市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

3月29日(木)  JOC・競技団体の国庫補助、サッカーくじ助成の「不正」問題

3 29

Written by:
2012/03/29 21:42  RssIcon

 今日の花は、スモモ,すもも(李・酢桃)、花言葉は「忠実」「貞節」「独立」「疑惑」「甘い生活」 だそうです。

 忍野の裏の林に1本、すももがありますが、こちらは海抜980Mありますので花が咲くのは4月もかなり遅くにだと思います。近々水空けに行きますので様子を見てきましょうか。

 

 表題の「JOC・競技団体による国庫補助、サッカーくじ助成について」少しずつ意見が出始めていますが、中でも毎日新聞・滝口記者の「意見」は同感です。同様に、元読売新聞の牛木さんからも「スポーツ政策研究会」のテーマで取り上げるようにメールが来ています。スポーツ・デザイン研究所の「アドヴァンテージ」に掲載されたものをコピーしておきます。

JOCに「独立の志」は残っているか

 専任コーチに対する国庫補助金や競技団体の役職員に対するサッカーくじ助成金をめぐる不適切受 給で、日本オリンピック委員会(JOC)は問題の発端となった理事が辞任したばかりでなく、その他の役員や事務局幹部に減給や降任降格、厳重注意の処分を 科した。「不適切」と指摘されたのは10競技団体。補助金頼みに陥っている今のスポーツ界に、起きるべくして起きた問題ともいえる。ただ、今回は単なる不祥事ととらえるのではなく、もっと大きな流れの中で生じた問題と見るべきだ。

 一連の仕組みはこうだ。競技団体は、国庫補助金を受ける事業の場合は3分の1、サッカーくじ助成金の場合は4分の1の費用を自己負担しなければならない。このため、財政難の競技団体は、この負担金を支払えなければ事業が展開できない。問題となった のは国庫補助対象の「専任コーチ等設置」、サッカーくじ助成対象の「マネジメント機能強化」の事業。ともに人を雇用し、報酬が支払われるものだ。しかし、 指摘を受けた競技団体は、本来は団体が負担すべき費用を受給者に「寄付」という形で戻させ、団体の負担を軽減させて補助・助成を受けていた。受給者が寄付 をしてはならないという規定はなく、まさに巧妙な手法で公金を回していたといえる。

 なぜこのようなことが蔓延したのか。ここ10数年ほどの間に、JOCをはじめ、競技団体は国庫 補助や文科省の外郭団体「日本スポーツ振興センター」が運営するサッカーくじ助成に依存する体質を強めてきた。バブル経済の崩壊以降、景気は回復せず、自 主財源を稼ぎにくくなった事情が背景にはある。競技団体の役員もトップアスリートも、スポーツは国の支援がないと成り立たないと強調し、国策としてのメダ ル至上主義を突き進んだ。その結果として補助や助成を受け、公益法人としての資格を認められた。

 本来、スポーツ界が目指した道はこうではなかったはずだ。1980年モスクワ五輪で国の圧力を 受けて不参加を余儀なくされたJOCは、このような支配を受けない、政治とは距離を置いた独立した組織を志した。各競技団体の意識も同様だったろう。しか し、いつの間にかスポーツ界からそのような「初心」は消え、補助金や助成金の甘い汁を吸うようになった。それが問題の根底にあると私は思う。

 今回の不祥事により、JOCへの補助金は今後削減されていくに違いない。2012年度の文部科 学省のスポーツ関連予算は約238億円。このうち、国が直轄的にメダル有望競技を支援する「マルチサポート事業」の予算は約27億円に及び、初めてJOC への補助金額を上回った。これからはさらに国の直轄強化が進み、JOCは単なる五輪への選手派遣団体に堕していくかも知れない。そうなれば、この国のトッ プスポーツは政府の支配下にあるも同然だ。そのような危機に直面していることをJOCは自覚しているだろうか。かつてのスポーツ関係者が強く抱いた「独立 の志」は、少しでも残っているだろうか。

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004