市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

2月20日(月) 「中学校武道必修」問題の波紋

2 20

Written by:
2012/02/20 8:58  RssIcon

 一昨日アップした右の写真の「コメント」が届きました。届けてくれたのはユネスコ倶楽部のMさん、大槌町に入ってもう1年近くになる方です。以下はその「コメント」です。

 

 岩手県大槌町「菜の花プロジェクト」からのお便り:2011年3月11日に津波に襲われた大槌町。街中を流れる大槌川の河川敷の瓦礫を金山文造さんがツルハシで片付け、耕し、肥料を入れ、全国からのボランティアと共に毎日毎日作業を続け、9月の初めに菜の花の種を蒔きました。イロイロな方々から寄附頂いた種には、早咲きのものもあり、11月に咲いたものもあります。写真は12月に撮ったものです。花の中に立つお地蔵様は、府中市本宿町の酒屋&喫茶店「かもした」のお母さんが作ったものです。11月27日の府中市男女協同参画フォーラムでの講演の為に府中を訪れた金山さんにプレゼントしたものです。「慈愛」の思いが込められたお地蔵様です。津波で町の一割の方々が、亡くなったり行方不明になった大槌町への金山さんの思いと、遠い大槌を思う鴨下さんとの合作です。

 

 今朝の読売新聞に「4月から武道必修…公立中66%が柔道選択」が出ています。問題は柔道必修に対して、「授業中の事故に不安の声も上がる中、24都道府県と11政令市の教育委員会が柔道の指導計画モデルなどを準備する一方、13府県市教委は指導未経験者を把握しておらず、研修も義務付けていないことが判明、対応に温度差がみられた。」というところです。

 毎回言っていることですが、「犠牲者」が出ないと変わらないのでは子どもは救われません。私は再度『マスコミ市民』3月号に書きました。まもなく発刊されると思いますのでそれが出てから原稿をアップしたいと思います。また、3月10日に以下のシンポジウムが企画されています。

シンポジウム

柔道死と武道必修化

考えるなぜ教育にスポーツが必要か

 平成20年に改訂された中学校学習指導要領に基づき、今年の4月から武道の授業が中学校の必修になります。ところが今頃になって、学校柔道における生徒の死亡率の高さが、急速に社会問題化してきています。本学名誉教授の山本徳郎先生は、この問題に、はるか以前から警鐘を鳴らしてこられました。また、森川貞夫先生は広く体育・スポーツにおける人権問題に長年にわたって関わってこられました。そこで緊急に、両先生のお話をうかがい、同時に、学校スポーツの本来あるべき姿とは何か、話し合ってみたいと思います。教育は万人の関心事です。専門にこだわらず、討論に参加していただければ幸いです。

 

問題提起

山本徳郎先生

(奈良女子大学名誉教授・スポーツ史)

森川貞夫先生

(日本体育大学名誉教授・市民スポーツ&文化研究所代表)

 

討論者

鈴木康史(奈良女子大学准教授・身体文化学)

小路田泰直(奈良女子大学教授・日本近代史)

 

司会

功刀俊雄(奈良女子大学教授・身体文化史)

 

日時・場所

平成24310日(土)午後1時~4

         奈良女子大学大学院棟(F棟)5階 大会議室

 

主 催:奈良女子大学文学部教員有志

連絡先:奈良女子大学文学部功刀研究室 ☎0742203343

 

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004