市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

3月 9日(金) 「現代日本に戦前の独の予兆」(朝日新聞「声」)

3 9

Written by:
2012/03/09 8:44  RssIcon

 裏山からうぐいすの声が聞こえるというのに今朝の寒さ、朝6時30分からごみ当番でお寺の前で8時まで立っていたために体の芯まで冷えてしまいました。

 さて、ここ数日、確定申告の準備やらレジュメ書きその他で気持ちが追われていたせいか、更新もままならなかったようです。昨日の朝日新聞の投書欄に載っていた65歳の男性劇作家の文章をコピーします。

 デジタル版で検索したのですが、見つかりません。もしかして四国版だけにしか出ていなかったのかもしえません。

 最後の「日本社会と人々はーーーーー」という文章の結語が気になります。

 明日は奈良女子大で「柔道事故死と武道の必修化を考える」シンポジウムに山本徳郎先生と一緒に「問題提起」をします。

 東京からは彫刻家のNさん、」それに「全国柔道事故被害者の会」のK事務局長も参加されるとのメール、これはたいへんなことになりそうです。

 いったいどれくらいの人たちに関心をもってもらえるのか、また学校現場の先生方は学年末で忙しい時期なのでお見えになるのかどうか、これも心配です。いずれにしても時期は少々逸した感じもしますが、できるあでけ当事者である保護者や先生方に訴えて「事故死」が起きないようにしっかりと対策をとれる体制をつくりたいものです。

 フランスは世界でもっとも柔道人口が58万人と世界でもっとも多い国ときいていますが、死亡事故は0だというのです。それは380時間に及ぶ指導者資格(国家検定)を得るためのカリキュラムが徹底しているからだとも。

 日本柔道連盟の「柔道の安全指導」(2011年第3版)、「柔道授業づくり教本 中学校武道必修化のために」(2010年)、文科省の「柔道指導の手引」(二訂版、1999年)が出ていますが、文科省の「手引」には今回の「中学校必修化」前ですし、「事故死」、「頭部損傷事故」等への配慮が読み取れません。

 噴飯物は「学校等の柔道における安全指導について(依頼)」(2010年7月14日付)の文書です。「柔道の安全指導を徹底するため、財団法人全日本柔道連盟が作成し訂る安全対策の手引き『柔道の安全指導』等を参考にするとともに、特に下記の点に留意してーーーーーー」という文書の最後の「記」に以下の「指示」があります。

(1)指導の前に児童生徒等の健康状態について把握するとともに、指導中の体調の変化等に気を配ること。また、児童生徒等が自身の体調に異常を感じたら運動を中止することを徹底させること。

(2)指導に当たっては、児童生徒等の技能の段階に応じた指導とすること。特に、初心者には、受け身を安全にできるよう指導を十分に行うとともに、その動作に注意を払うなど、十分な配慮を行うこと。

(3)施設や用具等の安全点検を行うなど練習環境に配慮すること。

(4)事故が発生した場合の応急処置や緊急連絡体制など対処方法の確認と関係者への周知を徹底すること。

 

 このようなことで「柔道事故死」「柔道事故」を皆無にする「姿勢」が読み取れますか?単なる「アリバイ証明」(一応は「文書」を現場に流しましたよ)ととられても致し方ないと思いませんか?

 最近になって「有識者会議」(正式には「体育活動中の事故防止に関する調査研究協力者会議」というのだそうですが、残念ながら『開催通知」は出ていますが、議事録は見当たりません)なるものを開催していると聞きますが、どんな議論がなされているか注目しておきたいと思います。

 

 

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004