市民スポーツ&文化研究所
 
最近の日記
1月29日(火) 「体罰は消えず」
1月28日(月) やはり本物とうか、「実物」ですかね!
1月26日(土) とりあえず「体罰」問題の原稿出しました
1月23日(水) ようやく人心地がしています
1月18日(金) 「スポーツと体罰」
1月17日(木) 昨日は忙しい日でした。
1月15日(火) 「ラオス織物展示即売と講演会」無事終了(...
1月14日(月)「成人の日」 「責め立てる精神主義」
1月12日(土) ようやくPC直りました。
1月11日(金) いったん帰京しました
1月 7日(月) 歳をとるとたまにはいいことがーーーーーー
1月 5日(土) 不思議なことがーーーーーーー?
1月 4日(金) 箱根駅伝、久しぶりに感動しました。
2013年 1月 1日(火) 新年明けましておめでとうござ...
12月29日(土) 忘年会と餅つきで年の瀬の余韻を楽しむ時...
12月24日 世間はクリスマスイブなんですね
12月20日(木) あれこれ言う前に
12月17日(月) 師走の寒さが身に沁みてきます
12月15日(土) ついにノートパソコン、ダウン!
12月10日(月) 寒風吹く中に「日本の明日をいかに見いだ...
12月 9日(日) もう御餅つき!
12月 8日(土)
12月 3日(月) 私も「日本未来の党」に関心があります
12月 1日(土) 今年も後1っか月でお終い!「師走」ですね。
11月29日(木) まったくカレンダーの日にちも狂ってばかり
11月26日(月) 天気はすぐれず
11月25日(日) 無事、母の3回忌を終え、少し「仕事」を...
11月23日(金) 「勤労感謝の日」
11月21日(水) 2年目「点検」(!?)
11月18日(日)先生から居残り宿題を出された小学生の気分です
12345678910...
 
森川です!
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽 にお読みくだされば幸いです。
Author: Created: 2008/08/19 21:18 RssIcon
私の日記というよりも日々思うことを自由に書いておく「メモ」だと思って気楽にお読みくだされば幸いです。
By Morikawa on 2011/01/01 8:24

 今日の瀬戸の海は荒れていました。

 いつもの海の表情とはまったくちがいますね。こういうときもあるのです。

 それにしても突然の大雪のためにまだ車や列車の中に閉じこめられている人が大勢いるようです。とんだお正月ですね。

By Morikawa on 2010/12/31 9:38
 今年も今日でお終い、年の瀬に雑然とした些事に加えてテレビでの都はるみ・美空ひばりの「特集」番組、来客との応対などでついつい更新する時間を失いがちになります。

 一つだけ来年につながる「話」ですので「新聞案内人」の吉井妙子さんの「スポーツの未来左右する“推進法案”」(12月29日付)にふれておきます。

 ここで吉井さんがいう「推進法案」というのは「スポーツ基本法」のことですが、彼女の全体の基調には「国策としてのアスリート支援」にあるのは否定できないと思います。もちろん彼女なりに「底辺から」のスポーツ支援について目配りをしてはいますが、大事な点が抜けているように私には思えます。それは「公共財としてのスポーツ」の価値、言い換えると「スポーツの文化的・社会的価値」ともいうべきものについての理解が薄いということです。

 たぶん彼女にしてみればそんなことは「当たり前」と反論するかもしれませんが、例えば先の「論評」でも「今国会は政府与党の民主党が主導する策定案だ。何より、自民党の案はトップ選手の強化に力点を置かれていたが、民主党主導のそれは、5つの重点戦略のトッ...
By Morikawa on 2010/12/29 17:57
 今年も残すところ今日を入れて3日、各紙スポーツ面で「10大ニュース」を掲載するはずですが、その前に元毎日新聞運動部記者だった大野晃さんの{FSJ通信」には以下の記事がアップされていました。参考までにリンクを貼っておきます。

「2010年 日本のスポーツ界10大ニュース」

これによると国内

1位 不祥事に大揺れの大相撲

2位 サッカーW杯で2大会ぶりベスト16

3位 バンクーバー冬季五輪で金メダル0

4位 広州アジア大会で中国、韓国に水を開けられる

5位 基盤整備は放棄し、競技団体への介入目指す文科省「スポーツ立国戦略」

6位 パ・リーグ3位が日本一

7位 イチローが新記録続出も入札制度に影

8位 韓国勢がアベック日本賞金王

9位 「教育を受ける権利」の改訂学生野球憲章スタート

10位 Jリーグは名古屋が初優勝も、経営難クラブが増える

By Morikawa on 2010/12/28 21:07

 信州・志賀高原から雪景色の贈り物です。

 昨日、今日と風も強く、瀬戸内海も波高しです。雪混じりの雨も。

By Morikawa on 2010/12/27 13:13

 25日に東京を発って帰省したのですが、ここ2日ばかりは急激な日常の変化に気持ちが落着かず、更新が遅れれました。

 先ずは母が10年もの長きにわたって世話になった高齢者福祉施設・慶雲寮にお礼に行ったり、弟のところに預かってもらっている母の位牌にあらためて手をあわせて退院の報告をしたりと、あっちに行ったりこっちに来たりと動きまわっていました。

 今年は最後の最後までさんざんな年になりました。1月に姉の連れ合いが亡くなり、2月には高校時代からの親友Mの急死、そして3月の退職直前に私の前立腺ガンの「発覚」とその治療開始、やっと11月末に本格治療のために入院したと思った矢先に母の死でした。

 途中の治療中断ができない重粒子線治療のために結局は長男・喪主である私は葬儀には出席もできず、親不孝の極みでした。

 と、今年は私の人生の中でも忘れることのできない年になりそうです。

 というわけでもう少し落着いたら更新をしたいと思います。「今年のスポーツ十大ニュース」なども気になるところですが、しばらくお待ちください。 

 ところで実家は長い間人が住んでいなかったためにとてもかなりあちこちが傷んでおり、寝起きできる状況ではないこと、さらに姉弟の判断で借地している土地を県に返す(引き揚げて来た時に県から父が借りたらしい)算段をしているようなので離れている私や下の弟にとっては思い出もいっぱいあるけれど同意するほかないことも致し方ない状況です。

 「実家」がなくなることも淋しいかぎりですが、多くの人が「故郷を捨てて都会でl暮らしている」わけですから、今の世の中ではこれもやむを得ないでしょう。このようにしてますます地方はさびれていくのでしょう。

 日本社会のありようを変えていくにはどうすればいいか、もう少しじっくりと考えてみたいものです。UターンとかIターンとか、「田舎暮らしのすすめ」など、ライフスタイルを変えていく動きもありますが、大きな流れを変えるところまではまだまだいかないようですね。 Read More »

By Morikawa on 2010/12/24 10:51

 「森の幼稚園フォーラム2010冬」での汐見稔幸先生の講演はゆっくりとした口調でお話の中身もさることながら講演のリズムも癒し系でした。

 開会に先立って演奏された「ライアー」という楽器もこれまた癒し系の音楽でした。

 

 

 初めておめにかかる「竪琴」(ドイツ製)ですが、シュタイナー教育ではよく使われる楽器だそうです(「千と千尋の神隠し」のエンディング・テーマ「いつも何度でも」で、その音色は広く知られるようになったとあります)。

 演奏はみやたよしたけさんです。HPがあるようです。youtubeにも<

By Morikawa on 2010/12/22 9:08

 今朝の榛名山を望んで下の煙突のようなmのの先が重粒子線医学センターです。一ヶ月あまりお世話になりました。無事退院します。

By Morikawa on 2010/12/21 7:42
 今朝の朝日新聞に「サッカー日本代表戦『勝利給100万円に上げて』選手会」の記事が出ていました。また毎日新聞にも「『日本代表、待遇改善を』 プロ選手会、協会ときょう交渉」 という記事が出ていました。昨20日にも記事が出ていたようです。

 毎日の記事の「結論」部分をコピーしておきます。

「国際サッカー連盟(FIFA)公認の選手代理人でもある、選手会の清岡哲朗執行役員によると、日本代表選手には現在、日当1万円と「勝利給」(引き 分けなら半額)が支払われている。勝利給は対戦相手のFIFAランキングに応じ、10月のアルゼンチン戦では20万円、引き分けだった韓国戦では5万円が 支給された。

 選手会側は勝利給を「J1や欧州の主要クラブが支払っている相場以上」として100万円程度、さらに肖像権料の選手への還元についても要求している。公式戦はボイコット対象外。

...
By Morikawa on 2010/12/20 10:39

 最後まで花のある暮らしを!したいですね。

 

By Morikawa on 2010/12/19 10:08

 昨日の日本スポーツ法学会大会の「特別報告」で鈴木寛文科副大臣は「スポーツ基本法」制定について次の通常国会で制定される見通しを語りました。

 その場合にすでに自公がすでに提案している「案」と民主党あるいは政府提案をぶつけるのか、の二つの選択があるが、「ねじれ国会」を考慮して超党派による自公案の「修正」の可能性が高いことを示唆しました。以下は本文に。

By Morikawa on 2010/12/18 7:06

 今朝の日刊スポーツを見てびっくりりです。表記の大見出しが1面トップを飾っています。選手会が弁護士を立てて目下協会と交渉中だそうです。このご時世にいくらなんでも日当1万円、出場給0はないんじゃないですか。アマチュア時代ならいざ知らず、協会の感覚を疑いたくなりますが、まこれからしっかりと話し合い・交渉をしてくださいというしかないですね。

 あらためて日本のスポーツ選手の「人権・生活権の擁護・獲得」の問題が気になります。選手の肖像権問題も一方的に球団側に有利にしたプロ野球といい、経営サイドの横暴ぶりが気になります。この際、全プロスポーツ選手の連帯が必要かと思います。きっとファンも支持するはずです。いい環境でこそすぐれたプレイが生まれるものです。

 今日はこれから外出許可をもらって日本スポーツ法学会の学会大会に出席しますので夜に更新できればと思います。

By Morikawa on 2010/12/16 13:51

 S.KさんがそっとスタッフルームにことづけてくれたCD2枚(いずれも「落語」です。声もかけずに置いて行かれてしまいました。(ありがとう!)

By Morikawa on 2010/12/15 8:18

 久々に快晴に恵まれて病院の廊下奥から浅間山が少し見えました。

By Morikawa on 2010/12/14 9:10
 ネットでの情報収集段階ですが、「ヒロシマ五輪」招致に関する「ニュース」が3本ありました。

 一つは「考ヒロシマ五輪:/上 開催理念 葉佐井博巳氏/多田多延子氏 /広島」(毎日)、これは連載のようですのでコメントは全部が終わってからに、また「20年夏季五輪:ヒロシマ五輪 政治目的でない--公開質問状に市長 /広島」(毎日)、は広島自治体問題研究所と日本ジャーナリスト会議広島支部の「公開質問状」に対する秋葉忠利広島市長の「回答」です。

 「核廃絶のためのオリンピックは政治目的にはならないか」や、1000億円近くを寄付に頼る財政計画について回答を求めた。政治目的に当たるかどうかについては「核廃絶は、『政治』問題を超えた人類共通の大目的。政治目的にはあたらない」と回答があった。

...
By Morikawa on 2010/12/13 19:48

 「今日の花」はなんと「ヤツデ,やつで(八手)」です。「花言葉」は「分別」「親しみ」「健康」だそうです。

 今まで気にもしていなかったのですが、花が咲いていたっけ?

 何か得した感じです。

By Morikawa on 2010/12/12 12:30

 「今日の花」」は、ホウレンソウ,ほうれんそう(菠薐草)、「花言葉」は「活力」「健康」だそうです。

 昔と言っても広島の実家で家庭菜園にほうれん草を植えたことがあったと思いますが、どんな花だったか忘れていました。

 それこそポパイのほうれん草は元気もりもりの象徴でした。今の人たちにはちょっとなんのことやらわからないでしょうね。

 戦後、アメリカから入ってきた漫画の元祖みたいなものですか。オリーブとい女役がギャングや悪役に襲われるとポパイがほうれん草を食べて元気もりもり、相手をやっつけるという単純明快なストーリーの繰り返しでした。

 

By Morikawa on 2010/12/11 9:03

「今日の花」はコーレア、花言葉は「信頼」「互いをよく知る」だそうです。初めての花ですね。

By Morikawa on 2010/12/10 12:35

 今日はまったくの快晴、病室からは見えないのですが、廊下の向こうからビル越しに白く雪をかぶった浅間山が見えます。

 今夕、群馬音楽センターでチェロ(ミッシャー・マイスキー)のコンサート、演題はドヴォルザークのチェロ協奏曲です。前々から一度は生の演奏をと思っていた矢先に、偶然ですが1階のコンビニでもらったチラシに出ていたのです。

 果たして「演奏」はいかに。(一部、都合により削除しました)

 

 

By Morikawa on 2010/12/09 8:43

 遠くに谷川岳、白いのが増えている感じです。

By Morikawa on 2010/12/08 7:16

 今日の赤城山は頂付近にうっすらと白いものが見えます。昨夜の冷えのせいでしょうか。

By Morikawa on 2010/12/07 9:22
 昨日予告したとおり、二つの異なる「論評」を引用・紹介します。

 サッカーW杯日本招致「失敗」についてお一人は「違和感の正体とは?」(佐藤次郎)と書き、もう一人は「W杯招致運動の完敗」(松原明)と書いていますが、内容はまったく正反対の意見ではないかと思います。どちらも東京中日新聞の記者(かつて)であるところがおもしろいですね。

 先ずは佐藤次郎さん

 今回決まった二つのW杯開催地も、ともに国家を挙げての招致であり、国の威信をかけて臨んだという観が強い。巨費によって多くの施設やインフラの 整備が行われ、大規模で豪華な大会が開かれるに違いない。そこにFIFAも新たなマーケティングの可能性をみているのだろう。が、そうした方向が大会本来 の姿をさまざまな形でゆがめていくのは、近年のオリンピックを見ればわかることだ。それに、どこの国にしろ、現在の経済状況のもとで、人々の生活向上や福 祉の充実をよそに巨費を投ずるのが理にかなっているかどうかは、考えないでもわかる。

 スポーツとは関係のないところで巨大化、豪華路線を突き進む大会。ビジネスの面ばかりを重視して開催地を選ぶ主催者。そこに誰も疑問を感じなくなりつつある時代。それが、W杯や五輪にいつもつきまとう違和感の正体である。

...
By Morikawa on 2010/12/06 9:25

 昨日の午後のウオーキングから部屋に戻ってしばらく何かいつもと様子がちがいました。

 そうなんですなんと洗面台のところに花が活けてあったのです。しばらくはどうして?と思ったのですが、思い当たるところがあり、確認するとやはりそうでした。前橋在住の教え子であるHちゃんがとどけてくれたのでした。ありがとう!

By Morikawa on 2010/12/05 18:52

 初めてウオーキングを兼ねて広瀬川沿いにある前橋文学館を訪ねました。「萩原朔太郎記念 水と緑と詩のまち」と銘打っているように朔太郎と前橋ゆかりの文学者たち(室生犀星、北原白秋、草野心平ら)に関する資料が展示してありました。

By Morikawa on 2010/12/03 23:51

 先輩のメールから連鎖して新しい「リンク」先が増えました。仲島正教さんの「優しい風(Loving Wind)」です。

  私の恩師に教えてもらいました。

「優しい」という漢字は「にんべん」に「憂い」と書くけれど、

本当は、「憂い」の横に「にんべん)」なんだよ。

憂いのある人の横に、にんべんつまり人が寄り添うことを

「優しい」というんだよ。


私の教え子に教えてもらいました。

「憂い」という漢字は、百と愛に見えるよ。

憂いのある人には,百の愛が必要なんだよ。

だから「優しい」っていう字は、

人には百の愛があるって書くんだね。

By Morikawa on 2010/12/03 9:13

 移ったばかりの病室から見た今朝の赤城山です。山頂付近に明るさがあったので雨も上がるかと思ったのですが、今はまだ降っています。今日の治療で今週はお終い、7回目になりますね。

By Morikawa on 2010/12/01 17:30
 今日から12月、いよいろ今年も後一ヶ月ですが、こちとらは入院生活、せいぜい病院の周囲をウオーキングすることぐらいでお茶を濁すのが精一杯の生活です。

 慰みに今評判の中村メイコさんの『人生の終いじたく』(青春出版社)を読み始めました。思わず途中で声を出して笑いたくなる箇所が何度も、周りに悟られないようにするのでたいへんです。文章の軽妙さと本音トークに嫌みが無く、こんなに明るく、まさにお洒落な「遺言状」が書ければいいとつくずく思います。「浮気のすすめ」(!?)まであります。色気のない男も女もつまらないと、そこまではいいのですがーーーーー。

 神津善行サンもきっと苦笑でしょうか、それとも破顔一笑にふすのでしょうか。でも楽しい人生を送り合ったと言ってもいいのでしょうね。世の中にはこういう夫婦も居るんだと妙に感心しました。

 さてこちとらはこれからが問題です。早く病気を治して元気にならなければ色気も何もあったもんじゃありませんから。

 今朝の各紙スポーツ欄を読み比べましたが、妙に朝日のスポーツ面が今日は1頁だけ、読売は2面、その中で「2018、22年W杯(サッカー) 開催地 3日に決定」と大きく取り上げているのは変ですね。オフィシャルスポンサーの朝日が実にあっさりした「最終プレゼン」予告、毎日もそこそこですから気になります。

By Morikawa on 2010/11/30 19:15

 私の居る病室は4人部屋ですが、窓際のいいところにベッドと机、冷蔵庫、物入れが備え付けになっています。

 日中は照明なしで机に向かうことができる上にちょっと窓の外を覗けばご覧のとおりの風景です。快適に病院生活を送っていますのでご安心ください。

By Morikawa on 2010/11/29 8:34

 今朝は晴れ渡った窓外に谷川岳の冠雪が見えました。手前右が子持山、左が佐武郎山(?)、その間の奥に白く雪が見えるのが谷川岳です。

By Morikawa on 2010/11/28 9:00

 

 大阪時代の教え子(と言っても還暦を過ぎています)が送ってくれた昭和公園の銀杏


 
 

市民スポーツ&文化研究所    
〒183-0012 東京都府中市押立町5-15-5   Tel/Fax:0424-82-9004
Institute for Sport,Culture and Civil society(ISCC)   
5-15-5, Oshitate-cho, Fuchu-city, Tokyo, JAPAN   Tel/Fax:+81-(0)42-482-9004