市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

3月 5日(月) 恩師健在なり!

3 5

Written by:
2012/03/05 9:44  RssIcon

 一昨日は四国体育・スポーツ学会兼体育学会四国支部の研究会に高知まで車で出かけました。

 なにしろ恩師の成田十次郎先生が「四国の若い研究者に期待することードイツ体育史研究者としての回顧を通してー」というタイトルで講演されるということですから、教え子としては何はさておいても駆けつけなければと思ったわけです。

 講演の中味は文字どおり先生の半世紀の渡る研究生活をふりかえるものでしたが、仁淀川を遡って山間地帯ー「七つの星が三つしか見えない山里」ーで育った先生が、戦中・戦後をどのようにくぐり抜けてきたか、いかにして研究者への道を歩んだかをユーモアをまじえながらの90分はあっという間に終わりました。くわしい話の内容は高知新聞に連載されたものが『サッカーと郷愁と』(不昧堂出版)にまとめられていますのでそこに譲りますが、久しぶりに見る恩師の表情が溌剌としていてとても78歳とは思えないお元気な姿になにか刺激を受けました。近代ドイツ体育・スポーツ史を書き上げるまではがんばるそうです。

 一昨日の私の発表は14分、質問4分というのですから、とても「中学武道必修化と柔道事故を考える」とこまではいきませんね。自分をふくめた体育研究にある者が「武道必修化」の問題を他に先んじて論じて来なかった不明を先ずは反省すべきではないかと思うわけです。

 その上で「柔道事故の危険性」に対してどのような対策をすべきかを提案しつつ、さらには「武道必修化」が今後、日本の学校教育や現場に何をもたらすのか、しっかりと論じていくことが大事かと思います。いったん「必修化」されたわけですから学習指導要領の改訂か、よほどの事がない限り全国の中学生約360万人内必修の武道の授業を受ける1,2年生約240万人が確率的には毎年数人の「柔道事故死」の危険に遭遇するという非常事態です。

 ですからここは「教育界はそうした精神論(武道イデオロギー「批判」)をめぐる闘争に腐心するあまり、エビデンスにもとづいた実態の把握と解明を怠ってきたことは否めない」(内田良「柔道事故の実態から『武道必修化』を考える」、『季刊教育法』2011.3)を真摯に受けとめることからスタートしなければならないということ、同時に「今、なぜ『武道』か」の追求をゆるめてはならない、というのが私の「主張」でした。

 したがって地方に居る体育・スポーツ研究者は大学に閉じこもっての研究ばかりではなく、学校・地域の実践現場との「協力・共同」をどのようにつくりだすことができるのか、このことが「学会・研究者」の地域貢献・社会的貢献ではないかと、「おわりに」の部分だけを強調して降壇しました。思いの外質問があって少しは刺激になったかと、参加者が少ない(20人強?)なりにまあよかったのかなと思いましたが、実際にはどうなんでしょうか。

 しかしこれで中学生がこの春から負うリスクをどのように予防できるのか、現場の先生方にも賛同してもらえる指針を提出しなければを申し訳が立たないという思いは深く胸に刺さったままです。

 

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004