市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

2月16日(木) 「もうひとつのなでしこジャパン」

2 16

Written by:
2012/02/16 11:04  RssIcon

 すきっかり忘れていましたが、我が研究所も後援団体に入っている映画「アイ・コンタクト」の上映運動が今も続いているという「ニュース」を東京新聞で教えてもらいました。今日の朝刊でしょうか、以下の記事です。

 

 2009年、台北で開催された聴覚障害者の夏季五輪「デフリンピック2009」に初出場した女子サッカー日本代表選手のドキュメンタリー映画「ア イ・コンタクト」(中村和彦監督)が19日、神奈川県藤沢市民会館小ホール(同市鵠沼東)で上映される。昨年の女子サッカーワールドカップで優勝した日本 代表「なでしこジャパン」が人気沸騰の中、映画では「もうひとつのなでしこジャパン」の姿を知ることができる。 (加藤木信夫)

 「見る とにかく見る どんな時でも顔を上げないと伝わらないから!」という副題がついた映画では、年齢も立場もさまざまな選手たちが、「もうひとつのなでしこ」の旗印の下で結束。外国の強豪チームに立ち向かう姿が映し出される。

 単なる試合中継にとどまらず、選手たちの歩み、それぞれの障害、学校や職場、家族の思いのほか、聴覚障害者教育の変遷と現状にまで踏み込んでいる。

 主催は、市内の教職員とOBの有志でつくる「アイ・コンタクト上映実行委員会」。担当者は「聴覚障害者への理解を広めるだけでなく、私たちに困難に立ち向かう勇気、明日へ歩む希望を与えてくれる作品と信じています。多くの方にご覧いただければ」と話している。

 上映は十九日午後二時から。席数は約四百で全席自由。前売り券は五百円、当日券は六百円。上映後、中村監督の舞台あいさつがある。問い合わせは実行委の薄木由美子委員長=電090(9153)2354=へ。(東京新聞)

 東京での試写会に行った時に最後の字幕に「市民スポーツ&文化研究所」の名前が出てきたときには感動しました。チケットの売りさばきには20枚ぐらいしか貢献しなかったのですが、このHPにしばらくは「チラシ」を掲載していましたのでもしかして覚えていらっしゃる方もおありかと思います。

 あらためてこの映画の自主上映運動((株)パンドラ)、を四国でやってみようと決意した次第です。

 

「アイ・コンタクト」製作委員会
〒104-0041東京都中央区新富2-12-6片山ビル パンドラ内
電話:03-3555-3987 ファックス:03-3555-8709

 

 昨夜は日野市内のIさん宅で奄美大島の「焼酎」お湯割り、それに珍しく埼玉・深谷のほうとう鍋、さらに山菜の天ぷらなどをお腹いっぱいご馳走になりました。自治体問題の実践派にして理論家ならではの怪気炎を久しぶりにお聴かせいただきました。ますますもって歳を感じさせないIさんにあやかろうと密かに決意を固めました。

 四国からは次々に文科省「好循環プロジェクト」企画が振興しつつある「ニュース」が届いています。ついに市の教育長にまで話が伝わったようです。24日以降、四国に戻っての新たな展開が楽しみです。元々は「駄目元」精神ですから仮に今回、文科省から採択されなくても運動の火種は残りますね。

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004