on 2012/05/29 17:05

 本州の端・下関から彦島方面を見下ろす公園にて。

 海が見える風景は気持ちが落ち着きますね。

By Morikawa on 2012/05/26 6:45
 昨日の朝刊各紙スポーツ面はおそらく「2020年オリンピック招致」の第一次選考結果の記事で飾られていたはずです。しかし「イスラム圏初」「東西文明の交差点」などの「キャッチフレーズ」を持つイスタンブール、3回連続のマドリードよりも「実質最上位」の評価を受けた東京に「オリンピック開催の大義」がどれほどあるのか、そこが重要な問題ではないかと思います。「世論調査」で東京がもっとも低い47%という数字も「震災復興オリンピック」という「理念」に多くの国民が疑問を抱いているからではないでしょうか。

 こうした記事の陰で「大相撲八百長訴訟敗訴」のニュースも隠れてしまいそうです。また毎日新聞スポーツ面連載中の「インサイド デジタル・オリンピック 変化するスポーツメディア」も今日で4回目ですが、活字メディアの生き残りも「電子媒体」や「フリーペーパー」火などのアイデアも出てきています。

 いずれにしてもゆっくりと考えてみたい問題です。昨夜のクラブネッツ「ヒューチュアズミーティング」での中島信博さんの「報告」もしっかりとフォローしたいと思いましたが、これからNPOあすねっとの総会、公益社団法人社会教育協会の理事会と、東京に居る間に対応しなければならない仕事ですので出かけます。夜に更新できればと思います。

By Morikawa on 2012/05/24 14:39
 上京以来、過密スケジュールで動いたせいか、少々ばて気味です。21日(月)は午前中にスポーツ政策研究会で「オリンピック問題」(谷口源太郎さん)でエキサイト、午後は新霞が関ビルの法律事務所を訪ねて30数年前の「杉二スポーツ権訴訟」の資料をもらってきました。驚いたことに1982年のニッサン・グリーンカップ(軟式野球)参加をめぐって「1年間区民大会出場禁止処分」を受けた「杉二」クラブが杉並区などを相手に訴訟を3件、しかも東京地裁で「請求棄却」後も控訴までして戦った経由が判明しました。

 当時の新聞や週刊誌などの切り抜きもふくめて裁判記録などをスベテコピーしていただいきました。じっくりと読み取ってできれば暮れのスポーツ法学会大会かどこかで「発表」したいと思っています。驚きでした。どうして今まで誰も気が付かないで放置していたのか不思議です。 歴史に学ばないことは学問の進歩だけではなく世の中の進歩にも貢献できないでしょう。

 火曜日は朝6時前に前橋の群馬大病院で定期検査と診察、どうやらホルモン注射もしないくて済みそうです。一気に気が抜けてしまいました。夜は元の職場の同僚たちと久しぶりの歓談、中堅どころが元気だったので一安心しましたが、いろいろと大学も変わっていきますね。

...
By Morikawa on 2012/05/19 8:08

 無二の会メンバー                          1962年4月池高入学50周年記念植樹の後に

By Morikawa on 2012/05/16 12:41

 今日の夕方、50年前に私が初めて教えた「ガキども」が観音寺に来ます。そこで50周年記念の植樹ということで桜の木を裏の山に植えようというわけです。左の写真に見えるように瀬戸の海が眺望できるところに少し広場のようなところがありますのでそこを「ミニ88ヶ所巡りの休憩所」にしたいと考えています。

 10年20年後を楽しみにしたいと思いますが、それまで元気で居るでしょうか、そfれが問題です。

By Morikawa on 2012/05/14 22:20

 右の写真は小豆島・草壁港

By Morikawa on 2012/05/13 6:00

 今朝方、たまたまトイレに行くので起きたときに枕元のラジオに「深夜便」、陶芸家梅田純一さんの「旅は学び舎 人生は不思議な出会い」をやっていました。途中からつい聞き惚れてしまい、彼の「独立独歩」の生き方、「女運」のさいたたるものは「母」だというのに触発されました。(彼の生き方については次のブログ(青空エキスプレス)が参考になります。

 「こぼれうめ」という話もよかったですね。

By Morikawa on 2012/05/11 22:18

 今日は観音寺港から船に乗って伊吹島へ行きました。というのは旧暦3月21日に当たる今日、「島四国めぐり」(四国霊場88ヶ寺を島内にまつり、お参りする)があったからです。かなりのところで接待所が設けられ、お賽銭を入れて拝むと「おもらい」があるのです。

 遍路さん姿の巡礼とそれを見に来る観光客でいつもは少ないはずの乗船客でフエリーはいっぱいでした。

 左の写真は「琴弾回廊」の休憩所から雲に隠れた夕陽の下に黒く写っている伊吹島です。バックに見える遠くの島影は広島県側の島々です。

By Morikawa on 2012/05/08 21:25
 毎日が日曜日みたいな生活をしながら、一方で「大型連休」などと言ってみてもどこへ行くという当てもない暮らしをしていると時間だけがどんどん過ぎていきます。新聞も隅から隅までとまではいかないけれど人並みに目を通していますが、取り上げたい「材料」がスポーツ面には見つかりません。それでつい更新が滞りますね。

 一昨昨日だったかに庭の手入れをしていて尻餅をついたつもりが尾てい骨を嫌と言うほど打ってしまい、情けない歩き方をしています。それでも今日辺りはいくぶん良くなり、朝から裏山に置きっぱなしの苗木を植えに行ってきました。花木以外に桃、柿、杏などの苗木も10数本植えておきました。

 後は来週にこちらに来てくれる大阪時代の教え子たち(総勢13名)と高校入学50年の記念植樹のために桜の苗木を用意しています。偶然ですが、私が学部を出て最初に勤めたのが50年前の大阪府立池田高校でしたが、彼らも高校1年生(17期)入学、それで私の「教師始め」と彼らの「入学」の、まあ「50周年」の記念にしようと思ったわけです。

 10年先か20年先かに裏山の「ミニ88カ所めぐり」の休憩所となり、花見ができればいいと思ったのですが、それまでお互いに元気にやっていることを願うのみですね。

...
By Morikawa on 2012/05/05 15:56

 昨日は義弟の友人の家族と豊浜の海岸にマテガイ取りを楽しみました。砂浜の砂をすこし削って先ず穴を見つけ、そこに塩を少々入れます。やがてマテガイが飛び出してきたところを素早くつかまえるのです。

 誰がこんな「方法」を最初に考えたのでしょうか。とにかくおもいしろくて夢中になります。バケツ2杯ほどとりましtので夕食はマテガイのバター焼きを堪能しました。

By Morikawa on 2012/05/03 8:41
 今日は「憲法記念日」です。1947年5月3日に日本国憲法が施行されたのを記念したものであることは周知のとおりですが、長い間「改憲論議」が繰り返され、なんとなくこの「憲法」が古くなったのではないかと錯覚を起こしそうです。

 今朝の各紙の「社説」を読み比べてみて比較的わかりやすく的を射ているのは東京新聞の社説と社会面の記事でした。社説は「憲法記念日に考える 人間らしく生きるには」で最後に「二十一世紀の日本人は”奴隷”であってはいけない。人間らしく生きたい。その当然の権利を主張し、実現させて『幸福の基礎』を築き直そう。」とありました。また社会面は「被災地 幸福追求・生存権どこへ 今こそ憲法の出番」も時期を得ていると思いませんか。

...
By Morikawa on 2012/05/01 6:02

 この頃になると自然に口に出るのは

  夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
「あれに見えるは茶摘みぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠」
(文部省唱歌」茶摘み)

 今の子どもたちは歌わないのでしょうか?

 「ラジオ深夜便」からの続きで聞いていたらこの歌が何回か流れていました。

 忘れない「メモ」ですが、「沈黙の春」(レイチェル・カーソン)出版から50年(記念のイベントも5月26日に予定されています)、以下は最終章の一節です。

「私たちは、いまや分れ道にいる。――長いあいだ旅をしてきた道は、すばらしい高速道路で、すごいスピードに酔うこともできるが、私たちはだまされている のだ。その行きつく先は、禍いであり破滅だ。もう一つの道は、あまり<人も行かない>が、この分れ道を行くときにこそ、私たちの住んでいるこの地球を守れ る、最後の、唯一のチャンスがあるといえよう。」(沈黙の春)

 この文章が50年前に書かれていたことを今こそ思い起こす必要があるように強く感じますが、いかがでしょうか。

By Morikawa on 2012/04/28 20:37

 今日の花は、ニホンサクラソウ,にほんさくらそう(日本桜草)、花言葉は「初恋」「純潔」だそうです。

 

By Morikawa on 2012/04/26 9:44

 一昨日、夜行バスで四国に戻ったのですが、この2日間、疲れを取り戻すのと溜まった雑用を処理するのに追われて更新するゆとりもありませんでした。

 体調維持のために昨日から海岸沿いのウオーキングコースを3ヶ月ぶり(!?)に歩いてみました。裏山(九十九山)もすでに桜は終わり遠くからはピンクに見えたのですが、なんと桐の花が盛りでした。

 今朝も6時過ぎからウオーキング、徐々にペースを取り戻しつつあります。

By Morikawa on 2012/04/21 8:40
 昨日はあさ6時前に府中を発ち、前橋へ。前立腺ガンのホルモン治療も後2回、来月で毎月の診察・治療が終わると思うとなんとなく気分も軽くなります。

 さて、更新がままならないのですが、それでも毎日新聞のスポーツ面のチェックだけは忘れずにやっています。今日は連載「インサイド 揺らぐ自立 補助金問題の底流⑤」「成果主義」の陰で、

が5回連載の最終回でした。3回目はリンクできましたので貼り付けておきます。

 ◇「国の直轄」流れ進む  昨年6月のスポーツ基本法成立を契機に、国のスポーツ関係予算は拡大傾向にある。ただし、日本オリンピック委員会(JOC)への補助金が増えたわけではない。国が五輪のメダル有望種目を直接的に支援する「マルチサポート事業」の予算が増額されているのだ。

 昨秋に公表された12年度予算の概算要求で、マルチサポート事業の予算が初めてJOCへの補助金を上回 ることが明らかになった。その後に開かれた国の中央教育審議会のスポーツの推進に関する特別委員会。危機感を募らせたJOCの平真事務局長は、懸命に理解...

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004