市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

2月23日(木) ロンドンオリンピック招致から学ぶ

2 23

Written by:
2012/02/23 9:08  RssIcon

 社会体育研究会・さわいの会の「同志」二人の「偲ぶ会」

昨夜は新宿・ニュー・シティ・ホテルで故前田恒子さんと佐々木義雄さんの「偲ぶ会」が開かれました。

 さわいの会の「お母さん」こと前田恒子さんは福岡市主婦卓球愛好会初代会長にしてまさに卓球のラケットをもったまま帰らぬ人となりました。

 さわいの会初代代表にして長く練馬区の社会教育主事として1970年代初めから先駆的に地域スポーツ行政を推進し、定年直前には筑波大学社会人コースで修士論文を書き、これから「まとめ」の著書を執筆するという計画をもっていた佐々木義雄さん、残念で悔しかったことでしょう。

 さわいの会だけでなく日本の地域スポーツ、生涯スポーツの理論と実践に大きな貢献をしてきたお二人だけにその損失と打撃はこれからじわじわときいてくることでしょう。

 残されたものの勤めとしてお二人の「遺志」をもう一度しっかりと確認しながら、それを受け継ぎ実践していくことが求められます。

 

 昨日の読売新聞スポーツ面に新たな連載が始まりました。「3度目の誇り London 2012」です。

 第1回は「スポーツが人生を変える…啓発計画 世界で浸透

 ここに紹介されているのが「国際啓発プログラム」です。左の写真に見る通り、すでに発展途上国向けに実施され、成果を挙げているのがわかります。なぜ、2020年五輪招致に東京都は学ばないのでしょうか。日本国内向けに「復興」が「復活」に変わってみても国際的にはなんのアピールもできないでしょう。

 と思っていたら同じく毎日新聞の今朝の「発信箱」に関連記事を見つけました。「発信箱:東京オリンピック=落合博」です。

最後の「日本を支えていく人たちにも聞いてみたい。東京オリンピックは必要ですか?(論説室)」が効いています。

  今日の第2回は「マスコットに込めた自負」です。パラリンピックの種を蒔いたのは誰か。

 

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004