市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

3月20日(火) 「原発 もの言わぬは後押しと同じ」(全日本仏教会・河野太通会長)

3 20

Written by:
2012/03/20 6:36  RssIcon

 今日の花は、ミツマタ,みつまた(三椏)、花言葉は「強靱」「意外な思い」「壮健」「永遠の愛」「肉親の絆」だそうです。

 園芸店の花木コーナーで昨日見かけましたが、もっと素朴な感じでした。春先に一番に咲く感じですかね。コウゾなどと同じく紙の原料にもなるとも。

 「強靱」というのがいかにもと思えます。

 

 今朝は珍しく早起きでしたが、朝日新聞には中学武道必修化をめぐって2っの記事、一つは2面に「ニュースはわからん!」で「中学で武道が必修になるんだね」という「解説記事」、もう一つは4面に谷亮子議員(民主党参院・元オリンピック柔道金メダリスト)の写真入りで「必修柔道を安全に」という参院予算委員会での質疑の囲み記事です。

 「指導員資格制など提案」とありますが、平野文科大臣の「学校で安全確保を再点検の結果、問題点があれば計画を見直すなど、あらゆるリスクをなくすよう努力する。国家資格も検討してみたい」という答弁も、なんだか「できレース」じみていて民主党政権と谷議員の点数稼ぎの「八百長質問」の感じがします。今になって何を今さらと言いたいですね。もっと早くから全国柔道事故被害者の会をはじめ「警告」を発していたはずです。

 それよりも今朝の記事でもっと注目したのは25面の文化欄・「こころ」での表題記事でした。

 デジタル版で検索しましたが、どうもヒットしません。そこで3月11日に出た関連記事をコピーしておきます。

〈政治考〉原発事故の教訓 「空気読む沈黙」繰り返すな

星浩(編集委員)

 この1年、大震災と原発事故を巡る多くの議論を見聞きしてきた。その中で印象に残った2人の話を紹介したい。

 昨年12月、伝統仏教の宗派でつくる全日本仏教会が「脱原発宣言」を発表した。政治的な発言を控えてきた同会としては、異例のことだ。

 「『いのち』を脅かす原発への依存を減らし、原発に依(よ)らない持続可能なエネルギーによる社会の実現を目指します。誰かの犠牲の上に成り立つ豊かさを願うのではなく、個人の幸福が人類の福祉と調和する道を選ばなければなりません」と明言している。

 この宣言の狙いについて、同会の河野太通会長から話をうかがう機会があった。

 「日中・太平洋戦争で仏教の教団は何をしたか。戦争反対の声は上げず、信徒から集めた寄付金で、軍に戦闘機を贈ったこともあった。それでも戦後しばらくは、懺悔(ざんげ)もしていない。そういうことでいいのかと思い続けてきた」

 「あの戦争の時、宗教者が国家に順応して戦争に協力してきたことと、原発問題に口を閉ざす雰囲気が重なる。原発事故で故郷を離れざるを得ない人々のこと を思えば、命の尊厳を唱える仏教者として原発は持ってはいけないものだ。生活のあり方を見直し、原発を必要としない社会をめざすべきだ」

 戦争中、多くの仏教者が口を閉ざしたことを反省し、今こそ原発問題で発信すべきだという。宗教家の真摯(しんし)な姿勢を感じた。河野氏は全国の寺院に対し、地震発生から丸1年の11日午後2時46分に梵鐘(ぼんしょう)をつくよう呼びかけている。

 もう一人、高名な科学者が鳴らした警鐘を聞いた。福島第一原発事故の原因を民間の立場で調べる「独立検証委員会」の北澤宏一委員長。「原子力ムラ」の体質を厳しく指摘した報告書を公表した際の発言が明快だった。

 「原発の安全神話による自縄自縛が生まれていた。100%安全なものに、なぜこれ以上の安全策が必要なのかという論理だ。政府高官によれば、一人一人は 安全対策に問題があると思っていたが、自分が何か言ってもどうしようもないと、みんなが空気を読み合っていたという。空気を読むことが日本社会で不可避で あるとすれば、そのような社会は原子力のようなリスクの高い大型で複雑な技術を安全に運営する資格はない」

 世の中の空気を読んで口を閉ざす。その愚を繰り返してはならない――。宗教家と科学者が説く原発事故の教訓であり、それは私たちジャーナリズムへの警告でもある。

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004