市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。

12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります

12 3

Written by:
2012/12/03 15:26  RssIcon

 今日の花は、ベラドンナ・リリー、花言葉は「ありのままの私を見て」「沈黙」「私の裸を見て」だそうです。

 正確にはBella Donnaは、イタリア語で「素敵な・美しい女性」の意ですが、百合の一種なんでしょうか。

 今日の朝日新聞世論調査の結果を見ると、なんだか「日本未来の党」の政党支持率が「維新の会」より下になっているのでおかしいと思ったのですが、検索してみて驚きました。

 「日刊現代」の12月1日付の検索件数4000万件「未来の党」異常人気」の記事のとおり、「「小沢嫌い」の大マスコミは、「未来の党」についてネガティブな報道をつづけているが、有権者の期待はどんどん強まっている。これには「未来の党」の結成に動いた小沢一郎(70)も驚いているのではないか。

 「党本部や小沢一郎の事務所には『ボランティアをやりたい』『カンパしたい』『立候補したい』という電話が殺到しています。とくに幼い子どもを持つ母親が 『脱原発を実現して欲しい』と次々に電話をかけてくる。過去の新党ブームは、マスコミが人気を煽(あお)って火をつけたが、〈未来の党〉はメディアの報道 と関係なく支持を広げている。公示直前の新党結成だったから、人が揃うか心配されましたが、ボランティアも候補者も間に合いそうです。

 私もあらためて「日本以来の党」のHPにアクセスしてみました。「びわこ宣言」とともに「政策」が非常にシンプルに出ていました。嘉田さんも現職の滋賀県知事としてもりっぱに男社会の中で仕事をしておられますし、筋の通った研究者としてのこれまでの生き方にも共鳴しました。

 もっと多くの人々にこのことを知って欲しいと思い、しばらくHPにもリンクを貼っておきますのご関心のある方はご笑覧ください。

 

 またも「経済的効率」利益重視」の経営によって「トンネル事故」、あまりにもずさんな安全管理、いまどきハンマーかなにかで叩いて「大丈夫」だなんて、いい加減なこと言うな!と叫びたい気持ちをおさえています。中央道・笹子トンネルといえば大月からすぐ近く、私も何回か信州へ行くのに通たことがあります。「老朽化」が事故の原因だとはどんな顔してしゃべるのでしょうか。第二、第三の犠牲者に私も、あなたももしかしてなるかもしれません。恐ろしい世の中になったものです。

 「命は地球よりも重い」というのは単なるスローガンなのでしょうか。そういえば今の政権党もそして多くのそれに長く政権に居た自民党の掲げる「マニフェスト[選挙公約)も選挙の時だけの、国民の目くらましのために掲げる「スローガン」にすぎないのかもしれません。

 それぞれがどのように「政治的責任」を果たしたのかどうかは歴然だと思いませんか。今の原発も経済不況も就職難も若者世代の喪失感もすべては「失われた20年」いや実際には1960年代からずっと引きずってきた政治の結果ではないかと思うわけです。田舎に居ていくら叫んでみてもむなしいとは思いますが、黙っているわけにはいかない心情です。だからいつまでも「青臭い」と言われるそうでやめますが、「仇をとってください」と、多くの方に声をかけたいところです。

Tags:
Categories:

 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004