市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2010/01/01 7:28

 新年明けましておめでとうございます。

2010年の幕開けですが、今年は私もいよいよ3月で「定年・退職」となります。しかし「生涯現役」を誓っていますので研究を止めるわけではありません。これからはもっと自由に自分のやりたいこと、したいことを精一杯やりたいと思います。きっと今まで以上にわがままを通すことになりそうですが、できれば今後ともよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。

By Morikawa on 2009/12/31 8:20

 いよいよ今年も最後、来るべき2010年が「始まっている未来」(宇沢弘文、内橋克人)への確かな一歩となることを願いながらここまでおつき合いいただいた皆様に感謝申し上げます。来年もよろしく。

By Morikawa on 2009/12/30 10:58

 浅田麻央、見事全日本4連覇、オリンピック初出場を決めました。

By Morikawa on 2009/12/29 10:46

 昨日の夜は市ヶ谷のスポーツ・プロモーション研究室で「竹之下休蔵生誕100年記念シンポジウム」の「反省会」を兼ねた事務局会議で残務整理をしました。

 それにしても立派なオフィスです。12畳以上はある感じです。堀端にあるマンションの10階ですから上智大学と法政大学の建物が見え、眼下には桜並木でしょうか、4月の桜の季節に訪ねてみたいですね。

By Morikawa on 2009/12/28 8:17

 久々に源さんこと、谷口源太郎さんが左の本を出版しました。サブタイトル「スポーツを殺すものPART2」は前著から続いています。

 今日本のスポーツをきちんとフリーで語ることのできる唯一のジャーナリストと言っていいでしょう。今年の最後のお薦めの本ですね。

 じっくりとこの年末に読みたいと思います。購入申し込みは直接下記へお願いします。

花伝社(FAX:03-3239-8272)

By Morikawa on 2009/12/26 21:32
 実は一昨日から母の様子が心配なので瀬戸内に来ています。なんでも肺病の疑いがあるというので熱があり、気が気でなかったのです。とりもとりあえず施設に見舞ったのですが、すでに熱は下がって本人はすやすやと寝入っていました。歳も歳なので(101歳を超えてまもなく102歳)仕方がないのですが、看護士さんからはいつ急変するかわからないので覚悟だけはしておいてくださいと申し渡されてしまいました。

 父が亡くなった時に母のほうはすでに認知症が進んでいたので葬儀の写真の真ん中に写っている自分を見て「私やこんなに歳をとってはいやしません」と、はねつけたお方ですから今度はなんと言うか、確かめてみたいと思いますが、いかんせん何を話しかけても意思疎通ができないのですからどうしようもありません。

 歳をとるということはこういうことなんでしょう。だれもがいつかはこういう道をたどるわけですから今はじっと我慢をするしかないでしょう。遠くに離れて暮らしていると日常からは母のことは意識から離れていますが、何かの加減でふと頭に浮かんできて気になりだします。そうなるとじっと寝ているわけには行かなくなります。だったら自己満足でも直接に会いに行くしかないわけです。

...
By Morikawa on 2009/12/25 8:53

 日本人の宗教心というのはヨーロッパなどとはちがって多神教というか、あまりこだわりがないせいか、カレンダーでやれ「大安」だ、「仏滅」だとかいいながら、一方では「13日の金曜日」を気にしたり、まあご都合主義の典型というところでしょうか。

 ご都合主義といえば昨日の鳩山首相の「弁明記者会見」のようにかつて野党時代に「秘書の責任は政治家の責任であり、私だったら責任をとって辞める」と激しく迫ったことを忘れてたかのような「すり替え」答弁に終始していました。スポーツにおける「フエアネス」「ジャスティス」の問題を思い浮かべながら聞いていました。

 そんなときに畏友である阿部生雄氏の『近代スポーツマンシップの誕生と成長』(筑波大学出版会、2009年)を思い出しました。大部ですのでまだ読みきっていませんが、イギリスの中世から近代にかけての貴重な史料を駆使しての労作ですので年明けてじっくりと読むつもりです。

 

By Morikawa on 2009/12/24 8:50

 昨日のトリは講談の一龍斎貞山さんでした。何と娘さんが弟子入り!

By Morikawa on 2009/12/23 9:39
 今朝もまったくの晴天、やはり空気は冷たいですね。

 ここのところHPへのアクセスが徐々に増えてきていますが、思い当たるような「書き込み」はしていないので不思議な現象だなあと半信半疑の気分です。

 それにしても「アスリート・ファンド」といい、「アスリート・ユニオン」といい、どうしてこれまで気がつかなかったのか、1980年に出版した『スポーツ社会学』(青木書店)の第3章の末尾には「スポーツが国民生活のなかに正当に位置づけられ、『スポーツ労働』の『社会的有用労働』としての側面が『寄生的側面』を克服し、全面開花するために、労働時間短縮、生活向上のための民主主義的諸運動の前進と『スポーツ労働者』運動および国民スポーツ運動が統一されるときに、よりいっそう拡大される。」(83頁)と、かなり硬直した文章ながら書いています。

 また、第4章「スポーツと人権」のところの末尾でも「スポーツマンの人権・生活権の擁護・獲得も国民のスポーツ権の擁護・獲得も同じ社会の現実から規定されてくるから」「これはスポーツマン一個人ばかりでなく、すべてのスポーツ組織・団体が、真にスポーツマンの人権・生活権を保障し、発展させていくことがみずからの組織の発展・拡大につながっていくという展望に立つならば、当然、多くのスポーツ愛好者、国民との連帯・協力の道を歩まざるをえない。広くスポーツ愛好者=国民に依拠しながら、スポーツの普及・発展・向上をすすめるのか、商業主義に屈服し、寄生的性格をいっそうつよめていくかの分岐点は、スポーツ組織・団体構成員すべての現状認識と将来の見通しにかかわる重要な選択の問題となるであろう」と書き、最後に「あらためて、すべてのスポーツマンの基本的人権の確立と生活権の確立のための連帯と協力をよびかけたい」(105頁)という文章で結んでいます。

...
By Morikawa on 2009/12/22 8:31

 昨日は健志台で試験(これで文字どおり最終です)。手伝ってくれたIさん,Nさんの慰労を兼ねて新大久保で韓国料理を堪能しました。

By Morikawa on 2009/12/21 7:48
 昨日は一日家で切り抜き整理と今週に実施する最後の「試験問題」のチェックをやりました。

 19日のスポーツ法学会・第二東京弁護士会共催の「スポーツを強くするシンポジウム」関連記事を探したのですが、昨日書きこんだ読売がもっともくわしく後は日経にしろ、「日刊スポーツ」にしろ鈴木寛文科副大臣の「発言」にひっかけた、よほど注意して探さないと見つからないほどの小さな記事です。

 「日刊スポーツ」は「リュージュ切り捨てないで!!」「五輪代表候補が鳩山首相に悲痛な訴え」と、かなり派手な見出しで取り上げていましたが、その最後のところにちょこっと「予算横ばい確保したい」(鈴木文科副大臣)と出ていました。これでは「刺身のつま」にもならない感じです。

 いただいた「名刺」を頼りにネット検索していたら、民主党の友近聡郎議員(元Jリ-ガー)の「国会報告」にぶつかりました。友近議員についてはリンクを貼っている二宮清純さんのHPにも「友近聡朗「国会ピッチレポート」というのがあることを知っていましたので時々覗いていました。今回は彼の公式HPにある「国会活動報告」の2009年4月16日、参院文教科学委員会での「質問要旨」(以下のコピー参照)に大変興味を持ちました。早速、議事録を取り寄せてみようと思います。

...
By Morikawa on 2009/12/20 10:29

 白金台・東大医科学研究所の看板、勢揃いしたシンポジストのみなさんです。

 昨日の「日本のスポーツを強くするシンポジウム」はとりあえず「大成功!」だったと思います。

By Morikawa on 2009/12/19 7:15

 「ぴんと背筋の張った、煮えたぎるほどの熱い論述」「私たちの生きる社会の背後につづいた暗闇の道に光の刃を投げ、その同じ光を前後へと振りかえることで、視線の先にすでに『始まっている未来』の確かな予兆を探り当てることができた」(178頁)

By Morikawa on 2009/12/18 6:05

 どこか余計なところをさわったらしく、昨日のお昼頃からHPの写真やらが消えてしまいました。目下、修復を頼んでいますが、あいにく管理人が海外出張から帰ってきたばかりのようでしばらくは不便ですが、ご容赦ください。

 と書いて大騒ぎしたのですが、管理人に連絡をとり、なんとか原因がわかり、無事修復しました!

 


By Morikawa on 2009/12/17 15:01
 一昨日から毎日新聞スポーツ欄で「逆風の中で」(第7部 地域プロ)が始りました。①は「ベースボール北海道、船出へ」、②は「BCリーグ6球団」、③は「2人からの出発」です。「地域プロ」ということでふだんはあまり取り上げられてこない「独立リーグ」などが今後も登場してくるものと思われます。

 こういう地方での動きを新聞社の「取材調査」で追ってもらうと助かります。テレビやITの普及で「衰退」著しいと言われる活字メディアですが、こういう形で存在意義をアピールしてくれることはとてもいいことだと思います。本来、活字メディアの長所はこういう「取材調査」という方法で「テーマ」や「問題」を追求していくところに活路があるような気がしますが、毎日新聞に引き続いて他紙もやってくれると面白くなるのですが、どうでしょうか。

...
By Morikawa on 2009/12/16 5:01
 一昨日の「ネッツバー」でNPOニッポンランナーズの亀野クラブマネージャーの「発表」の最後に「組織活性化」には「三つの”もの”」が必要だと。

 それは「よそ”もの”」(身内や仲間内以外の目・視点)、「わか”もの”」(文字どおり若者こそ未来へのエネルギーですね)、「バカ”もの”」(いい年なんて言われようが少年のようにあることに打ち込むことのできる人でしょうか)です。

 たまたま昨日の早稲田での「社会教育方法論」の講義で資料に引用した旧沢内村の「コーリム大学」の「コーリム」とは、Child(子ども)、Old(老人)、Lady(女性)、Youth(青年)、Men(男性)の頭文字をとってCO-LYMとよぶのだそうです。

 ところが昨晩は疲れも溜まっていたので早々にベッドに入ったのですが、朝方に「ラジオ深夜便」(ほとんど着けっぱなし状態)の「こころの時代」でNPO法人ロシナンテス理事長・医師の川原尚行さんの「スーダンの子らとともに(2)」を聞いてしまったんですね。

 今の時代にこういう人が居るのかと、ついつい惹きつけられて最後まで聞いてしまいました。外務省在職中にスーダン勤務、そこで出会ったスーダンの人々と社会(未だ民族対立などで抗争があり、そのために貧しく子どもたちは5歳までに4人に一人が死んでいく)で何かできないかと、外務省を辞めて現地での医療活動などに従事しながら、もっと活動を広げるためにNPO法人ロシナンテス(「ドンキホーテ」に出てくるあの痩せ馬の名前!)を3年前に設立された方です。

...
By Morikawa on 2009/12/15 8:19

                      右の写真は、ネッツバーで挨拶する黒須理事長

By Morikawa on 2009/12/14 7:51
 今年の授業(ということは事実上、生涯の最後の授業)も残すところ後2週となったのですが、来週はほとんどが「テスト」なので実際には今週で終わりになると言うことです。

 その分、気合いも入りそうなんですが、学生諸君には試験対策もさせてやらないといけないし、「ハムレット」の心境です。どんな風に締めくくるか未だ定まらず、というところです。

 さて、今日は午後に健志台で2コマ、夜はクラブネッツの「ネッツバー」で新宿へ、二次会は「忘年会」(!?)、今日を皮切りに連日続きそうで財布も肝臓ももつかといささか心配な面も。

 今日のネッツバーは以下の通りです。

今回のお肴  NPOニッポンランナーズ クラブマネジャー 亀野陽太郎さん 味付けは・・・・先月訪問されていたドイツ風か?(^^) 開店時間  12月14日 19時~ 終電まで(佐倉まで帰る亀野さんの!) 場  所  新宿第一生命ビル17階 1701会議室       大江戸線都庁前駅徒歩3分 チャージ料 200円 ワンドリンク付き 当然、この時期ですから忘年会です!(そうじゃなくても終了後にやっていますが)...
By Morikawa on 2009/12/13 9:53

 いささか旧聞に属しますが、たまたま先程車でTBSを聴いていたら表記の番組が流れていました。森田裕美さんという中国新聞記者をRCC(中国放送)ラジオのディレクターが密着取材していきながら「原爆報道」「原爆問題」を伝えるという、「63年目の新聞記者~35歳の女性記者を取材して~」 でした。ラジオが活字メディアを追うというのが珍しく最後まで聴いてしまいました。

 あわてて番組表を見たら放送は昨年の8月16日だったようでこれまたTBSが特別に今日の19~20時まで特別に放送したようです。ネット検索したところ今年の10月27日に開催された第5回日本放送文化大賞ラジオ部門のグランプリを受賞した番組であったことがわかりました。

 こういう良い番組をTBSで流すというところがラジオの凄さだと思った次第です。テレビではこうはいかないでしょうね。たまたま長男と孫のところに伊豆の土産などを届けて帰るところで車に乗っていたから偶然に聴けたものでなんだか儲けた気分で疲れも吹っ飛びました。

By Morikawa on 2009/12/12 1:04

 第49回体育研究発表実演会北陸大会(新潟・長岡)は和太鼓で幕開け

 

By Morikawa on 2009/12/11 8:27

 今朝方から腰から背中にかけて痛い、やはり昨日のほうれん草の種蒔きがたたったようです。中腰になって、途中からは片膝ついて種を3粒4粒畑の上にかけてある黒いビニールの穴から見える土中に落とし上から土をかけていく作業なんです。途中何度か立ち上がって腰を伸ばすことをやったのですが、普段とはまったく違う動作なので痛くなるのも無理ないでしょう。

 ところで「補助金縮減」に泣くJOC・日体協ですが、昨日書いたように後は文科省に「訴え」るしか無いようですね。唯一のパイプが前政権時代から超党派のスポーツ振興議員連盟で活動していた鈴木寛文科副大臣のようです。しかし松浪健四郎元副大臣や馳浩元副大臣のようにすべてスポーツ界「御用達」のようにはいかないところが「痛い」ところだし、他のパイプもないのは余計に痛い(!?)かな。

 今日は午後授業が終わり次第、長岡に向かいます。体育研究実演発表会の「地方実演」が始まるからです。明日明後日も福井、金沢とあるのですが、明日は神奈川県の研修会があり明後日も野暮用で静岡まででかけなければなりません。

By Morikawa on 2009/12/10 8:03
 昨日の文科省の政策会議でJOCの福田富昭副会長と日体協は岡崎助一専務理事たちが政府の事業仕分けで「縮減」された補助金復活をめざして予算確保の訴えをしたそうですが、全国紙(今のところ毎日と日経)には出ていません((読売には小さく出ていました)。しかもその時間は30分足らずだったようですからたぶん意を尽くせずにもやもやした気分で戻ってきたのだろう推察しています。(時事通信配信、12.9、スポーツナビ

 少し補足しますと、

 「言いたいことの10分の1も言えなかった。もっと議論を深めないと根本的な解決にならない」(福田副会長)、「国体に関する意見に十分答える時間を与えてほしい」(岡崎専務理事)として、改めて説明の場を設けるよう求めた。

 会議でJOC、日体協はそれぞれが担う役割、課題、将来像などについて元五輪選手の経験談を交えて説明。一方、出席議員からは「もっとスポーツ界全体に透明性を」「国体は形骸(けいがい)化している。根本的見直しが必要では」などの意見が出た。

...
By Morikawa on 2009/12/09 11:54
 昨日は昼間に「博士論文審査」の第1回があり、以前に私が教えたことがある留学生で今は非常勤講師をしているT君のものだけにていねいに読みました。まだ途中までですが、新しい元資料を掘り起こして意欲的な内容です。しかしやはり日本語表現や論拠づけ、構成に難点があり、いくつか注文をつけておきました。そこで北大のNさんに教えられ図書館で見つけたのが、マーク・ピーティー『20世紀の日本4 植民地ーー帝国50年の興亡ーー』(浅野豊美訳、読売新聞社、1996年)でした。

 台湾、樺太、朝鮮・関東州、南洋と、かつての日本による植民地支配の変遷、特徴が概観できる「一般読者向け」のすぐれたものです。こういうものをもっと前から読んでいなかったという不明に恥じ入るばかりです。しかも外国人による執筆というところが彼我の差を感じますね。

 昨日はM大「共通講座」で谷口源太郎さんが講義ということで最後までおつきあいしました。絶好(口?)調というか、源太郎節を久々に拝聴した次第です。帰りは「アミ」でTさんと3人で乾杯、そこで紹介されたのが表題の『スポーツ立国の虚像ーースポーツを殺すものPART②』(花伝社、12月20日発売)です。

...
By Morikawa on 2009/12/08 0:03
 今日が「太平洋戦争」の口火となった真珠湾攻撃から68年目の日だということは今の若い人にはほとんど気がつかれないことでしょう。新聞などでどのような報道をされるのか、今日一日注意しておこうと思います。

 たまたま昨日会った「去るお方」も「再び教え子を戦場に送り出すな」という言葉を発しておられたのでやはり年配の方は忘れられない「戦争の記憶」がまだあるのだと思いました。

   それにしても世の中にはしばしば普通の「ものさし」では測れない人が居るものだと痛感しました。「去るお方」の方ではなくその方を紹介してくれた方のことです。破天荒という言葉を思い出したものです。

...
By Morikawa on 2009/12/07 12:17
 今朝は昨日と打って変わって天気予報とはちがいなんとなくどんよりと曇っていました。お昼からは陽が射してきました。今日の午後の授業は健志台キャンパス、「子どもの国」近くにあり、里山の雰囲気をのこしているだけに紅葉も終わりに近いのですが、結構映えています。

 実質的には「スポーツ社会学」の講義も今日でほぼお終いとなり、来週は「まとめ」を兼ねて「試験予想問題」を配布(落とされたら次年度に取りこぼすことになり、他人に迷惑をかけそうなのでなんとか全員合格してほしいわけです)、再来週は試験、年明けに「追試」「補講」ということですから。

 多くの「定年退職」を迎える人たちは「最終講義」をされるそうですが、私はまったくそういう儀式的なことは性に合わないというか、恥ずかしくてできない。理由は、「生涯現役」を貫きたいという思いがあり、ここで「最終」というと研究・教育を「お終い」にするという感じがするからです。

 というわけで、健康である限りはずっとこのまま「現役」を続行します。

 唯一、気がかりは健康よりも何よりも研究・教育生活を続けるための経済的保障をどうするかということです。これまで好きなだけ本を買ったり、学会活動もまったく家計を省みずにすき放題にやってきたわけで今更こういうペースを変えるというのは自分にはできるのかなという懸念、不安があります。

...
By Morikawa on 2009/12/06 21:20

 朝の「浜町公園」ですが、ここに中央区スポーツセンターがあります。

ここの4階会議室で日本アーチェリー協会のスポーツ指導員研修会に出かけました。

By Morikawa on 2009/12/05 21:44

 今日の午後から大塚の筑波大学で表記シンポが開催されました。

 開会挨拶は東京教育大学体育社会学研究室1期生の粂野先生でした。竹之下先生の教え子の「第一号」ということになりますか。今年85歳とか。三好喬先生も体の調子が良くないといいながら千葉から駆けつけてくださいまいsた。同じ一期生の影山先生は「竹之下スポーツ社会学の現代的意義と可能性」の指定討論者でしたが、ますますラジカルに批判されました。

By Morikawa on 2009/12/04 23:27
 今朝はいつも早く出なければならない金曜日ということで新聞各紙のチェックが遅れました。

 毎日新聞スポーツ欄では今日から「縮減の波紋」(上)で連載企画のようです。JOCに対する「事業仕分け」の結果、27億円1400万円はドイツ274億円、米国165億円、英国120億円、中国120億円に比べてあまりにも低いというJOCの「主張」を紹介していますが、同じ毎日の運動部滝口隆司記者は「予算縮減と成果主義」(Sports Advantage,Vol.469,12/4)では「JOCをはじめ日本スポーツ界が方向づけてきたのは、紛れもなく『成果主義』」であったと書き、JOCの補助金が競技団体ランクによって強化費予算を振り分けている「事実」を指摘しています。同様に体協も国体開催種目を競争原理の考えで決めており、銃剣道、なぎなた、トライアスロン、軟式野球は隔年実施競技だという。

...
By Morikawa on 2009/12/03 9:00

 平山郁夫「広島生変図」(ひろしましょうへんず)は生まれ変われ広島」(小学校中・高学年の「実践」)、広島県瀬戸田町に生まれ育ち、修道中学(現修道高校)在学中に被爆した平山郁夫さんの「原点」です。平和への祈りでもあります。


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004