市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2012/08/25 9:03

 今日の花は、フヨウ,ふよう(芙蓉)、花言葉は「繊細な美」「しとやか」だそうです。

By Morikawa on 2012/08/22 19:00

 夕暮れ時の富士山(忍野)

 昨日、孫たちが帰るのを富士山駅で見送ってkら気が抜けたせいか今日一日は新聞の切り抜き整理やごみ処理だけで過ごしました。昨日は朝早くに前橋の群大病院に行き、帰りは前橋市内の某国会銀事務所に重粒子線治療の健保適用陳情請願署名のことでKさんと訪ね、その足で関越・圏央道・中央道を経て忍野という訳です。少々疲れましたか。

By Morikawa on 2012/08/20 12:01

 今朝は朝早くにもやっていたはずですが、7時過ぎにはご覧のとおり晴天です。昨日の日曜日が帰省のUターンラッシュが最高潮だったようです。中央道も上りが夜遅くまで渋滞30キロ、こちらの学校は8月最終週から2学期の授業が始まります。ススキだけを見るともう秋ですね。

 

By Morikawa on 2012/08/19 10:59

 今朝はChiちゃんと散歩、残念ながら富士山は隠れてしまいました。朝食もよく食べるので安心。

丈夫に育ってくれてうれしい限りです!

By Morikawa on 2012/08/18 12:36

 今日の花は、エーデルワイス、花言葉は「尊い思い出」「大切な思い出」「勇気」「忍耐」だそうです。

 ヨーロッパではアルプスの花と言えばこの花でしょうが、日本のコマクサも捨てたものではないと思いますが、いかがでしょうか。

By Morikawa on 2012/08/17 10:17

 昨夕の富士山                    今朝は頂だけが少し顔を出していますが、わかりますか?

By Morikawa on 2012/08/16 9:02

 庭先から朝焼けの富士             ひまわりの花の先から見た富士

 今朝の富士山です。後、本文の方へ、どれが一番のお気に入りでしょうか?

By Morikawa on 2012/08/15 10:57

 「骨のうたう」(竹内浩三

戦死やあわれ
兵隊の死ぬるや あわれ
遠い他国で ひょんと死ぬるや
だまって だれもいないところで
ひょんと死ぬるや
ふるさとの風や
こいびとの眼や
ひょんと消えるや
国のため
大君のため
死んでしまうや
その心や

白い箱にて 故国をながめる
音もなく なんにもなく
帰っては きましたけれど
故国の人のよそよそしさや
自分の事務や女のみだしなみが大切で
骨は骨 骨を愛する人もなし
骨は骨として 勲章をもらい
高く崇められ ほまれは高し
なれど 骨はききたかった
絶大な愛情のひびきをききたかった
がらがらどんどんと事務と常識が流れ
故国は発展にいそがしかった
女は 化粧にいそがしかった

ああ 戦死やあわれ Read More »
By Morikawa on 2012/08/14 8:15

 昨夕は陶芸家のYさんの招待で「ご近所」さんとのBBQ、大体同世代らしく話はいきおい「今のご時世」を嘆き、「どうしてこんな日本になっちゃったんだろう」ということで6時に始まって終わったのが12時でした。

By Morikawa on 2012/08/12 9:03

 今朝は昨夜の夕立のせいか、頂上は雲に覆われて見えません。右は裏入口の山アジサイ、やっと固いつぼみがほどけてきました。

By Morikawa on 2012/08/11 18:40

 

 関東では8月13~16日がいわゆる「お盆休み」ですが、今年は「行き」は今日11日が車の渋滞のピークらしく「帰り」は多少分散するのでしょうか。 

今日の花は、ルコウソウ,るこうそう(留紅草・縷紅草)、

花言葉は「常に愛らしい」「情熱」「私は忙しい」だそうです。

By Morikawa on 2012/08/10 3:04

 8日に忍野を出て信州・豊田飯山に出かけました。学生時代からの畏友。Sさんの「別宅」を訪ねたのです。藁葺きの一軒家(農家)を10数年前から手を入れて使っているそうです。斑尾スキー場に近いそうで海抜750mくらいとか、涼しいだけでなく蚊が居ない。理由は山から水が流れてボウフラが居ないからだそうです。

 久しぶりに昨今のスポーツ界の「積年の弊」を議論しました。その上で研究者の姿勢や問題意識の欠乏、貧困状況を二人で嘆きあったというところでしょうか。これでは自分たちが老骨に鞭打ってやるしかないねというのが結論です。

 昨日の東京新聞社説「五輪と社会保障 世界に見せた英国流」は異色の「ロンドン五輪報告」になっています。

 今日はいったん東京に戻り、夕方から四国のある自治体の市長さんに会います。

By Morikawa on 2012/08/07 0:43
 もう昨日のことになりましたが、読売ン新聞社説で「体育活動の事故 安全対策徹底し子供の命守れ」(8月6日付)が出ています。若干遅きに失した感がありますが、おそらくこの秋に中学校の体育の授業で全国的に取り入れられる「武道必修化」を前にしていることを考えればよかったかもしれません。

 問題はその「対策」(事故防止)がどこまで徹底されているかということです。ただ警鐘を鳴らすだけではだめなんですね。私が一つの「プール事故」の検証委員会で経験をしたことですが、国や県の「通知」や競技団体の「安全ガイドライン」を示す「資料」を稟議書を回すみたいに上から下までハンを押し連ねるだけではまったく「事故予防」は機能しないのです。単なる「アリバイ証明」みたいに管理職が平場へ「伝達」しましたというだけだという「実態」を文科省も教育委員会のお偉いさんたちにもyくよく知ってほしいものです。

 ましてや「スポーツに怪我や事故はつきもの」という考えも現場には広がっています。学校における対一句活動中の「重大事故」を防ぐための知恵と実行力をどうつけるか、これからが勝負です。その中で一つ忘れられているというか、軽視されていると思われるのは「自分の命・体は自分で守る」、同時に「みんなの命も一人の命も同じだ」、だから「自分の命を守る」ことと「他人の命を守る」こととは同じだという「思想」「考え方」が子どもや教師・保護者に浸透し、日々の活動で徹底さされることではないあkと思います。

...
By Morikawa on 2012/08/05 6:42

 今日の花は、ヒマワリ,ひまわり(向日葵)、花言葉は「あこがれ」 「私の目はあなただけを見つめる」「崇拝」「熱愛」「光輝」「愛慕」「いつわりの富」「にせ金貨」だそうです。

By Morikawa on 2012/08/02 8:41

 今朝7時過ぎの富士山、左は庭先から

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは忍野にある鱒家の庭から

By Morikawa on 2012/08/01 11:50

 3枚とも忍野村を流れる桂川付近から撮ったものです。

 今年はまだ山頂付近に雪が残っていますね。

珍しく(!)川がきれいに清掃されていましたのでそば処の亭主だか、畑仕事をしていたので「きれいでよくなったですね」と声をかけたところ、村もけつをたたいてようやくきょうりょくしてくれたとか、この川がきれいだと忍野村の評判ももっと上がると、少し「よいしょ」しておきました。

By Morikawa on 2012/07/30 11:57

 連日、テレビでロンドン五輪を見てしまいますね。今朝は男子サッカー対モロッコ戦、力が入りましたが、永井の芸術的ともいえるゴールに納得、寝ついたのが朝4時前でした。

By Morikawa on 2012/07/29 13:12

 和田さんの創作カボチャが四国経由で届きました。

 「森川は元気です」という文字が浮き出ています。忍野に似合いますか?!

By Morikawa on 2012/07/27 17:16

 というわけで今、携帯電話は修理に出していますが、「データーは回復できない」という返事、これから1週間後に戻ってくるそうですが、でーたが消えていますのであらためてお願いしたいのは携帯に電話をください。登録していきますので。

By Morikawa on 2012/07/26 14:44

 24日に前橋の定期検診を受けてすぐに忍野へ向かいました。47年前の日中青年大交流関西代表団の「生き残りメンンバー」の「記録集」作成作業をやるためです。

 どうにか目途が立ったので昨夕は「紅富士温泉」の後に山中湖傍のキャンティ・コモで打ち上げ、場所が100m先に移動していました。

By Morikawa on 2012/07/21 11:35

 今日の花は、ペチュニア、花言葉は「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心がなごむ」「心のやすらぎ」「変化に富む」だそうです。

By Morikawa on 2012/07/21 10:26

 今日の花は、ユリ,ゆり(百合)、花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」だそうです。

By Morikawa on 2012/07/20 8:23

 昨日の「たまりばユネスコ自由大学」、テーマは「いまきゅか所問題は―『子どもと教科書w考える府中の会』10年のとりくみをふまえて」、講師は大山早苗さんでした。終わっていつものグリーンプラザ3階「MUGI」で「暑気払い」を兼ねた懇親会、最後にMさんたちも参加しました。

(写真は本文後にも)

By Morikawa on 2012/07/19 8:25

 今朝は快晴、まだ雪が残っているのが確認できますね。8月に入るとまったく消えるはずです。

By Morikawa on 2012/07/18 17:41

 朝、府中を出て忍野へ、夏支度のためです。テラスのUVクリアシート(2.7×2.7m)を新しいのに代えただけでうんと明るくなりました。

庭先のグランウンドから見た夕暮れ前の富士山です。少しだけ雪が残っていますが、夕陽の加減で黒くなっていて見えませんか。

 

 

By Morikawa on 2012/07/17 20:35

武藤類子さん(福島県三春町)~さようなら原発10万人集会(動画)

この「被災地の声」を一度聞いてください。

By Morikawa on 2012/07/16 23:32

 原宿駅を出ると人人、人の波、どうにか代々木公園にたどり着きましたが、もう集会は始まっていました。会場の中にはとても入れませんでしたが、スピーカーを通して坂本、大江、内橋、落合、澤地、寂聴さんの短い「報告」(?)を木陰で聞いていました。パレードには足がいまいち心配だったのであまり入らず並行しながら歩道から参加していました。日本全国から参加している感じでした。自分の目で耳で確かめたかったのと、我慢できない「怒り」を自分も共有したかったからです。

By Morikawa on 2012/07/14 23:39

 今日の花は、ネムノキ,ねむのき(合歓の木)、花言葉は
「歓喜」「胸のときめき」「創造力」だそうです。

 そうとう昔、と言っても高校時代でしたが、ラジオ歌謡に「うるわしの虹」という歌がありました。かすかに覚えていた歌詞で検索してヒットしましたのでコピーをはりつけました。

「ねむの花房 ほのあかく

  君うたう歌声は 風に流れゆく
空を仰げば 目に浮かぶ
虹あざやかに 虹あざやかに
七色の夢を たたえて

By Morikawa on 2012/07/12 20:29
 昨年の10月16日に研究者の「モラル」あるいは「作法」について、を書きました。その時に対象になったのは内海和雄氏の「『オリンピックと平和』・ノエルーベーカー卿・広島経済大学」(広島経済大学研究論集、第34巻第2号、2011年9月)でした。

 今回、また取り上げなくてはならないのは同じく内海氏の最新の『オリンピックと平和ー課題と方法』(不昧堂出版、6月刊)です。この本自体は総頁615頁という大部のものです。しかし第5章 オリンピックとセキュリティ、を除いてはすでに一橋大その他で発表されたものです。ここですべてを読んだ上で感想や意見を述べるにはあまりにも時間が無ささ過ぎます(今日、手にしたばかり!)。

 そこで再度指摘しておきたいことは先行研究の当たり方というか、取り上げ方です。少なくとも「オリンピックと平和」を論じるのであれば「スポーツと平和」に関連した文献にも当たって欲しいし、とくにノエル・ベーカー卿の「レリーフ」に関連していえば前回指摘した荒井貞光氏の新潟での体育学会大会での「スポーツと平和」をめぐる発表、加えて古在由重さんの「図書」(岩波書店、1988年1月号)に載ったドン・アンソニーとノエル・ベーカー卿についてのエッセイ「スポーツと平和」です。

...
By Morikawa on 2012/07/11 16:45
 『マスコミ市民』7月号に表題の小論を書きました。サブタイトルは「孫基禎生誕100周年に寄せて」ですが、先月9日に明治大学リバティホールで開催されたイベントの「私的報告」とでもいうべきものです。そこに描いたのですが、当日、もっとも感動したのは元プロ野球選手でロス五輪メダリストの広澤克実さんが発言の中で自ら両親が戦前に朝鮮半島から日本にやってきたことをさりげなく話したことです。

 ある程度の野球ファンには彼が在日出身であることは知られていたことでしょうが、大勢の聴衆を前に公然と語ったことが驚きであり、孫基禎さんという『偉大なマラソンランナー」が居たことを自分はこれまで「恥ずかしいことですが知らなかった」と率直に「告白」し、まこれからは「人生の指針にしたい」と語ったことにいたく感動したのです。

 彼の人柄というか、今もカンボジャにまったくオランティアで野球の指導に通っていることも多くの人に知ってほしいことです。

(『マスコミ市民』7月号、ご希望の方、返信用切手を貼った封筒をお送りください・先着4名まで)

 さて、今日は国立競技場でロンドン・五輪の男女代表の「壮行試合」があります。テレビに釘づけになりそうです。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004