市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

  11月 9日(金) いまどき日体大が北朝鮮行きって、一体、何しに!?

11 9

Written by:
2012/11/09 18:03  RssIcon

 瀬戸の広島側に落ちる夕陽(室本港の土手から)

 お昼前に電話で「日体大が北朝鮮に行くというのほんとなの?いったいどんな意味があるのか知っている?」という問い合わせがありました。昨日の毎日新聞に出ていたというのですが、まったく寝耳に水、あわてて図書館で調べたのですが、こちらの新聞には出ていませんでした。しかしネット検索ではスポニチが以下のように報じていました。

日体大が北朝鮮遠征 サッカー、柔道部など46人

 日本体育大は9日、サッカー、柔道、レスリング部の学生ら46人がスポーツ交流を目的に北朝鮮に遠征すると発表した。11日に出発し、17日に帰国する。12日からの5日間は平壌に滞在し交流試合などを予定している。

日本政府は2006年の北朝鮮によるミサイル発射を受けた経済制裁の一環で、国民に北朝鮮への渡航自粛を要請している。団長を務める日体大の松浪健四郎理 事長(66)は「体制が変わったことで雪解けも感じている。20年五輪招致をする国が近くの国と交流しないのは不自然」と説明した上で「スポーツ交流を通 じて、お互いの扉を開けようという思い」と狙いを話した。

遠征に参加する全学生の両親から承諾を得たという。レスリングでは日体大OBでロンドン五輪代表の湯元健一選手(27)=ALSOK=もコーチとして同行する。

日体大は9月に北朝鮮に対してスポーツ交流の意向を打診した。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じて招待する連絡があったという。

 また産経ニュースでは写真入りで報じています。

「政治目的はない」と松浪理事長 北朝鮮遠征の日体大 

2012.11.9 17:42
北朝鮮遠征について会見する日体大の松浪健四郎理事長=9日午後、東京都世田谷区の日体大東京世田谷キャンパス(撮影・古厩正樹)

北朝鮮遠征について会見する日体大の松浪健四郎理事長=9日午後、東京都世田谷区の日体大東京世田谷キャンパス(撮影・古厩正樹)

 スポーツ交流を目的にした北朝鮮への遠征を予定している日本体育大の松浪健四郎理事長が9日に会見し、「何一つ政治目的はない」と強調した。現地 で北朝鮮の要人と面会する予定もないとした。北朝鮮には12日から5日間滞在し、サッカー、柔道、レスリング部員ら46人が参加する。

 平成18年の北朝鮮のミサイル発射を受け、日本政府は国民に北朝鮮への渡航自粛を要請しているが、「(自粛を)一体いつ解くのか。五輪招致をしている国が近くの国と交流しないのは不自然だ」と述べた。

わざわざ記者会見までして「政治目的はない」という松浪理事長の発言もなんだか裏がありそうです。いずれ時間の経過とともに明らかになるでしょうが、スタンドプレーの感じもしないでもないですね。

 

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004